落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
ベートーヴェン ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」 Op. 24
今朝の KiKi の最初の音楽は yurikamomeの妄想的音楽鑑賞とお天気写真さんのこのエントリーでご紹介のあったこの音楽でした。 (関係者の皆様、勝手な引用で申し訳ありません ^^;)  何とも素朴で、初めて聴くんだけどどこか懐かしい香りの漂うこの音楽、いいですね~。  で、そんな素朴な音楽を聴いたあとで何を聴いたらいいんだろう・・・・と悩むことになっちゃいました ^^;  できれば懐かしくて幸福感に満ちた音楽がいいなぁ・・・・。  てなわけで、今日の KiKi の BGM はこちらです。

ベートーヴェン ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」 Op. 24
DG 447058-2 演奏:クレーメル(vn) & アルゲリッチ(p) 録音:1987年

Beethoven_VSonata_Comp.jpg


いえね、本当はこの曲はできればこの2人の組み合わせじゃないディスクで聴きたかったんだけど、今日はちょっと色々用事があって、家捜しをしている時間がなかったので、手近なところにあったこれを聴いてみることにしました。



KiKi はね、アルゲリッチというピアニストは大好きなんだけど、どうも潜在意識の中に「お転婆じゃじゃ馬娘」っていう刷り込みがあるんですよね~。  これは恐らく彼女が過去に録音している様々なコンチェルトで刷り込まれちゃった印象だと思うんだけど、彼女の演奏を形容しようとすると「丁々発止」とか「まさにケンカをふっかけているような」とか「パワフル」みたいな形容詞がまず出てきちゃう(笑)。  抜群のテクニックでスリルに富んだ演奏を聴かせてくれるので「おおっ!!!」と思わせてもらえるんだけど、「内向的」というよりは「外向的」(何せ南米出身だし)、ショーマン・シップな演奏家、情熱を外にほとばしり出させるソロやコンチェルトを得意とする演奏家だと感じていました。  だから長いことず~っと「彼女には室内楽は似合わない」と思っていて、彼女がクレーメルやマイスキー、ゴールウェイなんかと熱心に室内楽に取り組み始めた頃にはちょっとシニカルなスタンスでそれを遠目に眺めていました。

でもね、そんな KiKi の疑いのまなざしにも関わらず、彼女はどんどん室内楽にのめりこんでいくし、案外評判も悪くないみたいで・・・・^^;。  で、そうなると聴いてみたくなるのが人情っていうものです。  で、恐る恐る手にした彼女の最初の室内楽の CD がこれでした。  相手はクレーメルだし、何のかんの言ってもアルゲリッチだけど、他ならぬベートーヴェンだから、まぁいいかな・・・・と。  間違っても最初の1枚が例えばシューマンやブラームス、フォーレであってはいけないと思っていましたから・・・・(笑)。

でもね、さすがに初めて聴くときにはこのスプリング・ソナタの第1楽章の幸福に満ちたあの音楽とこの2人の組み合わせはちょっとうまくイメージできませんでした。  だって KiKi にしてみるとこの幸福感は海に向って「私は幸せだ~!!!」って叫ぶような幸福感じゃなくて、お散歩をしていて何だか心が軽くて思わずハミングしちゃったり、スキップしちゃったり、通りすがりに出会う花や小鳥や犬に思わず「こんにちは♪」って挨拶しちゃうような、しみじみ、ほのぼのしたちょっとプライベートなそんな幸福感なんですよね。  でもねぇ、クレーメルとアルゲリッチだからなぁ・・・・、そんな感じ。  でも、どうやら KiKi の心配は杞憂だったみたい。  これがベストとは思わないけれど、安心して聴くことができました。  今日、久しぶりに聴いてみたけれど外の曇天を忘れて暖かい春の日差しを感じることができました。

ベートーヴェンの音楽のわりには終始明るい音楽で(第2楽章でほんの少しだけ翳りがさすんだけど)、しかめっつらしたような深刻ぶった、もしくは「オレサマチック」なベートーヴェンの音楽は苦手・・・・というような印象を持っていらっしゃる方にもオススメできる音楽だと思います。

スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/57-5de08c28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。