落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
メンデルスゾーン 交響曲第3番 「スコットランド」
晴天に恵まれた GW から一転、どうも今ひとつお天気がはっきりしませんねぇ。  KiKi はお散歩大好き人間だし、この季節は普通だったら暑すぎず寒すぎずで絶好のお散歩日和のはずなんだけど、こんな気候だとどうもカメラ片手にお出かけ・・・・という気分にはなりません。  で、たまたまちょっと読書に勤しんだりしていました。  手に取ったのはコールリッジの詩集です。  コールリッジはイギリス・ロマン主義を代表する詩人で、大学時代にちょっとだけ読んだことがあるんですよね。  そうしたら無性に聴きたくなってきてしまったのが甘く切ないメンデルスゾーンのメロディ。  てなわけで、今日の KiKi の BGM はこちらです。

メンデルスゾーン 交響曲第3番「スコットランド」 Op. 56
ARTS 47506-2 演奏:マーク指揮 & マドリード交響楽団 録音:1997年7月

maag_mend02.jpg


この CD を購入したとき、本当はマーク & ロンドン響の CD が欲しくてHMVに行ったんだけど、その時にお目当ての CD はなくて、その代わり・・・と言っては何だけどこの ARTS の新録音のメンデルスゾーンの全集が目に留まりました。  新録だし、マークだし、ARTS だし・・・・ということで迷わず購入(笑)。  それ以来、何度も聴いた演奏です。  もっともここ5年ぐらいは聴いていなかったんだけど・・・・ ^^;  


KiKi は個人的にはメンデルスゾーンは交響曲よりも室内楽により惹かれるものがあったりするので、過去にメンデルスゾーンの交響曲を聴いても彼の室内楽の音楽ほどにはシンパシーを感じたことがありませんでした。  いえ、メンデルスゾーンらしい甘美なメロディには心震わせることも多いのですが、ある意味でそれだけ・・・・っていう感じがしないでもないような気がして・・・・^^;。

で、そんなメンデルスゾーンの交響曲の CD をわざわざ購入しに行ったのは実は KiKi はかつて都響の定期会員だったのですが、彼が客演した演奏会で彼の作り上げる音楽の品の良い端正さ・・・・みたいなものに強烈に惹かれちゃったんですよね。  で、もともとメンデルスゾーンとモーツァルトを得意とする指揮者として有名なマークだから、メンデルスゾーンでも買ってみるか、で同じ買うなら KiKi が1番好きなこの「スコットランド」にしようと思った・・・・というわけです。  完成までに実に13年という長い年月を経た作品だけのことはあり、若々しい感性と円熟した音楽用語が見事にブレンドされた一品だと思います。
  
第1楽章。  序奏の物悲しい主題が繊細な弦合奏で奏でられ、北国の霧が立ち込めた薄暗い空にぼ~っと輪郭だけそびえ立つお城がまず目に浮かびます。  孤高の城っていう感じです。  あんまり人の気配はありません。  ロマンチックな歌がメンデルスゾーンの哀愁を切々と訴えます。  きっと忘れかけられちゃったお城なんだろうなぁ・・・・。  でね、そのお城を見ていたらきっとそのお城にまつわる悲劇の物語が脳裏をかけめぐっちゃったんですよ。  テンポがころころ変わって色々なことを回想するんです。  曲の出だしはかなり遅めのテンポだったんだけど、どことなく好戦的(? KiKi はスコットランド人は根っこの部分で好戦的だと思っていたりする ^^;)な音楽の部分は颯爽としています。  とっても端正な作りのメンデルスゾーンです。

第2楽章のスケルツォ。  弦の無窮動をバックに管楽器群が印象的なケルト風の音楽を奏でます。  とってもしなやかな音楽だと思います。  あの霧の中にぼんやりと聳えていたお城はどこへ行っちゃったんでしょうか??(笑)  突然ぱ~っと霧が晴れちゃって広大な大地が目の前に広がっちゃったんでしょうか??  そこには様々な生物が確実に息づいている・・・・そんな感じのする音楽です。  きっと回想の続きでしっかりと光景が目に浮かんできたんでしょうね♪    

第3楽章のアダージョ。  優雅で清らか、そしてすご~く大らかな歌です。  メンデルスゾーンの旋律美のエッセンスだけを取り出してぎゅっと凝縮してみたらこんな風になりました・・・・っていう感じの音楽です。  ヴァイオリンによる第一主題が後にチェロで回想されるのが、チェロ好きの KiKi にはたまりません。  もや~っとしていた景色が第2楽章で晴れて生命が感じられるようになって、そんな生命を育んでいる広大な大地の鼓動を音にしたような楽章だと個人的には思っています。  

第4楽章はなかなか豪快です。  アダージョであたかも自然賛歌のような大らかさを宣言し、平和な気分に満ち満ちたにもかかわらず、ここでいきなり戦闘開始です。  まあ、スコットランドですから・・・・ ^^;  あれまあ、あんなに突撃ラッパを吹き鳴らしちゃっていったいどこに戦いに行くのでしょうか??  常に第一主題が意識されている音楽ではあるんだけど、多くの経過主題が次々と表れるあたり、やっぱりロマン派ですねぇ~。  で、どうやら戦いも終わったようでちょっと瞑想的な楽句が流れ、無事ご帰還・・・・ということで壮大な全合奏です。

交響曲の形をとってはいるんだけどまるでスケッチ画を思わせるようなこの音楽、KiKi は好きですね~。  久しぶりに聴いてみたけれど、やっぱりマークとメンデルスゾーンはよく似合う・・・・。


追記:
このエントリーは2006年5月13日、mozart1889 さんのクラシック音楽ひとりごとの関連記事に TB させていただきました。



スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/56-6a9cd371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。