落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
シベリウス 交響曲第4番 Op. 63
本当に久しぶりの更新です。  自分がブログを持っていたことすら忘れかけていた今日この頃・・・・ ^^;  ところがそんな KiKi にブログのことを思い出させてくれる出来事がここへ来て頻発いたしました。  そう、あの悪名高い

悪質トラックバック

っていうやつです。  一応このブログでは管理者が許可しない限りブログ本体には「迷惑トラックバック」が反映されないように設定をしてあるのですが、その設定をしてある都合上、トラックバックをいただくとメール通知がバンバン来るんですよね、これが。  ま、そんなこんなで悪質トラックバックの削除に励んでいるうちに、久々にブログを更新してみたい気分になってきたというわけ(笑)  ま、




更新は・・・・





忘れた頃に・・・・・





やってくる・・・・・ ^^;



とでもご理解いただければと思います。  ま、何はともあれ、クンクン・キュンキュンうるさいノルンを尻目に、久々にブログ更新するために KiKi が選んだ今日の1曲はこちらです。

シベリウス 交響曲第4番 Op. 63
FINLANDIA 4509-99963-2 演奏:サラステ指揮 & フィンランド放送響 録音:1993年5月

Sibelius_Symp.jpg



シベリウスの交響曲の中ではどちらかというとあんまり好まれない(要するにとっつきにくい)タイプの曲じゃないかと思うんだけど、天邪鬼の KiKi は結構好きなんですよね~、この曲。  

久々の更新なので、今日はこれまでこのブログであまり書かないようにしてきたことも書いてみようかと思うんだけど、実は KiKi はある年齢を超えてから音楽鑑賞する際に好んで選ぶ音楽は「内省的な音楽」に偏りつつあるんですよ。  と言うのもね、ある時からすご~く強く感じるようになったことに

人間にはせっかく言葉があるんだから、言葉で表現できることは言葉を使ったほうがいい

っていう哲学みたいなものがあったりするんです。  でね、音楽は巧く言葉では表現できない曖昧模糊とした、実体がないものを感じさせてくれるときにすご~く心揺すぶられるようになってきたような気がするんです。

そういう意味で、このシベリウスの交響曲第4番なんかはその典型的な一例なんですよね~。  この曲の冒頭はね、KiKi にとってまんじりともせずにものすご~く圧迫感のある恐怖心か喪失感を抱えたまま迎えた夜明けちょっと前なんです。  解決の糸口も何も見つけられずにいるんだけど、残酷なまでに自然はいつもどおりの営みを続けていて、置いてけぼりをくらうんです。  生きとし生けるものがすべてその「自然の摂理」みたいなものに従っているのに、その波に乗り切れずにいて、さらには肉体から抜け出した魂が、悶々としている自分を冷ややかに高見の見物をしている・・・・そんな感じ。

キリスト教的な明快な救済の意識もなく、仏教的な輪廻の意識もなく、ほの暗く矛盾を孕んだままのゲルマンの森林の中にぽつねんと放り込まれ、何となく場違いにもそこにあるちっぽけな存在たる自分・・・・そんな感じ。  どんなに考えても、あがいても、もがいても、結局解決の道が示されることはなくて、ただただそこに何となくあり、そして消えていくしかない・・・・・そんな雰囲気を感じるのです。  消えていく(ある意味ではそれは「死」なのかもしれないけれど)、その消失は勝利の行進でも救済された魂でもなく、ただの静寂、無なんです。

あれ??  何を書いているのかよくわからない文章だなぁ・・・・ ^^;  でもね、要するにそういうことなのですよ。  つまり言葉では巧く書き表すことができない曖昧模糊とした感じ。  雄大なものと相反するちっぽけなものが、何気なくポンって提示されて、ちっぽけなものは必死にもがくんだけど、それは雄大なものに置いてけぼりを食わされて結局何の解決も見出せないまま消えていく・・・・。  そんな感じのする音楽だと思うのです。

           

 
スポンサーサイト
TOP
この記事に対するコメント
ミヒャエル・エンデ
こんにちは、dokuoh さん。  コメントありがとうございます♪

ベートーヴェン後期の弦四、いいですよね~。  KiKi も後期の弦四の世界はど~っぷりと浸って沈思黙考(転寝ともいう・・・ ^^;)していることがよくあります。  これって年齢的なものなんでしょうか??

エンデ。  そういえば以前も dokuoh さんとはエンデについて色々とお話したことがあったような気がします。  実は今、KiKi は別ブログで「岩波少年文庫再読プロジェクト」な~んていう無謀なことを始めておりまして、たまたま先日「モモ」を再読し、今は「はてしない物語」なんぞを読んでいます。  残念ながら「鏡の中の鏡」は少年文庫のラインナップには含まれていないんですよね~。  でも、dokuoh さんのコメントを拝読させていただいたら、KiKi ももう1度読み返してみたい気分になってきました♪
【2007/06/23 10:45】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]


御無沙汰しております。お仕事お忙しいようですね。御自愛ください。私のブログも休眠状態ですが、ゆるーりと続けようかなとは思っています。

私も最近内省的な曲ばかり聴いていて、弦四、五が一番聴く頻度が高いです。ベートーヴェンなど後期の弦四以外はほとんど聴かなくなりました。

シベリウスと言えば、弦楽四重奏の「親愛なる声」もこの4番に近い内省的な曲ですね。お聴きになってますか?
この曲を聴くとミヒャエル・エンデの「鏡の中の鏡」の世界を連想します。シュール・レアリズムの浮遊する世界がたまらなく好きです。
【2007/06/18 00:27】 URL | dokuoh #TquaeRfg [ 編集]

ダンベルドアさん、お久しぶりです♪
こんにちは、ダンベルドアさん。  コメントありがとうございます♪  お久しぶりですがお元気でしたか??

そうそう、その後チェロの方はいかがですか??  KiKi はピアノもチェロも埃かぶり放題・・・・という有様です ^^;

何だかわけのわかんない文章になってしまいましたが、シベ4の雰囲気を少しでも思い起こしていただけたのであれば幸いです(笑)。  これからも忘れた頃に更新することになるやもしれませんが、又、よろしくお願い致します♪
【2007/06/16 15:00】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]

コメントありがとうございます!!
こんにちは、yokochan さん。  ホント、おひさしぶりですぅ~。  お元気でしたか??  メチャンコ久しぶりの更新なので、きっとどなたからも反応をいただけないだろうなぁ・・・と思っていたらさにあらず!!  早速 yokochan さんからコメントをいただいたことを知ったときは、ホント、びっくりするやら嬉しいやら ^o^

これからも忘れた頃に更新することになってしまうかもしれませんが、細々とインターネット世界の片隅で駄文を書いてみようかな・・・などと思っています。  又、たま~に覗いてやってくださいませ♪
【2007/06/16 14:56】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]


お久しぶりです。

文章を拝見してあらためてシベ4の荒涼とした世界を思い出しました。

ノルンちゃんの相変わらず甘えん坊な様子も良く伝わってきました。
【2007/06/16 01:27】 URL | ダンベルドア #xxUL.Pt6 [ 編集]


おやぁ~! おひさしぶりではございませぬか。
時おり巡回しては、心配してたんです。
でもお元気そうで何より。これを機に、徐々に復帰されてはいかがでしょうか?

シベリウスの4番を選ばれた気分、おっしゃっている内容とともに、すごくわかります。
私も深夜にそぉっと聴くと、どこかに取り残されてしまった感情を味わいます。と同時に憧れ、憂愁、孤独といった気分に押しつぶされそうだけど、そうでもない感じ。

悪逆TBは困りますね。どの言葉に反応して送られてくるんだか不思議なことが多いです。
ゆっくり、いきましょう。
【2007/06/11 12:11】 URL | yokochan #wBzGvDT2 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/209-bca496eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。