落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
シューマン 交響曲第2番 Op. 61
昔は「五月晴れ」なんていう言葉があったはずなんだけど、今年は GW を除くとほとんど雨降り・・・・のような気がするのは気のせいでしょうか??  やっぱり異常気象なんでしょうね~。  環境破壊なんでしょうね~。  何かが狂い始めちゃっているんでしょうね、きっと・・・・。  こういうお天気の中で生活していると、「昔は良かった・・・・」みたいな気分になってきます ^^;。  ま、もっとも KiKi の考える「昔は良かった・・・・」はさほど高尚なものではなく、今現在はぷ~太郎ゆえになかなか新しい CD を買うことができなくて、そのストレスから(?)「ああ、あの CD をガンガン買えた時期が懐かしい・・・・」という部分も多分にあったりするのですが・・・・ ^^;

さて、そんな禁欲生活(?)を送っている KiKi が先日 HMV で衝動買いしてしまった CD があります。  だってあなた、これ10枚組の CD にも関わらず、2000円しなかったんですよ~。  1枚200円以下♪  で、セル&クリーヴランドのあのルガーノライヴやら、チェリ&スイス・イタリア語放送管弦楽団の「未完成」やら「くるみ割り人形」、フルヴェン&BPOの「田園」なんかも入っているんです。  でもさすがに古い録音だし、新録の音に慣らされちゃった今の耳では聴けないかもしれない・・・・と思って、一応店内のデモ機で色々視聴してみたんだけど、想像以上に音も良かったんですよね~、これが!!  で、ぷ~にも関わらずふと気がつくとこの CD を手にレジに並んでいました・・・・というわけ。  で、食費を削ってまでして(?)せっかく購入した CD なのですから、今日から暫くはこれをせっせと聴いていこうかな・・・・と。  (ま、時折、浮気はすると思いますが・・・・・。)

てなわけで、今日の KiKi の BGM はまずは CD1 のジョージ・セルのこの曲です。

シューマン 交響曲第2番 Op. 61
DOCUMENTS 223602 321 演奏:セル指揮 & クリーヴランド管弦楽団 録音:1957年5月

Great20Conductors.jpg

関連 HMV サイトはこちら

セル&クリーヴランド管と言えば、KiKi が管弦楽曲(交響曲を含む)ビギナーの頃には本当にお世話になりました♪  LP 時代には結構な数を持っていたのですが、CD 時代に入ってからはどうしてもステレオ録音のものに手を出す傾向が強かったので、今ではさほど手持ちのものはないんですけどね。  でもね、このルガーノ・ライヴのシューマンの評判は何度も耳にしていたし、若かりし日にセル&クリーヴランド管にはお世話になりっぱなしだったし、ということでこの演奏が入っていたことも今回この CD を購入する気にさせた一因なんですよね~♪


う~ん、素晴らしい!!!  って言うか、これは強烈ですね~。  アナログ録音であることなんてすっかり忘れて夢中になってしまいました。  さすがにセルが得意としていたシューマンの2番だけのことはあります。  この熱気は何なんだ???  ああ、これをもっと早く、若い頃に聴いておくべきでした。  やっぱりクラシック音楽を聴くうえでいらぬ先入観や食わず嫌い、思い込みは排するべきですね~。  これをもっと感受性が鋭い時代に聴いていたら、KiKi のシューマン苦手意識はもっと早く払拭されていたことでしょう。

まあ、それはさておき、この曲についてです。  この曲に関してシューマン自身が手紙の中でこんなことを言っているそうです。

この交響曲を私は半分病気の状態で書きました。  作品を聴けばそのことが解るでしょう。  ようやく最後の楽章で、私は自分を取り戻したような気がし始めました。  実際、作品全体が完成した後、私はまた元気になったのです。


う~ん、そうでしょうか??  まあ作曲した本人がそう言っているのですから、間違いないんでしょうけれど、病的な時代(?)に生きている KiKi の耳にはさほど病的には聴こえてこないんですけど・・・・。  まあ第2楽章にはちょっと強迫観念に捕らわれたチックな響きがなきにしもあらずかもしれないけれど・・・・ ^^;  まあ第3楽章のアダージョに溢れる情趣は陰鬱・・・・と言えないこともなくはないけれど・・・・ ^^;  確かに第4楽章の展開部では賛歌チックな響きが印象的で、これが後半の音楽をグイグイと引っ張っていって、ある意味、健康的ではあるけれど・・・・ ^^;  でも、全曲通して、美しいですよぉ、シューマンさん。  まあ、そんな風に KiKi が言えるのは、こんな時代に生きて生活しているからでもあり、シューマンさんのそのちょっと精神分裂気味な気風、ロマンを受け入れられる年齢&音楽体験によるものかもしれないけれど・・・・。  何て言うかすご~くシューマンらしい音楽だと思いました。  (← あ、それ即ち病的っていうことかしらん・・・ ^^;)  

でもこの演奏を聴いて言えること。  それは「こんな素敵な曲を作ってくれてありがとう、シューマンさん。」  そして、「こんな迫力ある素晴らしい演奏を残してくれてありがとう、セルさん。」 


追記:
このエントリーは2006年5月19日、yurikamome さんの Blog の関連記事に、2006年5月23日には romani さんの Blog の関連記事に TB させていただきました。


スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/67-d5678ff2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。