落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
チャイコフスキー 交響曲第1番 「冬の日の幻想」 Op. 13
新年明けましておめでとうございます。  今日はお天気もよさそうですよね。  皆さんはもう初詣に出掛けられたのでしょうか??  KiKi はもう少し暖かい時間帯に入ったら愛娘のノルンを連れて近所の神社さんにお散歩がてら出掛けてみたいと思っています。
  
思い起こせば一昨年の年末、それまで10年余りの年月を KiKi と過ごしてきた先代のワンコを失い、昨年のお正月は「おめでとう!」といわなくちゃいけないのが、とっても辛かった。  その後ノルンを我が家に迎え、今年は彼女と一緒に迎える初めてのお正月なんですよね。  ノルン、今年もよろしくね♪  お留守番が多くて可哀想だけど、その分休日はゆっくりと楽しもうね。

ま、そんな内輪の話はさておき、大晦日にふと思い立って久々にエントリーをアップしてみたところ、意外や意外、一時期は頻繁にコメントやらTBをしあっていた常連さんや、以前からこのブログを覗いていてくださった初のお客様から速攻でコメントを頂戴してしまいました。  やっぱりブログっていいもんだねぇ~。  ま、そんなわけですっかり気をよくした(?)KiKi は本日もブログ更新に励んでおります。 ← 我ながらゲンキンな奴です ^^;

さて季節は冬、ということで昨日聴いたのがシューベルトの「冬の旅」だったわけですが、今日も「冬繋がり」でこんな曲を選んでみました。  ま、てなわけで今日の KiKi の1曲はこちらです。

チャイコフスキー 交響曲第1番 「冬の日の幻想」 Op. 13
DG 471 701-2 演奏:カラヤン指揮 & ベルリンフィル 録音:1979年2月

CD23_2.jpg



この作品はチャイコフスキーが26歳のときに作曲されました。  26歳かぁ、若いよねぇ。  KiKi が26歳の頃といえば遊び呆けていたっけ・・・・。  ま、それはさておき、チャイコフスキーの最初の交響曲らしく、とっても伝統に忠実でありながらも、そこはかとなく「ロシアっぽさ」が香る、そんな作品だと思います。  

標題のせいもあるとは思うけれど、やっぱり第1楽章の出だしなんかは冬の森の中の景色が目の前にパ~っと広がるような感じがするし、第2楽章の緩徐楽章は情感に満ちていて寒々とはしているんだけどどこか懐かしいような、ほっとするような感じがします。  因みにこの2つの楽章には作曲者自身がつけた標題があって、第1楽章は「冬の旅の幻想」、第2楽章は「荒涼たる土地、霧の土地」というのだそうです。  第1楽章はよくわかるような気がするんだけど第2楽章の「霧」は KiKi にはあまり感じられなかったなぁ・・・・。

続く第3楽章は冷たさと不安が入り混じっているような主部と流麗なワルツの組み合わせ。  この対比がいい味出しているんですよね~。  で、終楽章。  最初はロシア民謡っぽいどことなく沈鬱なメロディでスタートするんだけど、tutti で快活に「ワッショイ! ワッショイ!」っていう感じになって、冒頭の旋律がホルンやらチェロやら木管やらでリズミカルに奏される段階に至ると、何だか嬉しいような楽しいような、そんな気分になってくるんです。  冬をめいっぱい楽しむぞ!っていう感じ。  どことなくウォッカで上機嫌になったコサック兵のダンスみたいな雰囲気もあるんですよね~。  

実はね、KiKi はこの曲、結構好きなんですよ。  チャイコフスキーの交響曲というと第6番の「悲愴」ばかりが有名だけど、この曲にはチャイコフスキーの原点がぎっしりと詰まっている、そんな感じがするんですよ。  よっしゃ、このノリノリの気分のまま、年末にし損なった大掃除に突入だ!  イェイ! 

 
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
この記事に対するコメント
ロシア物をロシアン・オケで・・・・
こんにちは、畑山さん。  コメントありがとうございます♪

ロシア物をロシア人指揮者、ロシアン・オケ。  KiKi は生憎、生で聴いたことはないのですが確かに「なるほど~、これがロシアか?!」という感慨を持たせてもらえること、多いですよね。  最近は仕事の方が忙しすぎて、なかなか生演奏を聴きに行く余裕がないので、せっかくご紹介いただいたチクルスにも行けそうにないのですが、いずれもう少し余裕が出てきたら、是非行ってみたいと思います。  又、色々とご教授ください。
【2008/01/09 13:45】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]

ロシアのオーケストラのチャイコフスキー
私は、ロシアのオーケストラ、指揮者のチャイコフスキーを聴きに行ったことがあります。やはり、ロシアの味がにじみ出ていました。エフゲニー・スヴェトラーノフ、ロシア国立交響楽団(これはライヴCDもあります)、ユーリ・テミルカーノフ、サンクトペテルブルクフィルハーモニー管弦楽団のチャイコフスキーツィクルスを聴きに行きました。チャイコフスキーその人の感情、重いが伝わってきました。CDでは、ヴラディーミル・フェドセイエフのものもお勧めです。
今年、テミルカーノフ、サンクトペテルブルクフィルハーモニー管弦楽団、チャイコフスキーツィクルスが11月にあります。行ってみるといいですよ。
【2008/01/06 17:41】 URL | 畑山千恵子 #oRlEisjI [ 編集]

新年のご挨拶
yokochan さん、明けましておめでとうございます♪  今年もよろしくお願いいたします。

あれ~、yokochan さんもこの曲、お好きでしたか??  案外 KiKi のブログのお友達の間ではこの曲、人気者ですねぇ(笑)  でもやっぱりいいものはいいですよね♪

ところで yokochan さんもトウキョウリングにはいらっしゃいますか??  この再演でワグネリアンの熱気がさらに燃え上がる・・・・な~んていうことはあるんでしょうか?? 

今年もマイペースにボチボチと更新していきたいと思いますので、時折覗いてやってくださいませ。  (毎日だとちょっと頻度が高過ぎかも・・・・ ^^;)
  
【2008/01/03 16:56】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]

おめでとうございます
kikiさん、あけましておめでといございます。
ご無沙汰です。
チャイコの1番はワタクシ、相当に好きな曲なのですよ。つい最近も取上げたばかり。
冬ばかりでなく、1年中聴いてます(笑)
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
毎日拝見しますね(決してプレッシャーじゃありませんからね・・・)
【2008/01/03 11:45】 URL | yokochan #wBzGvDT2 [ 編集]

新年のご挨拶
yurikamome122 さん、明けましておめでとうございます。  今年もよろしくお願いいたします。  又、お久しぶりなのに新年早々コメント&TBをいただきありがとうございます。

>今年は新国立でトウキョウリングの再演があるっていう噂本当ですか?

えっと、KiKi もそんな噂を耳にしていたのですが、実際の公演は2009年みたいですよ。  (チケット販売は来年からみたいですけど・・・。)

http://www.nntt.jac.go.jp/season/opera/

3月が「ラインの黄金」、4月が「ワルキューレ」、「ジークフリート」と「神々の黄昏」は現段階ではスケジュール未定とのこと。  いずれにしろ、楽しみですよね~。  

シャドウ・コンダクティングはあんまり人に見せるものではないかもしれないですよね。  お芝居とかドラマの中ならいざ知らず・・・・(笑)  そうそう、ドラマといえば新年早々、「のだめ」の再放送&「のだめ in Europe」が放映されるみたいですね。  yurikamome122 さんはのだめには興味がなかったんでしたっけ??

いずれにしろ、今年もいい年でありますように。  お互いにいい音楽との出会いが楽しめますように♪
    
【2008/01/02 14:22】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]

新年のご挨拶
garjyu さん、新年明けましておめでとうございます♪  今年もよろしくお願いいたします。

渋いところから始めましたか??  チャイコフスキーの曲なので、案外派手なところから始めたつもりだったんですけどね~。  ましてやカラヤン盤ですし(笑)。

そうそう、案外日本では演奏されない曲ですよね。  やっぱり超有名な「悲愴」の影に隠れちゃっているせいでしょうか・・・・。  garjyu さんの愛聴盤は聴いたことないですね~、残念。  今度どこかで見つけたら是非聴いてみたいと思います。
  
【2008/01/02 14:12】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]

あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます。
ご無沙汰しております。
今年は新国立でトウキョウリングの再演があるっていう噂本当ですか?。
マジなら絶対行かないと。
ところで冬の日の幻想、私はこのカラヤン盤とともにハイティンクをたしなんでおります。
私はチャイ様の交響曲では実はこれが一番好きなんです。
萌えます。
学生時代、先輩の部屋に遊びに行ったら、彼が大音響でこの終楽章をスピーカーに向かって疾風怒濤の一心不乱にものすごい集中力でタクトを振り回していたのを思い出しまする。
シャドウ・コンダクティングというのは、傍目ではかっこわるいです。
今年がkikiさんにとり素晴らし年になりますように。
【2008/01/02 09:03】 URL | yurikamome122 #- [ 編集]


あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

流石KiKiさん、新春早々渋いところからはじめましたね。私もこの曲好きですね。なかなか演奏されないのは何ででしょうね。表題のある交響曲は結構人気がでるものなんですけれど。
必要以上に、若書きと思われているのか、演奏上難しいところがあるのか・・。
ちなみに私はティルソン・トーマス ボストン交響楽団が愛聴盤です。
【2008/01/02 07:09】 URL | garjyu #4A9T8td. [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/217-01f3939e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

謹賀新年 メンデルスゾーン作曲、詩篇第98番「新しい歌を主に向かってうたえ」

 謹賀新年、メンデルスゾーン作曲、詩篇第98番「新しい歌を主に向かってうたえ」。  2008年、平成20年、新たな年の始まりをこの大空をなめらかに、大鷲のように優雅にすべるような伸びやかな音楽で心洗われて祝福するのであります。  栄光の約束の地、エルサ... yurikamomeの妄想的音楽鑑賞とお天気写真【2008/01/02 09:03】
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。