落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
ラフマニノフ パガニーニの主題による狂詩曲 Op. 43
先日このエントリーでもちょっとお話したように、今、KiKi は次にさらうショパンのエチュードの選曲をしなくちゃいけないんだけど、なかなか決めかねて迷っていたりします。  いえね、ほとんど気分は Op. 25-11 の「木枯らし」になりかけているんだけど、まあもう暫くは「どれにしよう・・・」と悩んでみようかな・・・・と。  で、悩みついでに「この曲を初めて聴いたのはいつだっけ??」なんていうことを思い出したりしていました。  つらつらと考えてみるに KiKi が「木枯らし」を初めて聴いたのはこのCD ↓(もっとも当時はLP)だったはずなんですよね~。

Cliburn_Chopin.jpg


でね、本来ならばこれを聴いてみたいところなんだけど、生憎このCDは持っていないし、ついでにLPは田舎の実家に置きっぱなしで今、手元にありません。  (まあ、仮にあったとしても再生機がないから聴けないんだけど・・・ ^^;)  それじゃあ・・・・ということで今日ピックアップしてみたのが、演奏者つながりでクライバーンの1枚です。  てなわけで今日の KiKi の BGM はこちらです。

ラフマニノフ パガニーニの主題による狂詩曲
RCA 09026-62695-2 演奏:クライバーン(p)、コンドラシン指揮 & モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団 録音:1972年

Cliburn_Moscow.jpg



クライバーンは KiKi にとって最初のピアニスト・アイドルでした。  1958年、旧ソ連が共産党の威信を賭けて、首都モスクワで開催したチャイコフスキー・コンクール。  その第1回にアメリカ人として参加し、米ソの対立軸の中でソ連勢を圧倒して優勝し、帰国後はアメリカ全国民の大歓迎を受け、ニューヨークではオープンカーに乗っての凱旋パレードが行われ、ホワイトハウスでは祝賀パーティーが催され、当時のアイゼンハウアー大統領が自ら空港まで出迎えたとまで言われている大スター ^^;  そりゃあ今だってオリンピックやら国際コンクールやら世界大会で優勝すれば、マスコミにもてはやされてワイワイ・ガヤガヤ姦しいけれど、凱旋パレードなんていうのはさすがにねぇ・・・・ ^^;  まあ、それもこれも「そういう時代」だったんですよね~。

で、KiKi が最初に彼のことを知ったのは ↑ のショパンのレコードだったんだけど、実はこれ、ピアノの先生からようやくピアノ曲のレコードを聴くお許しが出て(このあたりの事情は 「KiKi と音楽」カテゴリーの中で少しずつお話しています。)最初に購入してもらったレコードなんですよね~。  でね、それまで女流ピアニストの生演奏かこのエントリーでお話したジェローム・ローウェンタールの「ピアノ発表会用楽曲・オムニバス」みたいなレコードしか聴いたことがなかった KiKi にすんごい衝撃を与えました。  彼の力強く、それでいてロマン溢れる演奏に一発でやられちゃったんです ^^;  (因みに今でも KiKi のショパン「英雄ポロネーズ」のスタンダードは彼の ↑ の演奏だったりします。)

でもそんな彼もある時ぷつっと演奏活動をストップしちゃって、とっても寂しい思いをしました。  そんな中でふと見つけたのがこのCD(ラフマニノフ & ブラームス)でした。  もう迷わず購入しちゃいました♪  久しぶりに聴くクライバーンの音に思わず涙しちゃったりもして・・・・ ^^;  ・・・・って、これじゃあ今日のエントリーは曲の紹介じゃなくてクラバーンにまつわる思い出話になっちゃうなぁ(笑)

さて、この曲。  KiKi はラフマニノフの音楽の中で1番好きな曲かもしれません。  どんな曲かご存知ない方で、キムタク & 山口智子の「ロング・ヴァケーション」を観た事がある人は、あのドラマの中で松たか子ちゃんが最後のコンクールで弾いた曲を思い出してください♪ (あのドラマ、好きでした。  キムタクには興味ないんだけど・・・ ^^;)  この曲、「狂詩曲」というタイトルがついているけれど、実は変奏曲なんですよね~。  主題として用いられているのは言わずと知れたパガニーニのカプリースの第24番。  それを元にラフマニノフは序奏と24の変奏曲、そしてコーダを書きました。

でもそれだけに終わらず、彼は第7、第10変奏とコーダにリストが「死の舞踏」に使った古い聖歌「怒りの日」の旋律をまるで副主題のように取り入れたりもしています。  きっと多くの作曲家がこの主題をテーマに変奏曲を作曲しているので、何か目新しいことを取り入れたかったんでしょうね♪  ピアノ・パートもとっても技巧的なんだけど、それを支えるオーケストラの色彩感覚も素晴らしい音楽で聴き終わると思わず「ほぉ~ 」とため息が出ちゃいます。  

この名曲をこのコンビで聴ける。  それだけでものすご~く幸せな気分に満たされる KiKi なのです。

スポンサーサイト
TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/86-175fc694
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。