落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
シューベルト 歌曲集「冬の旅」 D.911 
すっかりご無沙汰しております・・・ ^^;  ふと気がつけば2007年も最終日。  「そういえば私のブログはどうなっちゃっているんだ??」と覗いてみれば、何だかわけのわからない広告がトップ記事に・・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なるほど~、そうきましたか!!  これは何が何でも広告を消さなくちゃいけません!  相も変わらずCDラジカセが苦手な我が家の娘にかまっている場合ではありません!!  でもねぇ・・・・ 久しくブログ更新していないからこれまでにどんな音楽のエントリーを書いたのか、恥ずかしながら記憶がないのですよ・・・・・

そうそう、確か声楽曲はほとんどエントリー記事を書いていなかったような・・・・。  季節は冬。  となるとこんな曲がやっぱりピッタリではないでしょうか??  ま、てなわけで今日の KiKi の1曲はこちらです。

シューベルト 歌曲集「冬の旅」
DG 437 235-2 演奏:ディートリヒ フィッシャー=ディースカウ(Br) & ジェラルド ムーア(p) 録音:1971年8月

Schubert_Lieder.jpg



このCDはね、今日のKiKi の1曲である「冬の旅」だけのみならず、いわゆるシューベルトの三大歌曲集、「美しき水車小屋の娘」と「白鳥の歌」のセットになっています。  実は KiKi が子供の頃、初めて聴いたドイツリートの演奏が、当時EMIから発売されていたこのコンビのシューベルトの三大歌曲集のレコードだったんですよね~。  小学校の(・・・だったと思う)音楽の時間に初めて聴いたシューベルトの「魔王」のドラマ性に深く感動した KiKi が父におねだりして、クリスマス・プレゼントだったか誕生日プレゼントだったかで買ってもらったレコードで、それこそ擦り切れるまで聴いたものでした。  大学進学と同時に東京に出てきた KiKi が贅沢と知りつつも成人式の着物とバーターでシステムコンポを購入してもらい、そのシステムコンポで聴くためにアパートに持ち込んだレコードの1つでもありました。

だからレコードからCDの時代になって最初に買い替えを断行したのがベートーヴェンの交響曲全集とこのCDでした。  そうやって思い起こしてみるとこの曲を実にx0年以上、折に触れて聴いていることになります。  いやはや・・・・・。

個人的には「冬の旅」って若かりし頃にはものすごく感銘を受けて、何度も何度も聴き返した音楽だけど、今の KiKi にはちょっと重過ぎる、そんな感じがします。  若かりし時代へのノスタルジーからか、今の KiKi にとっては「美しき水車小屋の娘」の方が耳に優しい音楽であるような気がするんですよね~。  でもまあ、今日は「冬の旅」です。  

第1曲の「おやすみ」から始まり第24曲(終曲)の「辻音楽師」までの詩が語るのはとある青年の悲哀に満ちた旅立ちと絶望感、喪失感、厭世観と「夢も希望もない苦悩」みたいなものに満ち溢れた音楽になっています。  さすが冬、さすがにさぶい・・・・。  時折は明るい気分を取り戻したかに見えるんだけど、それは幻影なんですよね~。  で、最後の最後は悟りを開いちゃったかのように心は平静なんだけど、何か生きていく上で大切なパッションみたいなものが死に絶えちゃうの・・・・。  う~ん、わかるんだけど、わかりたくないなぁ・・・・。

今の KiKi はそんな感傷にひたっている場合ではないのですよ、悪いけど・・・・。  もちろんこの音楽が語るような感情って無頓着ではいられないし、若かりし頃には「それってこういうことかな??」と考えたりする時間が有意義だと思ったこともあるけれど・・・・・。  そして、こういう現実があることも以前よりは身に沁みて感じられる年代に入っているけれど・・・・・。

今の KiKi に必要なのは吹雪の中も思い切って外出する直前の「よし、出掛けるぞ!」というモチベーション。  寒い風や冷たい雪の中にも何か新しい発見を見つける原動力となる好奇心をくすぐる何か。  そういうものなのです。  でもね、心の奥底には「ま、現実なんてこんなもの」みたいな諦念もあったりするんだけど・・・・。

ま、それはさておき、実は KiKi は子供の頃からこの歌曲集、歌以上に伴奏であるピアノに心惹かれちゃったりしています。  こんな情緒的なピアノが弾けること、これってピアノ弾きの永遠の憧れなんですよね~。 

 

このエントリーは2008年1月5日、yurikamome122 さんのブログの同曲のエントリーにTBさせていただきました。


  
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
この記事に対するコメント
歌曲もお好きなんですね♪
こんばんは、畑山さん。  コメントありがとうございます。  これまでに頂戴していたコメントがペーター・レーゼル&ゲルハルト・オピッツに関する話題だったので、畑山さんはピアノ音楽(それもドイツもの)が特にお好きなのかなと思っていたのですが、歌曲もお好きだったんですね~。  

シューベルトの歌曲はやっぱりフィッシャー=ディースカウ、ヘルマン・プライ、ペーター・シュライヤーが超有名ですよね。  KiKi もシューベルトの歌曲集の入り口はフィッシャー=ディースカウだったんですけど、その後曲によってはプライやシュライヤーの声の方がしっくりくる曲もあるように感じるようになりました。  もっともピアノ伴奏に関してだけは、ダントツでムーアのファンなんですけどね♪
【2008/01/04 23:31】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]

フィッシャー・ディスカウもよく聴きました
フィッシャー・ディスカウは、シューベルトは「美しき水車小屋の娘」、歌曲集、「白鳥の歌」からのハイネ歌曲6曲を聴きました。しかし、「冬の旅」は聴けずじまいでした。大変な名唱でしたね。「水車小屋」が日本でフィッシャー・ディスカウが歌った最後のコンサートになりましたので、聴けてよかったと思います。「冬の旅」は、プライ、シュライヤー、ことに2005年のさよならコンサートは忘れられませんでした。昨年のマティアス・ゲルネのものも見事でした。
【2008/01/04 15:53】 URL | 畑山千恵子 #oRlEisjI [ 編集]

新年最初のコメント、ありがとうございます♪
fragile28さん、明けましておめでとうございます。  新年早々、しかも久々の更新早々(笑)、初めてのゲストの方のコメントを頂戴し、何だか今年もいいことがありそうな雰囲気です!

以前のブログから覗いていただいていたとのこと。  本当にありがとうございます。  最近はめっきり更新頻度が下がってしまったこのブログですが、まあマイペースでぼちぼちとエントリーをアップしていこうと思いますので、気が向いたときには是非お立ち寄りください。 

fragile28さんにとっても今年がよい年でありますように♪  KiKi は新年早々、これから大掃除です ^^;
【2008/01/01 09:49】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]

初めまして
明けましておめでとうございます。
前のブログの時からKiKiさんの痛快な記事に、《そうか~、なるほど》と相槌をうっておりました。しばらく更新もなく心配していましたが、思いがけずの記事更新に、元旦早々嬉しくなってしまいました。

私も未だに「冬の旅」は重く感じられ苦手なんです。心をとぎほぐせないというか、立ち向かえるほどの元気が湧いてきません。どちらかといえば前回の「ゴールドベルク変奏曲」の方が楽しく聴けるような気がします。

お正月の「お年玉」を貰ったような嬉しさに、思い切って初めてコメントいたしました。
今年がKiKiさんにとって良き年となりますようお祈りいたします。
【2008/01/01 08:57】 URL | fragile28 #u1qmhtRQ [ 編集]

若者のヒットソング??
garjyu さん、こんにちは!  ほんとお久しぶりです!  コメントありがとうございます。  その後お元気ですか??

最近はエントリーを書くのをさぼりっ放しの KiKi なのに、今でもご近所ブログ扱いをしていただいていたなんて、ホント光栄です。  これからも忘れた頃に更新するブログになってしまう可能性大!ですが、そんな折にはぜひぜひつっこんで(いやコメントして)やってくださいませ(笑)

やっぱり garjyu さんも若かったある時期にはまりました??(笑)  あれって何だったんですかね~??  でも、仰るとおり、「今の自分には重過ぎる・・・・」と思いつつも、聴いてみるとやっぱりはまっちゃうんですよね~。  恐るべし! シューベルト!!!

こちらこそ来年もまたよろしくお願いいたします。  
【2007/12/31 23:46】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]


KiKiさん,ご無沙汰しております。
大晦日ということで、ご近所ブログをご訪問してみたら、KiKiさんが久しぶりにブログをアップしているではありませんか。これは“つっこみ”、いやコメントを入れねばならないと思いまして・・。

《冬の旅》・・、私も若かったある時期嵌りました。今のKiKiさんに重い・・というの分かります。私も、この出口のない、美しくも暗い世界は、重すぎると感じます。でも聞き出すと聞き入っちゃうんですよね。

また、来年よろしくお願いいたします。
【2007/12/31 16:14】 URL | garjyu #4A9T8td. [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/216-59e0ed87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シューベルト作曲、歌曲集「冬の旅」

 新春2日目から今日と期間限定で営業したパパは、今朝朝食を作り、こんな事に結構幸福を感じながら午前中に風流を三渓園で感じ、新たな始まりへ清められて祝福されて”神代神楽”を観て、午後は横浜美術館でシュールな無力感と絶望と嘲笑と甘えとその裏側に隠れた活力と... yurikamomeの妄想的音楽鑑賞とお天気写真【2008/01/06 00:19】
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。