落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第29番 「ハンマークラヴィーア」 Op. 106
あっという間に今年も半分を追え、7月に入ってしまいました。  「明けましておめでとうございます♪  今年もよろしくお願いいたします。」なんていう挨拶をしていたのは、ついこの間・・・・だったような気がしないでもないのですけどね~。  ふと気がつけばあんなにちっちゃくて可愛かったノルンも初潮を迎えていたし・・・・(笑)。  もっとも今年の前半はブログ生活はサボりっぱなしでしたけどね。  やっぱりお仕事を始めてしまうとなかなか日々更新というのは難しくなってしまうのが KiKi の性分みたいです。

ま、何はともあれ今年も余すところ半年。  そんな気分で選んだ今日の KiKi の1曲は基本(?)に戻ってピアノ曲といきたいと思います。  てなわけで、本日はこちらです。

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第29番 「ハンマークラヴィーア」 Op. 106
PHILIPS 432 317-2 演奏:クラウディオ・アラウ(pf) 録音:1963年9月

CD4_2.jpg



この曲はね、20代から30代前半の KiKi にとってがつく憧れの1曲だったピアノ・ソナタなんですよね~。  とにかくそれまでのベートーヴェンの音楽と比べて幅広い音域を縦横無尽にメロディが走り回るのですよ。  作曲当時最新鋭のピアノ音域の限界まで使い尽くした音楽として有名なんです。(全楽章で6オクターヴ + 4度)  どちらかというと「ピアニスティック」というより「シンフォニック(交響的)」な音作りの音楽で、ピアニスト好みの音楽とはちょっと違うかもしれません。  そう、KiKi にとってこの曲は「ピアノのお稽古」とは確実に一線を画す音楽なんです。

全楽章素晴らしいんだけど、特に KiKi の心を捉えてやまないのは第3楽章です。  とにかく長い!!  でもね、心に引っかかってくるのは長さゆえじゃないんです。  あまりにも含蓄に富んでいて、どう表現したらいいのかよくわからないんだけど、とにかく雄弁な音楽なんです。  でね、「雄弁」というものの「言語明瞭、起承転結、ほいこれじゃ!」というような「雄弁さ」じゃないんですよ。

何となく幸福感にあふれ、何となく哀切感がにじみ出て、何となく苦悩にあふれ、何となく光明を感じられ、何となく生命力があり情熱も感じるんだけど、どことなく感傷的・・・・。  とにかく、ありとあらゆうものを感じさせてくれる音楽なんです。  でね、音の紡がれ方がこれまた何とも言えないのですよ。  どことなく自然発生的。  それでいてどことなくきっちりとした主題と変奏的なものがあってねぇ・・・・。  神聖な場所(たとえば教会の礼拝堂とか、神社の神殿とか)に足を踏み入れたときに感じる、緊張感+安堵感のないまぜになった感傷。  それに近いものがあるのです。

今日の鑑賞でも全曲聴いた後に、何故か第3楽章だけはリピート再生して恍惚としている自分にちょっと苦笑。  とにかくいわゆる普通の「音楽鑑賞」では得がたい別次元の世界に連れて行ってくれる、ちょっと不思議な音楽なのです。  

ああ、やっぱりこの曲は死ぬまでに1度は弾いてみたい!!!

もっとも・・・・・

最近では KiKi にとってベートーヴェンのピアノ・ソナタでもっと親しく感じられるのは30番以降の最後期の3曲のソナタなんですけどね。  「ハンマークラヴィーア」はチャレンジしたらそのまま精力を使い果たしてしまいそうな気がしないでもない・・・・(笑)  

      
スポンサーサイト
TOP
この記事に対するコメント
ベートーヴェンのピアノ・ソナタ
こんにちは、みー太さん。  ご無沙汰しておりました。  コメントありがとうございます♪

ベートーヴェンのピアノ・ソナタはピアノ・レスナーにとって1つの大きな目標地点ともいえるわけですが、その中でもこの「ハンマークラヴィーア」はほぼ最高峰の1曲だと思うんですよね。  KiKi も若いころはそう思っていたし、ある面ではそんな風に豪語(?)もしていたのです。  「いつかはハンマークラヴィーアが弾ける様になりたい!」ってね(笑)。  今でもその気持ちはなくなっていないけれど、さすがにこの年齢になると「この曲が弾けるといいよね。  でも・・・・」という感じでちょっとトーンダウン ^^:  

「月光ソナタ」の第1楽章も難しいですよね~。  テクニック的に難しいのは第3楽章だけど、あそこはそこそこまじめにハノンとツェルニーを勉強していれば、ある面力技でねじ伏せられる曲だと思うけれど、第1楽章はそれこそ「歌う力」が要求される難曲だと思います。

アラウの演奏が素敵なのはやっぱり第3楽章だと思うのです。  あのえもいえない情緒・・・・。  因みにみー太さんのこの曲のオススメはどなたの演奏でしょうか??
【2007/07/08 09:44】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]


KiKi様 こんばんは
ご無沙汰してます。ベートーヴェン様のピアノ・ソナタが弾けたら最高に幸せでしょうねぇ~。音楽素人の私には、学生時代から適う事の無い永遠の憧れです。
 その昔、妹が「月光」の第一楽章を自宅のピアノで練習していた時、それだけで感動してました。
 アラウ氏の「ハンマークラヴィーア」、いいですね。もっとも私の場合、どなたの演奏を聴いてもこの曲好きなだけに、ハズレの演奏を聴いた記憶が無いのですが・・・ 失礼しました。
【2007/07/01 23:36】 URL | みー太 #JalddpaA [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/213-49a6df6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。