落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
ワーグナー ニーベルングの指環「神々の黄昏」 バレンボイム盤
さて、公約どおり本日は KiKi のだ~い好きなリング、しかも待ちに待ったバレンボイム盤の最終章「神々の黄昏」のDVD鑑賞としゃれこみたいと思います。  今年の KiKi のクラシック音楽関連DVD購入の目玉とも言うべきこの4本。  ついに完結いたしました~!!!  DVDラックにどどど~んと並んだリングを前にニタニタ笑っている KiKi って客観的に眺めてみると不気味だろうなぁ・・・・ ^^;

ワーグナー ニーベルングの指環「神々の黄昏」 バレンボイム盤
Warner WPBS-90211/2 演奏:バレンボイム(指揮) & バイロイト祝祭管弦楽団 収録:1991年6,7月(@バイロイト祝祭劇場)

Gotterdammerung_Barenboim.jpg


ジークフリート:  ジークフリート・イェルザレム
グンター:     ボード・ブリンクマン
ハーゲン:     フィリップ・カン
アルベリヒ:    ギュンター・フォン・カンネン
ブリュンヒルデ:  アン・エヴァンス
グートルーネ:   エヴァ=マリア・ブントシュー
ヴァルトラウテ:  ヴァルトラウト・マイアー
演出:       ハリー・クプファー




まずは冒頭の3人のノルンのヴィジュアルにびっくり仰天!(笑)です。  まさか「リング」の世界観と「千と千尋の神隠し」の世界観がリンクしているとはさすがの KiKi も想像できませんでした。  だって、3人のノルンの風貌はまさに「千と千尋の神隠し」のカオナシさんみたいなんですよ!! (↓ こんな感じ)

chihiro014.jpg


しかもそのカオナシさんが1人だけじゃなくて3人もいるからそのインパクトたるや絶大!なんですよ。  で、その3人が樅の木や岩で運命の綱をよっているのかと思いきや、あたかも昔のTVアンテナみたいなのに綱を引っ掛けて過去・現在・未来を語り始めちゃうんです。  正直なところこの素晴らしい音楽の世界に没頭する前に「あのTVアンテナみたいなものはいったい何ぞや??」という疑問で頭がいっぱいになってしまいました(笑)。

ブリュンヒルデの岩山で二人がゴロゴロしているのはこの演出ならさもありなん・・・・とほとんど抵抗なく観ていることができたのですが、カオナシさんに引き続き KiKi がびっくり仰天しちゃったのは、ギービヒ家にたどり着いた直後のジークフリートのお行儀(?)です。

初めて訪ねた他人の家で、挨拶さえしていないっていうのにゴロゴロ寝転ぶとは何事ですか?? 

挙句、最初の挨拶の言葉が「ライン地方に隠れもない勇者グンター、私と一戦に及ぶか、それとも友となるか、どちらを選ばれる?」ときたもんだ。  いくら愛すべき可愛い無鉄砲なお馬鹿さんとは言え、この非常識極まりない言動に思わず口がアングリとあいちゃった KiKi なのでした(爆)。

それにしても・・・・これだけ寝転ぶのが好きな演出だというのに、ラインの黄金でヴォータン初登場の場面(ヴァルハラ完成間際)ではト書き的には寝ていなくちゃいけなかったはずのヴォータンがすっくと仁王立ちしていたのは何でだったんだろ????  どうやら KiKi にとってバレンボイム盤鑑賞はDVDよりもCDの方がいいみたいです。  (もっともこのDVDはドルビー 5.1Ch で再生できるから、音的にはCDよりもDVDの方が勝っているんですけどね♪)

まあ、ゴロゴロ寝転ぶことに関するコメントはこれくらいにしておいて、別の演出面の不思議についていくつか触れておきたいと思います。

ト書きをまったく無視したという点でかなり致命的に KiKi には思えてしまうのがジークフリートが亡くなった場面。  いきなりその場にはいないはずのヴォータンとブリュンヒルデが愕然とした風情で登場します。  これは KiKi にはちょっと許せない!!  ジークフリートとの対決に敗れた後のヴォータンは人間世界をウロウロなんてしてちゃいけません!!  確かに彼はヴァルハラで何もかもを見据えていて、ジークフリートの死を愕然と受け入れるしかなかったんだとは思うけれど、ヴァルハラで「黄金のりんご」を拒絶したことにより一挙に老け込みながら、そしてジークフリートによって砕かれた槍を握りしめてすべての出来事を粛々と受け入れていなくちゃいけないと思うんですよね~。  まあひょっとしたら現代のSF映画チックに本来そこにはいないはずの人物が時空を超えて・・・・てな演出なのかもしれないけれど、これはどうしてもいただけない。

ブリュンヒルデもここで出てきちゃいけません。  彼女はギービヒ家でジークフリートの亡骸に初めて対面するからこそ「類なき英雄の最期にふさわしい嘆きの声をまだ聞いていない。」という台詞が生きると KiKi は思うんですよね~。  そして彼の最期の嘆きの声=ジークフリートの遺言をしっかりと受け止めたからこそ、彼女は自己犠牲という行動をとったと解釈している KiKi としては、ジークフリートの死の場面でブリュンヒルデに絶望なんてしていてほしくない!(笑)

そしてもう1つ。  こちらはさほど否定的には捉えていないんだけど、やっぱりちょっと???だったのはヴァルハラが炎上し、ライン川に呑み込まれた後、舞台に何人かの現代風男女が登場しワイングラスやらビアマグやらコーヒーカップやらを片手にテレビを見ているという演出です。  神々の終焉という超がつくような大事件をテレビで見ている現代人というのは、現代文明そのものに対する皮肉だとは思うんだけど、やっぱり若干の抵抗があるんだよなぁ。  (このシーンを観てようやくノルンの場面のアレがやっぱりTVのアンテナだったと確信できるのですが・・・・ ^^;)  

もっともクプファーさんの演出意図としては恐らく「神々の世界が終わって人間の時代になったけれどそれで万々歳ということではない。」というような主張があるんだと思うんですけどね。  神々のあとを引き継いだはずの現代の人間は所詮この出来事をテレビで観て他人事みたいな気分でいるけれど(ここで恐らくは舞台を観ているということとテレビを観ているということを同義に捉えている?)それでいいの??みたいな・・・・。

最後の最後、幕が降りてくる直前に二人の子供(男の子と女の子)が手をつないで懐中電灯で先を照らしながら歩いているシーンは恐らくは現代文明社会をある面では否定していて、これからの人間は暗中模索状態であっても、もう一度別の道を探っていかなくちゃいけないんじゃないか?というメッセージが込められているんじゃないかと思うんですよね。  特に KiKi にそう感じさせたのはこの子供たちが舞台左端にいるアルベリヒ(らしき男)を一瞬だけ懐中電灯で照らすんだけど、それを即座にやめて彼がいる方向とは反対方向に進んでいくという演出があったからなんですよね~。  ニーベルングの(≒アルベリヒの)指環が象徴していた力と富という価値観を即座に否定しているっていうことなんじゃないかと・・・・・。

そして下りてくる幕がちょっとギロチンみたいに斜めになっているのも何かのメッセージなのかもしれません。




う~ん。  まあ、演出家が舞台で何かを語りたいというのは、これは演出家の性みたいなものなんだろうし、演出家の存在意義でもあるわけだし、さらには舞台というのはある面では聴衆に何らかのメッセージを発するものだというのもわかってはいるんだけど、KiKi はどうもそういうある種の「押し付け」みたいなものに反発を覚えてしまう天邪鬼みたいです。  ト書きにないことを色々やられると、何となく馬鹿にされているような気分がするというか・・・・・ ^^;  特にこの楽劇のように小細工なしでも多くの命題が最初から含まれている物語の場合はねぇ~ ^^;  

バレンボイムの演奏は相変わらず雄弁だし、イェルザレムも絶好調。  アン・エヴァンスは頑張っているけれどそこそこという評価には変化なし。  ギービヒ家ご一行(グンター、グートルーネ、ハーゲン)は歌には文句ないんだけどちょっと品がないかな。  何だか禁酒法時代のシカゴみたいな雰囲気だし(笑)。

さてこれにて、バレンボイム盤の Review は終了です。  次はどんなリングのDVDを買おうかな
  
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
この記事に対するコメント
今度は大丈夫♪
こんにちは、ようちゃんさん。  再コメントをありがとうございます♪

おお!!  今回は無事に表示されました!!!  前回は何がいけなかったんだろ????  謎は深まるばかりです(笑)  ま、いずれにしろ「結果よければすべてよし♪」ということで・・・・ ^^;

今日はこれから休日出勤しなくちゃいけないし、明日は朝から博多に飛ばなくちゃいけないので今週末にでもじ~っくりと聴かせていただきますね♪  いずれにしろご紹介いただきありがとうございました。
【2006/11/23 10:54】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]

神々の黄昏
KiKiさん、再コメントが遅くなりました。
もう一度、トラックバック送ってみました。今度はどうでしょうか。
もし、届かない場合は、私のBlogの別サイトなので、そのURLから辿ってみてください。Subject名は、神々の黄昏です。
http://bratsche.music.coocan.jp/blog
【2006/11/22 10:14】 URL | ようちゃん #7E2POfTA [ 編集]

同じく保守的(?)なわたし・・・・
こんにちは、yokochan さん。  コメントありがとうございます♪  本当にお久しぶりですね。  私も yokochan さんのサイトは欠かさずチェックしているのですが、拝読させていただくのが精一杯ですっかりご無沙汰してしまってROMに徹してしまっております。

>何て保守的な私でしょうか(笑)

KiKi もですぅ~ ^^;  リングって確かに多くの命題がそのシナリオの中に盛り込まれていると思うし、私たち現代人がこれを観た時に我が身を振り返って「環境破壊問題」や「資本主義とは何ぞや?」な~んていうことをじ~っくりと考えてみるに相応しい題材だとは思うけれど、それを演出で見せつけられることに抵抗を感じずにはいられない・・・・というか。  それでは何のためにこの物語の登場人物たちが「神話世界コスチューム」を纏っているのかがわからなくなってしまうような気がするのですよ。

これはマスコミ報道に対して感じる胡散臭さとちょっと似ている感覚なのかもしれません。  ましてワーグナーの世界は歴史の中で不幸な利用のされ方をしてきただけに、その想いが格別に頭をもたげちゃう・・・という部分もあるのかもしれません(笑)。 

もっとも演出についてあれこれ言いたくなるオペラという意味ではこの「リング」はかなり特異な作品だと思うんですよね。  正直なところ「ラ・トラヴィアータ」や「カルメン」や「トスカ」みたいな作品ではこんな風に演出にとやかく言う気分にはほとんどなったことがありませんから(爆)。       
【2006/11/19 10:12】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]

あらら?? TBが~???
こんにちは、ようちゃんさん。  コメントありがとうございます♪  お返事が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

神々の黄昏を演奏なさったことがあるとのこと。  素晴らしい!!!  是非聴きたい♪、絶対聴きたい♪と思ったのですが、あれれ??  TBが見当たらない?????  色々送信制限をかけてあったのを解除して、サイトオーナーの承認後表示だけにしたつもりだったのに、まだダメっていうことなのでしょうか???  う~ん、困りました。  どうもよくわからなくなってきてしまいました。  どのアドレスを見に行けばいいのかお手数ですがもう一度ご連絡いただけませんか??  

お返事が遅くなってしまったにもかかわらず、こんな「お願いコメント」で本当に申し訳ありません。  
【2006/11/19 09:51】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]

語りすぎの演出
kikiさん、こんばんは。しばらくでした。
ついにクプファー・リング完結ですね。この演出は全部見てませんが、BSで放送されビデオに録画してありまして、今せっせとDVD化しております。つまみ視聴した印象は、kikiさんと同じです。「何それ、そんなん書いてないよ」って感じ。環境破壊や資本主義の壊滅など、諸問題をいっしょくたにして、ムリムリにリングに突っ込んでしまったの感ありですよ。レーザー光線の多用も落ち着かないです。
何て保守的な私でしょうか(笑)
パトリス・シェローの革新的リングが出たときに、メディアは「シュロー何をする!」(ハーゲン何をする、何をしたのだ)と怒りをぶちまけました。メトの伝統的演出では、ちょっとユルイし・・・、私の理想は見たことないヴィーラント演出の能舞台のようなものかもしれません。
長々と失礼しました。
【2006/11/18 00:59】 URL | yokochan #- [ 編集]

アマチュアの演奏
こんにちは。
バレンボイムのCD、私も買いました。DVDはお金がないので、まだ買えません。DVDも欲しいです。
ところで、神々の黄昏の一部分、実は、私、演奏したことがあるのです。
トラックバックを送りしますので、お時間のある時に、またアマチュアの演奏も聴いてみるかと思った時に、聴いて見てください。
一応、アクセス制限を掛けていますが、パスワード等は、ワグネリアンの方には、簡単です。文字は、ドイツ語(でもウムラウトは使っていません)で大文字、小文字の区別があります。
【2006/11/13 13:38】 URL | ようちゃん #7E2POfTA [ 編集]

クプファー演出
こんにちは、Niklaus Vogel さん。  こちらにもコメントありがとうございます♪

どうも KiKi はクプファーさんの演出とはところどころで趣味があわないようなのですが、「彼の主張は何だろう?」ということを考えていたら、↑のような結論に至りました。  ま、KiKi なりのかなり手前勝手な解釈ですけどね(笑)

この物語ってある意味ではワーグナーの時代の人たちというよりは、現代の私たちにこそ問いけかけているテーマがぎっしりとつまっているような気がするんですよね~。  環境破壊しかり、拝金主義しかり、資本家と労働者という社会構図しかり・・・・。  でも物質文明に冒されちゃっている私たちは観念的にはそれを理解しているんだけど、結局 Action Plan は持っていなくて、どこか他人事として眺めているだけ・・・・・。  本当にこのままでいいの?と KiKi 自身が思っていたりするので、こんな風な感想になっちゃいました ^^;

後日、1日 Max. 5件ルールを守って是非このエントリーもトラコミュ「リヒャルト・ワーグナー」にTBさせていただきますね♪
【2006/11/12 16:08】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]

クプファーの「黄昏」
KiKiさん、たびたびお邪魔いたしますm(_ _)m
この映像はかつてLDで1回観ただけですが、これを拝読しながら「そういう意図だったんだ!」、「なるほど、なるほど!」などと目から鱗が落ちる思いでした。

> 神々の終焉という超がつくような大事件をテレビで見ている現代人というのは、現代文明そのものに対する皮肉だとは思うんだけど

この場面は今でもしっかり思い出すことができます。この大事を前にして、ある意味で無関心な現代人…「自分もそうではないか?!」と背筋が寒くなり鳥肌がたちました。

このすばらしいレビューも是々非々トラコミュ「リヒャルト・ワーグナー」へ!m(_ _)m
【2006/11/12 15:55】 URL | Niklaus Vogel #- [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/195-911ae5ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

神々の黄昏-Götterdämmerung

実は、私、クシック音楽好き。アマチュア・オケでViolaを弾いています。 本当は... Notizbuch【2006/11/22 10:10】
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。