落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
ベートーヴェン 交響曲第7番 Op. 92
どうやら今巷では、今クールの月9ドラマ「のだめカンタービレ」が大人気のようです。  実は KiKi は以前このエントリーにも書いたようにマンガの方は♪ブックオフ♪さんのおかげで一応全巻目を通しているものの、大評判のこのドラマに関しては完璧に見逃しちゃっています ^^;  と言うのもウィークディの夜9時な~んていうのは KiKi がのんびりとTVを観ていられる時間帯じゃないんですよね~。  未だオフィスで仕事をしているか、帰りの電車の中か、スーパーで買い物をしているか、夕飯の準備をしているか、夕飯の片づけをしているか、お風呂の支度をしているか、愛犬モモちゃんの散歩をしているか・・・・。  いずれにしろまだまだ忙しい時間帯なのです。

そのうえ、留守録設定をしていないもんだから思い出したときには「時既に遅し・・・・」というパターンなんだな~、これが。  でもついさっき「思い立ったが吉日」とばかりに留守録セットをしたので来週からはオン・タイムというわけにはいかないだろうけれど、確実に観ることができるようになるはず!です。  まあ、ここまで見逃しちゃっているのはとっても残念だけど、昨今のネット社会というやつはすこぶる便利なもので世の中には「ドラマ Review サイト」な~んていうのがいっぱい存在しているんですよね。  おかげさまでとりあえず「これまでのお話」はちゃ~んと押さえてあります。  さらにはここまでこのドラマで使用された音楽に関しては KiKi のクラシック音楽ブログ仲間のお1人でもあるダンベルドアさんが毎回ちゃ~んと紹介エントリーを書いてくださっているので完璧だ~(笑)。

で、本日はそんなダンベルドアさんのエントリーから学んだ「のだめカンタービレ」のテーマ曲(?)を聴いてみたいと思います。

ベートーヴェン 交響曲第7番 Op. 92
Documents 223602 演奏:ビーチャム指揮 & ロイヤル・フィルハーモニーオーケストラ 録音:1957年10月

Great20Conductors.jpg



いや~、久しぶりに取り出しちゃいました、このCD。  そう言えばこのシリーズ第2弾で購入した「Great Concertos」の方もまだ1曲だけしかこのブログではご紹介していなかったような気がするなぁ・・・・ ^^;  このコスト・パフォーマンスのメチャクチャ高いCDは演奏の質もなかなかよろしいと思うので、「このドラマを観てクラシック音楽に興味を持ち始めちゃったんだけど、クラシック音楽鑑賞は好きになれるかどうかわからないし、あんまりお金をかけたくないなぁ・・・・」なんていう風に思っていらっしゃる方にはオススメできる Box Set ではないかと思います(笑)。

それにしてもこのドラマ、ダンベルドアさんのサイトの使用音楽一覧を拝見する限りではなかなか乙な選曲をしているなぁと思うのは KiKi だけかしら??  だいたいベト7を月9ドラマのテーマソングに持ってくるなんざ素晴らしい!としか言いようがない。  日本人にはやたら有名な「英雄」や「田園」や「運命」や「合唱付」じゃないところが超べりべりぐっどです。  原作マンガの方もなかなか素晴らしい選曲をしていると思っていたけれど、それがドラマ化されると知ったとき、正直「どうなることやら・・・・」と危惧の念を抱いていたのです。  何せあの「101回目のプロポーズ」や「ロング・バケーション」をやっていた枠(かなり古い?)ですからねぇ~ ^^;

それにしても・・・・・

このブログを始めて早いもので8ヶ月になろうというのに、KiKi はまだベートーヴェンの交響曲のご紹介をこのベト7を含めて3曲しかしていなかったんですね~。  普通「初めてのクラシック」なんていうような類の本では真っ先に取り上げられるはずのベートーヴェンの交響曲全9曲のうちまだ1/3なんだなぁ・・・・ ^^;  あんまりマイナーな趣味の世界にばかり走っていないで、こういう超スタンダードな名曲もこれからは少しずつでもご紹介していかなくては・・・・とちょっと反省いたしました。

さて、ドラマの方を観ていないのでこの曲がどんなタイミングでどんな風に使われているのかは正直なところよくわかっていないのですが、上記ドラマ Review サイト情報によればどうやらSオケのデビュー演奏会での演奏曲がこの曲だったのだそうで・・・・。(マンガではエロイカだったような気がするけど)  で、マンガにもあった龍ちゃん考案のジミヘン奏法がこの曲で行われたとのこと。  「やるならここだろ。」(by 千秋)はやっぱり第1楽章のアソコなのかな??な~んていうことを考えながらこの演奏を聴いていました。  

ベト7を聴いたのは実に5~6年ぶりだったような気がしないでもないけれど、やっぱり名曲だよなぁ。  もう飽きるほど聴いた音楽のはずなのに、こうして久しぶりに取り出して聴いてみると初めてこの曲を聴いた時と同じような感動を味わうことができます。

かつて読んだものの本にこんなロマン・ロランの言葉が紹介されていたのを思い出して、我が家の本棚を必死に漁ってしまいました。

この曲は泥酔者の作であると言われている。  巨大な哄笑を伴う激情の興奮と、惑乱する諧謔の閃き、思いもよらぬ恍惚悦楽の態。  それはまったく酩酊せる人の作である。  力と天才とに陶酔する人の作である。  自ら「自分は美酒を人類のために捧げるバッカス(お酒の神様)である。  人に神聖な熱狂を与えるものは自分である。」と称した人の作品である。







何ともまあ自意識過剰な・・・・。  




ま、でも難しい言葉の羅列はともかくとして、ベートーヴェンの交響曲作品の中でも1、2を争う名曲だと KiKi は思っています。  何て言うか生命力に満ち溢れた音楽だと思うんですよね~。  個人的に好きなのは第2楽章。  「不滅のアレグレット」と呼ばれているらしいけれど、本当に不滅だと思えちゃうんですよね~、これが。  又、KiKi の大好きなワーグナー先生はこの曲を「舞踏の賛歌」と呼んだらしい・・・・なんていうトリビア情報まで持っているこの曲。  う~ん、やっぱりええ曲やのぉ~ 

      
スポンサーサイト
TOP
この記事に対するコメント
なんと面白いCDなんでしょう!!
こんにちは、木曽さん。  再びコメントをありがとうございます♪  また、お返事が遅くなり申し訳ありませんでした。

ご紹介していただいたページ、拝見いたしました。  なんて面白そうなCDなんでしょう!!v-411 

>ベートーヴェン・ファンから石投げられそう。

石は投げられないかもしれないけれど、眉をしかめちゃう人はひょっとしたらいるかもね(笑)  でも、KiKi はこういうご紹介はお腹を抱えて笑っちゃって、ますますクラシック音楽がいとおしく(?)なっちゃうタイプですけどねv-415

ここのところ多忙でブログ更新もコメント返信もなかなかできずにおりますが、今週末には何とか新しいエントリーをアップしたいと思っています♪ 
【2006/11/23 10:35】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]

取り上げてました
KIKIさん、こんにちは。
 >いやあ~、私はHP始めて5年過ぎましたが、
ベートーヴェンの交響曲は一度もとりあげてなかったです。

と、書きましたが、実はいちど取り上げておりました。
これです
  ↓
http://www.h2.dion.ne.jp/~kisohiro/asagohan.html

ベートーヴェン・ファンから石投げられそう。

それはそうと、いま、浜松国際ピアノコンクールの模様が、ライヴで配信されていますね。
面白いです。
http://www.hipic.jp/video_streaming.html
【2006/11/19 13:44】 URL | 木曽 #GHYvW2h6 [ 編集]

やっぱりこの部分でしたねぇ~(笑)
こんにちは、木曽さん。  コメントありがとうございます♪

早速ご紹介いただいたYou Tubeのサイトを見に行ってきました。  やっぱりね~(笑)  やっぱりココが「やるならココだろ♪」でしたね。  それにしても凄いオケだなぁ、Sオケって(笑)。

>いやあ~、私はHP始めて5年過ぎましたが、
ベートーヴェンの交響曲は一度もとりあげてなかったです。

あらら、木曽さんもそうでしたか??(笑)  別に敢えて避けているわけじゃないのに、何となく最近では聴かなくなっちゃっているんですよね~、ベートーヴェンの交響曲って ^^;  KiKi の場合、ピアノ・ソナタだったら昔も今も変わらず聴き続けているんですけどねぇ・・・・。  ホント、これからは少しずつでっちあげでもいいから(?)取り上げていかなくちゃね♪(爆)  アップアップv-446  
【2006/11/19 10:38】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]

のだめパワーはすごいもんがありますねぇ~
こんにちは、ダンベルドアさん。  コメントと TB をありがとうございます♪

のだめパワーはすごいもんがありますねぇ~。  こうやって標題ナシの素晴らしいクラシック音楽曲にスポットライトが当たるだけでも何だか背筋がぞくぞくするような喜びを感じちゃいます(笑)。

>最近はクライバーのライブでまた良さを認識しました。

クライバーのライブ!!  あれは凄い!!!  KiKi も久しぶりに聴いてみたいなぁ。

さて、本文でもご紹介したドラマ Review サイト情報によれば、今週の「のだめ」のテーマ曲はラフマニノフのPコン(第2番)&マングース着ぐるみののだめちゃんのピアニカ参加による「ラプソディー・イン・ブルー」だったみたいですね~。  マンガのように来週あたりは2台ピアノで弾くラフマニノフなんでしょうか??  これも楽しみですよね。  
【2006/11/19 10:19】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]


こんにちは。
「のだめ」ドラマ、面白いですよ。
ベト7の場面はYou Tubeで見られます。
http://www.youtube.com/watch?v=KF1TaRmzELc

>まだベートーヴェンの交響曲のご紹介をこのベト7を含めて3曲しかしていなかった

いやあ~、私はHP始めて5年過ぎましたが、
ベートーヴェンの交響曲は一度もとりあげてなかったです。
KIKIさんのエントリーに刺激されて、慌てて私もベト7の記事をでっち上げてアップしたのであります。
アップアップ。
【2006/11/18 11:14】 URL | 木曽 #GHYvW2h6 [ 編集]

ベト7は思い出の曲
こんばんは。
ベト7は高校の頃「表題のついていないベートーヴェンの曲ってどうなんだろう」と思って初めてFMからエアチェックした曲なのでその頃のこと本当に思い出します。
最近はクライバーのライブでまた良さを認識しました。
拙ブログのご紹介ありがとうございます。今週は、遅くなって帰宅したらビデオを撮るのを忘れていて見逃してしまいました。残念!
【2006/11/15 23:22】 URL | ダンベルドア #JWENFH7s [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/196-bf612f19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

のだめカンタービレ 第4話の使用曲です

 のだめカンタービレも第4話。だんだんとこの世界も違和感なく見られるようになってきました。竹中シュトレーゼマンを含めて。これって慣れてきたってことでしょうか。 ★ 音楽と季節の記♪ ☆【2006/11/15 23:25】
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。