落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
レスピーギ 交響詩「ローマの噴水」
さて、レスピーギのローマ三部作の最終曲をエントリーする日がやってまいりました。  最後を飾るのは「ローマの噴水」です。  てなわけで今日の KiKi の1曲です。

レスピーギ 交響詩「ローマの噴水」
DG POCG-9269 演奏:小沢征爾指揮 & ボストン交響楽団 録音:1977年10月

Respighi_3Roma.jpg


この曲はね、水を扱っているから・・・・というわけでもないのだろうけれど、どことなくフランスものに近い香りがするような気がするんですよね~。  印象派的とでも言いましょうか・・・・。  水、光、運動。  印象派音楽のキーワードだと思うんですよね。  作曲者自身も言っています。

ローマの4つの噴水を、その特徴と周囲の風景とが最も調和する時間、あるいはその美しさが最も印象的に見える時間に心に受けた感情と幻想を表現しようとした。


と・・・・。


それはさておき、レスピーギのローマ三部作のすごいところって、KiKi はそれぞれの音楽の紡ぎ方にもあるような気がするんですよね。  「ローマの松」に関しては KiKi はそれをエントリーの中で文章化してご紹介したつもりなんだけど、例えば昨日の「ローマの祭り」に関して言えば、時代順に並んでいて「ローマのキリスト教史」っていう感じがしないでもない。  で、今日の「ローマの噴水」は、夜明け → 朝 → 昼 → 黄昏 と一日の時間を追っているわけですよ。  でね、KiKi が深読みするに、なぜ「噴水」なのかを考えてみると、レスピーギはそこにさらに追加で謎かけをしているような気がするんですよね~。

ローマといえば「街道建設」と同時に「水道建設」でも有名な古代国家でした。  恐らくレスピーギはここでローマ文化の1つの象徴として水道をイメージしていたんじゃないかと思うんですよね。  その根拠は以下のご紹介記事の中で明らかにしていきたいと思います。

因みにレスピーギが生きた時代がいつなのかを調べてみると1879年~1936年。  世界史の年表と比べてみると帝国主義の真っ只中で生を受けます。  さらには第一次世界大戦、ヴェルサイユ条約を経て、イタリア・ファシスト党が成立してムッソリーニが台頭してきた時代を生き抜きました。  かつての偉大なるローマ帝国の末裔たる自分たちイタリア人が政治的にも経済的にも弱体してしまっている現状を憂い、その想いが民族主義的な国威発揚とリンクしてしまった、そんな時代。  栄光のイタリア復活を願う想いが、同じく「古代ローマ帝国の復権」を訴えた独裁者、ムッソリーニの立ち位置に共感を覚えても不思議ではありません。  (そうやって考えてみるとローマ三部作が作を追うごとにどんどん巨大にそして派手(?)になっていくのもわかるような気がします。)


第1部:夜明けのジュリアの谷の噴水

せっかくの標題音楽なので、ジュリアの谷の噴水を夜明けじゃなくてもいいから見てみたいなぁと思ってネットサーフィンしてみたんだけど、見つけることができませんでした。  しかも、このジュリアの谷の噴水そのものがどれなのか、特定するのが困難だったりするらしいんですよね。  と言うのも、多くの書物ではこの「ジュリアの谷」というのはボルゲーゼ公園(ローマの松で出てきたボルゲーゼです)の近くにある噴水と書かれているらしいんだけど、そのあたりには噴水なんてないらしいんですよね~。  で、それとは別に「いやいや、あれはジュリアの谷ではなく古代ローマ時代に築かれたジュリア水道の噴水のことだ。」という説もあるらしいんですよ。  で、実際にそのジュリア水道には噴水はあるらしいんですが、その写真を紹介しているサイトは見つけられなかったし・・・・・。  因みに KiKi の持っているCDのライナーノーツによれば、「ジュリアの谷の噴水とは、ボルゲーゼ公園の北にあるフィルドゥーシ・レペナ広場の噴水」だと言い切っちゃっています ^^;  

夜明けの音楽・・・・というだけあって何とも情緒的な音楽です。  木管が歌う朝の気分が心地よい。  で、その木管に優しく答えるチェロの音色がまたいいんですよね~。  噴水があろうがなかろうが、あまり関係ないような気がしないでもない・・・・(苦笑)  

でもね、曲の雰囲気と夜明けという時間帯を考え合わせると、やっぱりこれは古代ローマの「ジュリア水道の噴水」というご意見に KiKi は一票を投じたいと思うんですよ。  レスピーギがこのローマ三部作を作曲する際に強烈に意識していたもの、それはイタリアひいてはローマという国家が脈々と築いてきた文化に対する畏怖の念だと思うんですよね~。  夜明けというのは一日の時間のある断面を切り取った際に使う言葉であるのと同時に、「人類の夜明け」みたいな使い方もするわけで、レスピーギはそこに二重、三重の意味を持たせたんじゃないのかなって思うんです。  

さて、恒例の作曲者直筆の解説によれば

夜明けの新鮮なしめった霧の中に羊の群れがきえてゆく


とのこと。  KiKi の憶測には一言も触れてくれていないなぁ・・・・。

第2部:朝のトリトーンの噴水

さて、トリトーンの噴水です。  こちらはバルベリーニ広場にあるベルニーニ作の噴水です。  ベルニーニといえば、昨今一世を風靡した「ダ・ヴィンチ・コード」の作者、ダン・ブラウンの著作「天使と悪魔」で主役のロバート・ラングドン以上に目立っていたバロック建築の巨匠です。  そういえばその作品の中にも「トリトーンの噴水」は出てきたような気がします。  因みに実物の写真はこちら(↓)  

La_Fontana_Del_Tritone.jpg


ギリシア神話の登場人物神で半人半魚の海神がトリトーン。  ギリシャ神話では、ゼウス、ハデス、ポセイドンの3兄弟が、世界を3分割して支配したと言われており、ポセイドンは、海を支配しています。  で、トリトーンはポセイドンの息子です。  で、そのトリトーンがほら貝を吹く姿で水を吹上げているのがこの噴水。  で、このトリトーンなんだけど、彼は「海のラッパ手」という異名を持っていて、嵐で難破しそうな船を見つけるとホラ貝で嵐を鎮めてくれる正義の味方(?)なんですよね。  

で、どうして朝がトリトーンかといえば、もともとが農耕民族だったローマ人がカルタゴとの戦争(ポエニ戦争)を機に、海軍国としての力も蓄え、そのポエニ戦争の勝利と同時に地中海の覇者となった歴史を意識しているんじゃないかと・・・・。  実際、ポエニ戦争の初期には嵐のせいで古代ローマはずいぶん痛い目にもあっているし・・・・・。  

作曲者直筆の解説によれば

ホルンの突然のファンファーレは、トリトーンと水の精ナイアードの群れを招く、喜びにみちた呼び声のようだ。  彼らは噴出する水の中で放恣な踊りをくりひろげる。


とのこと。

力強いホルンの音(恐らくはトリトーンが誇らしげに吹くほら貝の音)に高音の木管楽器やヴァイオリンが絡みあい、朝の光に輝きながら揺れてはじけるような水の音が聞こえてくるような音楽です。  とってもリズミカル。

第3部:昼のトレヴィの噴水

トレヴィの泉といえば映画「ローマの休日」でも有名だし、ローマ観光のメッカだし、誰もが1度はどこかで見たことがある噴水じゃないかしら。  でもね、ここで KiKi の豆知識。  実はこのトレヴィの噴水って古代の水道の終着点だったんですよね~。  ね、そう聞いてみると、 KiKi が最初の「ジュリアの谷の噴水」は「ジュリア水道の噴水」だと思うという意見にもちょっと興味が湧いてくるでしょう??

さてこちらの噴水の中央にはトリトーン(荒れた海と静かな海に2人)とそのお父さんのポセイドン(ローマ名:ネプチューン)の彫刻があります。  写真はこちら(↓)

La_Fontana_Di_Trevi.jpg
  

で、親子の後ろにある凱旋門みたいな扉には色々な彫刻があるのですが、KiKi が注目したいのはポセイドンの後ろの豊穣の女神の上のレリーフなんですよ。  ここに彫られているのは、初代皇帝アウグストゥスの腹心の部下、アグリッパで彼が何をしている姿が彫られているのかといえば、「水道建設を許可するアグリッパ」の姿なんです。  どうしてそれが分るかと言えば、アーチ状の水道橋と図面が彼の背景に彫りこまれているから。

でね、もう一人の女神様(何の女神様かはよく知らない)の上のレリーフに彫られているのは、「喉をからからにしたローマ兵に泉の場所を教える乙女の図」なんですよね~。  ほらね、どんどん「水道つながり」のような気がしてきませんか??

ま、それはさておき、ここでの音楽は金管やオルガンが鳴り響き、もう光と水の狂乱っていう感じ。  と同時に勝利の音楽っていう感じ。  やっぱりギリシャ三大神の一人が登場するわけですからそれはそれは荘厳かつドラマティック。  

作曲者直筆の解説によれば

ファンファーレが響き、光り輝く水面をネプチューンの馬車が人魚とトリトーンの行列を従えて通り過ぎ、トランペットの弱音が遠くから再び響く中を消えていく


とのこと。

第4部:たそがれのメディチ荘の噴水

こちらはヴァイオリン、フルート、クラリネットが奏でるちょっぴり物憂げな音楽にハープ、チェレスタなどの音色が絡み合い静かに終曲を迎えます。

作曲者直筆の解説によれば

もの悲しげな主題で始まる。  夕暮れの郷愁の時。  大気は鐘の音。  小鳥のさえずり、木々のざわめきなどで満ち溢れている。  やがて、すべてが夜のしじまの中に消えていく


とのこと。

確信はないんだけど、恐らく(↑)のCDのイメージ画像、あれってメディチ荘の噴水なんじゃないかしら??  雰囲気がいかにもたそがれっていう感じだし・・・・。  物の本によればかなり地味な噴水らしいし・・・・・。  

繁栄を謳歌した古代ローマ帝国、そして古代ローマ帝国の時代を志向して花開いたルネッサンス期。  イタリアが世界の文化の牽引役だった時代は確かにあったはずなのに、あれほど強大で磐石だったはずの古代ローマ帝国もルネッサンスの象徴メディチ家も今は昔。  黄昏ちゃっているのです。  それがレスピーギの生きた時代のイタリアと何気にシンクロしているように感じられます。  で、KiKi はこのローマ三部作はそんな風に読み解けるような気がして仕方ないんですよね。  

ま、てなわけで、今日でレスピーギのローマ三部作の鑑賞は終了です。  レスピーギ版「3曲で奏でるローマ人の物語」っていう感じではないでしょうか??  さてさて、では今日の午後の KiKi は塩野七生さんの「ローマ人の物語 ユリウス・カエサル ルビコン以前」を読み進めることにしようと思います。

スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/222-a9c57196
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。