落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
チャイコフスキー 幻想序曲「ロメオとジュリエット」 
久々の更新です。  皆様お元気でしたでしょうか??  こんなにも長い間更新できなかったのは、仕事が忙しくて休日出勤があったりとか、ノルンを病院やら美容院やらへ連れて行かなくてはならなかったりとか、様々な理由があるのですが1番の理由はコレだったりします。

P1010013b.jpg


何故かCDラジカセが苦手なノルン。  KiKi がこの床置きCDラジカセで音楽を聴き始めるや否や挙動不審に陥り、CDラジカセ相手に凶暴性を発揮し、「ノルンパンチ」を繰り出すものの、何の反撃も返してこない相手に一人勝手に怯えのようなもの(?)を感じ、挙句の果てに KiKi にすがりついて来る有様なのです(苦笑)  ま、そんなこんなで長い音楽をじっくりと聴ける日はまだまだ遠そうです。

てなわけで今日の KiKi の1曲は比較的短めな音楽を・・・・ということでこちらを選んでみました。  はぁ・・・・、CD1枚をじっくりと聴く事ができる日がいずれは来るんだろうか????

チャイコフスキー 幻想序曲「ロミオとジュリエット」 
DECCA ELOQUENCE 466 6842 演奏:メータ指揮 & ロスアンジェルス・フィルハーモニー 録音:1970年

CD37_2.jpg



この曲はチャイコフスキーの友人、バラキレフの勧めによって書かれた曲として知られています。  献呈相手は当のバラキレフ。  でもチャイコフスキーは友人への献呈後も何度も何度も補筆・訂正を加え、現在一般的に演奏されている楽曲の形に決まるまで少なくとも3稿はあるのだそうです。  ものの本によればこれらの3つは同じ主題を扱ってはいるものの別の曲のような印象を受けるほどに内容の差があるのだとか・・・・。  是非、バラキレフに献呈された版の演奏を聴いてみたいものです。

さて、この音楽。  言わずもがなのシェイクスピアの超名作、恋愛悲劇の代名詞みたいな「ロメオとジュリエット」に題材を得た標題音楽なわけですが、KiKi はずっと

「同性愛者という風聞さえあるチャイコフスキーがどうしてこの主題の音楽を書く気になったのか?」

と疑問に思っていました。  ところが先日とある文献を読んでいて以下のようなチャイコフスキーのバラキレフ宛の手紙を目にする機会を得ました。

忘れもしません。  この序曲(ロメオとジュリエット)を書いていたとき、あなたが共感と関心を示されたことに私はひどく感動し、あなたを喜ばせようと懸命だったのですが、そんな時であってさえも私はシェイクスピアが描いたイタリア人ロメオの若者らしい情熱と私の甘酸っぱい呻きの間には全く関連がないと病的なまでに敏感に意識していたのです。



これが彼の性癖からきた文言だったのか、はたまたチャイコフスキーの伝記を読むと必ずといっていいほど出てくるオペラ歌手「デジーレ・アルトー」との悲恋(この曲を作曲した時期と彼女との婚約~婚約破棄の時期は微妙にクロスしています。)からきた文言だったのか、それは想像するしかありませんが、KiKi の耳にはどことなくシニカル・・・・というか、自虐的なチャイコフスキーのつぶやきが聞こえてくるような気がするんですよね~。

曲自体の構成はシンプルで、まず修道僧ロレンスを表現するちょっと宗教的な序奏で始まります。  それに続くアレグロ部分はモンタギュー、キャピレット両家の軋轢・戦いを表しています。  その後、ロメオとジュリエットの愛のテーマ流れ、最後はこの恋人達の死をもって終わる・・・・と小説をそのままなぞったような「音の絵」的な音楽だと思います。

いずれにしても・・・・・

イタリア人の恋愛模様をイギリス人が言葉で表し、その文字で表されたイタリア人の恋愛模様をロシア人が音楽に移し替えた作品・・・・ということになるわけで、個人的には面白い作品だなぁと思っています。  もしもロメオとジュリエットが実在の人物だったとして、このような悲劇的な事件があったとしても、シェイクスピアの名作もチャイコフスキーのこの名作もその事件を正確に伝えているものにはなりえないだろうなぁ・・・・と。




ねぇ、ノルン。  そう思わない??







P1010002b.jpg






頼むから、お転婆な遊び以外の趣味も持ってくれ~


スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
この記事に対するコメント
音楽鑑賞って・・・・ ^^;
こんにちは、丘さん。  コメントと TB をいただいていたのに放置しっぱなしで申し訳ありませんでした。  何分にも自宅PCにはまったくアクセスしない日々が続いており、色々な方に不義理を働いてしまいました。

KiKi の場合、ハードにあまりお金をかけたことがない(涙)ので、オーディオ話にはとんと疎いのですが、安物CDラジカセでも音の違いっていうヤツはそこそこあるもので・・・・。  ま、もっともそれについてあれやこれや考察できるほどの機器は生憎持ち合わせていなかったりするわけです ^^;

ノルンと暮らし始めてから、どうもまともな「音楽鑑賞」まともな「Review」が書けない日々を過ごしている KiKi ですが、今後ともよろしくお願い致します♪



【2007/04/08 10:28】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]

オフ会、楽しそうですね~
こんにちは、miwaplan さん。  コメントをいただいていたのに長い間放置状態になってしまっていて申し訳ありませんでした。  「ハムレット」の推薦盤情報もありがとうございます。  ここ数ヶ月はほとんど自宅PCには触れてもいなかったのでお返事が遅くなりました。

そうそう、自宅PCにアクセスしていない状況下、オフ会のお誘いもいただいていたようなのに、こちらも不義理をしてしまい申し訳ありませんでした。  皆さん楽しそうですね~。  KiKi も参加したい意思はあるものの、ノルンがねぇ~ ^^;  もう少し彼女が大人になったら是非是非参加させていただきたいと思います♪

【2007/04/08 10:21】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]

ロメオとジュリエット
昔、音がすこぶる良いという評判でテラーク盤のこの曲を聴いていました。オーデエィオ機器に一寸気が走っていた頃で、曲そこのけで音ばかり聴いてました^_^;。
マゼール/フィラデルフィアの演奏です。
最近久しぶりに聴きましたのでTBさせてもらいましたが、やはり
音響の感想だけです。こんなのありか?・・・とどうぞ削除OKですよ。
最初の序奏と両家の争いのテーマはよく覚えていますが、肝心の甘い愛のテーマは・・・・う~ん、なぜかあまり頭に残らないんですよ。
【2007/03/16 09:15】 URL | 丘 #- [ 編集]

《ハムレット》なんですけどね、
こんにちは。

私の愛聴演奏は、LPでのソヴィエト時代の物でCD化されてないんですよ。

なものだから2ndチョイスになってしまうけど、こちらのマルケヴィチのが入手しやすいし演奏もお薦めです。税込み1,200円で安いのもgoodですなぁ(^^♪
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1269866
【2007/02/17 14:23】 URL | miwaplan #9oSvBdUo [ 編集]

ノルン・パンチ (攻撃力:???)

こんにちは、miwaplan さん。  コメントありがとうございます♪

チャイコフスキーはシェイクスピアの作品に主題を求めた音楽をいくつか作っていますよね。  「テンペスト」は聴いたことがあるのですが、「ハムレット」は存在こそ知っていたものの未聴なのです。  何かオススメの盤はありますか??  

ノルンと生活を始めてからとにかく音楽鑑賞をするのが一苦労なんですよね~。  本当はe-29のエントリーでCDラジカセに「ノルン・パンチ」(攻撃力:1 ぐらい?v-388)を繰り出しているところの写真を撮りたかったのですが、KiKi がカメラ片手に屈んで近づくとe-29のようにすがりついてきてしまうので、その時の写真しか撮ることができませんでした。(笑)

いずれにしろノルンにしてみるとCDラジカセは不気味な物体以外のなにものでもない・・・・・というのが現状のようです。
  
【2007/02/17 10:02】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]

ノルンちゃんの返事
ノルン「kikiと同感だワン!」なーんてね。

こんにちは。いろいろと大変そうですね、kikiさん。
「ロメ・ジェリ」は、私もいろいろと聴いてきましたよん。

37年前のメータによる録音なのですね、これ。
ロスフィル時代の彼は、ブイブイ言わせてましたようねぇ。

チャイコフスキーには、「ハムレット」もあるのだよ、kiki殿。
この曲も一度は聴いてみてねん(^_^)v
【2007/02/17 01:25】 URL | miwaplan #9oSvBdUo [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/208-9ed32c55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

チャイコフスキー ロメオとジュリエット

マゼール(ロリン), クリーヴランド管弦楽団, チャイコフスキー チャイコフスキー:幻想序曲 ロ 25年くらい前になろうか、優れた音響録音で話題になったテラークのLP盤の一枚、チャイコフスキーの2曲が入ったものを久しぶりに取り出す。聴いたのは「ロメオ 音に巡る想い【2007/03/16 08:59】

【ロミオとジュリエット】について

ロミオとジュリエットロミオとジュリエット(またはロメオとジュリエット) ''(Romeo and Juliet)'' はイギリスの劇作家ウィリアム・シェイクスピアによる戯曲。初演年度については諸説あるが、概ね1595年前後と言われている。『ロミオとジュリエット』は悲劇とされ、シェイ クラシック音楽大全【2007/03/11 18:14】

チャイコフスキーの幻のオペラに想う

テーマ曲 チャイコフスキー:幻想序曲「ロメオとジュリエット」  「ロメオ…」の第1稿完成は1869年9月でチャイコフスキーが29歳の時。初期の作品の中では傑作だよね。それもそのはず。 1870年3月の初演に失敗したので、かなり手を加えて1871年に第2稿をベルリンで出 まぁちゃんのクラシック音楽覚書き【2007/02/17 01:24】
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。