落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
ドヴォルザーク ピアノ五重奏曲 Op. 81
3連休最終日。  ただでさえ何とはなしに気分が重苦しくなりがちな、去り行くお休みの日々への未練でいっぱいなところへもってきて、ますます KiKi の気分を落ち込ませる出来事が連発した今日。  う~ん、今日は厄日か何かなんだろうか???  

明るいだけが取り柄の KiKi がどよよ~んと落ち込んじゃった原因 Part 1 は、どうやら我が家の防音室の蛍光灯タイプの照明器具がイカレちゃったらしい・・・・ということ。  当初は電球切れかと思ったので、蛍光灯を買ってきたのですが交換してもこれが点かないのですよぉ~   で、屋根からぶら下がっている照明器具を取り付ける四角いプラスチックの部分をカチャカチャやっていたら火花が飛んでびっくり仰天!!   こわいよぉ~。  照明器具を付け替えるとなると、防音工事屋さんを呼ばなくちゃいけなくなっちゃうし、年も押迫ってきたというのになんてことでしょう!!

落ち込んじゃった原因 Part 2 は、ただでさえこれから出費がかさみそうだというのにこのタイミングで我が家のHDD付DVDレコーダーがどうやらイカレちゃったらしい・・・・ということ。  KiKi は NHK BS の番組をガンガン録画してはDVDを作っているんだけど、どうやら酷使しずぎちゃったみたい・・・・ ^^;  ああ、こんなんで KiKi は無事に年を越すことができるんだろうか????  まさか自分へのクリスマス・プレゼントが照明器具 & HDD付DVDレコーダーになるな~んていうことにはならない・・・・・よね??  

お願い、誰か違うと言って~!!

ま、そんな気分を払拭するために(というわけじゃないけれど)、ロマンチックな音楽を聴きたくなりました。  てなわけで今日の KiKi の1曲はこちらです。

ドヴォルザーク ピアノ五重奏曲 Op. 81
PHILIPS UCCP-9545/8 演奏:コヴァセヴィチ(p)、ベルリン・フィルハーモニー八重奏団員 録音:1972年12月

P1010012b.jpg



この曲は大好きなんですよね~。  ドヴォルザークらしい旋律美に溢れていて、親しみやすいうえにと~ってもロマンチック  メランコリックな気分と幸福感の絶妙なブレンド具合。  ゆったりとした叙情性で人を惹きつけたかと思えば、生き生きとしたリズミカルな音楽で思わず体をゆすりたくなる衝動に・・・・と、およそ音楽鑑賞をしていて味わうことになるありとあらゆる楽しみをぜ~んぶ楽しめちゃうような音楽です。  また、ピアノと弦の絡み合いの妙も絶品なんですよね~、これが。

第1楽章:アレグロ・マ・ノン・タント
軽やかなピアノ、そして厳かなチェロがロマンティックな主題を奏でます。  そして、リズミカルに登場するのがヴィオラ。  ね、この楽器編成(楽曲編成?)を聴いただけで、どうして KiKi がこの曲がだ~い好きなのか、常連さんだったらピ~ンときちゃうでしょ(笑)。  ロマンと憂愁が交錯しているうちに、壮麗なクライマックスに突入!  いんや~、ドラマティック

第2楽章:アンダンテ・コン・モート
ドゥムカなのです。  ちょっぴり悲しげな部分と情熱的な部分が交錯するのであります。  静と動の対比がと~っても美しいのです。  はふぅ・・・なのです。

第3楽章:スケルツォ、フリアント、モルト・ヴィヴァーチェ
上記3つの部分から構成されています。  穏やかな中間部がとっても素敵♪

第4楽章:アレグロ
とっても健康的(?)な音楽っていう感じ。  中間部にあるフーガがまた素晴らしいんですよね~。  力強くドラマティックなフィナーレを迎えます。

そうそう、ものの本によればピアノ五重奏曲の世界には5大名曲と呼ばれるものがあるのだそうです。  因みにそれは

* シューベルトの「鱒」
* シューマンのP5
* ブラームスのP5
* フランクのP5
そして、このドヴォルザークのP5

 

なのだそうです。  こうやって羅列してみると、どれもこれも KiKi の大好きな曲ばかり。  でもね、ちょっとだけ不満なんだよなぁ。  

どうして5大名曲の中に KiKi の無人島への1枚、フォーレのP5が入っていないんだぁ!!


  
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
この記事に対するコメント
三大○○、五大△△
こんにちは、ピカルディの三度TH さん。  コメントありがとうございます♪

確かに仰るとおり、三大○○とか五大△△っていうやつは何がホントで何がホントじゃないか、よくわからないところがありますよね。  まあ、KiKi は二人以上の人が同意する意見に関してはある程度拝聴させていただくことにしているのですが、時に自分にとっての三大○○とか五大△△はチト違う・・・・などと心ひそかに思ったりしています(笑)。

>ちなみにドイツ3B大作曲家に異論はないとしても・・・・

まさに!です。  こればかりは KiKi にも異論はありませんね~。  まあ、でも本質としては「三大だから何?? (So what?)」っていうことなのかもしれませんけれどね (^o^)v
【2006/11/11 16:40】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]

ピアノ五重奏曲
こんにちは。いつも楽しく拝読しております。
5大名曲ってちょっと疑問です(笑)。シューマン、ブラームス、ドボルザークを3大名曲というのをどっかで聞いたことがありますけどね。
シベリウスのも、楽章によっては名曲だと思います。
ちなみにドイツ3B大作曲家に異論はないとしても、3大バイオリン協奏曲が何なのかを僕は未だに知りません。人によって言うことが違う。メンデルスゾーン、チャイコ、ブラームス、ベートーベンあたりらしいのですが。
ま、そんなものなのでしょうか。深く考えないようにしてます(笑)。
【2006/11/08 01:38】 URL | ピカルディの三度TH #- [ 編集]

フォーレのP5
こんばんは、garjyu さん。  コメントありがとうございます♪

そうですよね~、これは KiKi じゃなくても異を唱えたくなるリストですよね~(笑)。  ま、ジャーマン派の暗躍とも見て取れるような気もすれば、フォーレの認知度の低さとも見て取れるのかもしれませんが・・・・。  確かにフォーレってある時期までは「知る人ぞ知る」みたいな扱いだったと言えなくもないかもしれませんし(笑)

ま、別にリストされていた曲がダメっていうことじゃないから仕方ないのかもしれませんけれどね♪
【2006/11/07 23:34】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]

フォーレのピアノ5重奏曲
KiKiさん、こんばんは。
これはKiKiさんでなくても異を唱えたくなりますねえ。
なんとなくジャーマン派の暗躍が見られなくもないですが、《鱒》とか編成違っとるではないですか。後はショスタコも入れておきましょうか。
まあ、全部良い曲なのは認めるけれど・・。
【2006/11/05 20:40】 URL | garjyu #4A9T8td. [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/193-f7db0e12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。