落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
ヴィラ=ロボス ブラジル風バッハ第2番
昨日外出したついでに新宿のタワーレコードにふら~っと立ち寄りました。  で、本当は「見るだけ」のつもりだったのが、このブログを通じて交流させていただいている何人かの方々のエントリーで知ることになった興味深いCDたちがひそやか~に甘~い囁きで「私を買って 」と KiKi を誘惑してきました。  物欲はそんなに強い方じゃない KiKi なんだけど、どうもCDショップとブックストアでは日頃息を潜めている物欲が一気に目覚める体質のようで、そこから先は半ば夢遊病状態に陥り、6枚ぐらいのCDを抱えてレジに並ぶことになってしまったのでした(笑)。

で、そんな中の1曲を聴いてもよかったんだけど(いや、実際には聴いたんだけど)、今日はそのタワレコで陳列されているをの見て、KiKi がその存在をようやく思い出したCDを取り上げてみたいと思います。  てなわけで今日の1曲はこちらです。

ヴィラ=ロボス ブラジル風バッハ第2番
TOCE-59148 演奏:カポロンゴ指揮 & パリ管弦楽団 録音:1973年

ViliaLobos_Bachianas20Brasileiras.jpg


このCDは KiKi がまだバリバリと働いていた頃、よく南の島にヴァケーションに行っていたんだけど、たまたまお仕事がメチャクチャ忙しくてなかなか休暇がとれない状態が続いたとき、かなり「ふらすとれ~しょん!!」っていう感じになって思わずジャケ買いをしちゃった1枚です ^^;  ね、見るからに南国っていう感じでしょ♪


実はこのCDを購入するまで、KiKi のヴィラ=ロボスという人の印象はギター曲の作曲家というもの。  だから当然この曲についての知識はゼロだったわけです。  でもね、何はともあれこの極彩色のジャケットに強烈に魅せられて、次に興味を持ったのが曲のタイトルなんですよ。  だってブラジル風のバッハなんですよ!  「それってどんなだよ??」っていう感じがしませんか??  だいたいブラジルには行ったことがない KiKi にブラジル風がわかるかどうかもよくわからないし・・・・ ^^;

でもまあ、そんなことはある意味ではどうでも良かったんです(笑)。  とにかくその時点で KiKi の心はこのジャケットの柄の水着 もしくは ビスチェを身に纏い、あっつい中を散歩したり、トロピカルドリンクを飲んでいる自分のイメージ(というより妄想)が渦巻いちゃって、とにかくこのCDが欲しくなっちゃったんです。 (← 論理は破綻しているけれど、まあそういうことなんです。 ^^;)  で、最初に聴いたときの印象、それは

「なんじゃ?  コレ?」

というもの。  いや、何だかすご~く不思議なものを聴いた感覚が残ったんですよね~。  少なくとも KiKi は水着なんかは着ていないし、トロピカルドリンクなんかも手にしていませんね~、この雰囲気は(笑)。  そのイメージ(妄想)を生かすとすれば、ビスチェ・・・というよりは布切れを巻いて2つ割りのココナッツからダイレクトにココナッツミルクをがぶ飲みしている感じ??  いや、ちょっと違うなぁ。  せめてストローぐらいは使っているような、でも時々面倒くさくなってがぶ飲みもするような、そんな感じかな??  で、KiKi の耳に馴染んだ独墺仏露系の音楽とは確かに何かが違うんだけど、「バッハ」を名乗るだけのことはあってやっぱりクラシック調・・・・と言うか、すご~く奥の深い民俗音楽(民謡)・・・・と言うか、すご~く出来の良い映画音楽・・・・と言うか。  

この CD に収録されているのは第2番、第5番、第6番、第9番で、どうやら1番有名なのは第5番らしい(でも当時の KiKi は知らなかった)んだけど、KiKi が好きなのは第2番と第9番です。  で、今日は第2番。  その第2番の編成は以下のようになっています。

第1楽章 前奏曲(カパドシオの歌)
第2楽章 アリア(われらが大地の歌)
第3楽章 踊り(奥地の思い出)
第4楽章 トッカータ(カイピラの小さな汽車)


ライナーノーツによると第1楽章の「カパドシオ」っていうのはリオで使われていた俗語で「下町の無頼の伊達者」のことなんですって。  どおりでどことなく映画音楽チックなんだ(笑)。  でもあんまり「無頼」っていう感じはしないけれど・・・・ ^^;。  第2楽章はチェロがとっても印象的。  でもね、何となく密教的な不思議な雰囲気がそこはかとな~く漂ってくる音楽なんです。  いや~、何ともいえない土臭さだなぁ・・・・。  でもそれがちょっとフランス風におめかししているから、またちょっと不思議な感じがするんですよね~。  野性味溢れるコロンみたい ^^;。  第3楽章はすご~く生命力に溢れた音楽で、聴いていて胸がす~っとしてきます。  一昔前のハリソン・フォードあたりが活躍するハリウッド映画っぽい感じの音楽でもありますね~。  でね、1番面白いのは第4楽章なんですよ。  いかにも大自然の中を驀進する汽車っていう感じなんだけど、これってどう聴いても「小さくはない」汽車のような・・・・^^;

ジャケットに負けず劣らず、極彩色の楽器の音色が素敵な音楽だと思います。


追記:
このエントリーは2006年5月27日、garjyu さんのブログの関連記事、及びうるるさんのブログの関連記事に TB させていただきました。


スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/75-8076a5a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。