落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第30番 Op. 109
今日は久しぶりにベートーヴェンのピアノ・ソナタの CD を聴いてみようと思います。  実は KiKi のクラシック音楽 CD コレクションはこのベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集の買い漁りから始まったんですよね。  アマチュアながらピアノ弾きの KiKi のライフ・ワーク(というより夢)は死ぬまでに全てのベートーヴェンのピアノ・ソナタを1回は弾いてみるという壮大かつ無謀なもの(笑)。  まあ、今の感じからすると全部は到底無理っぽいし、ハンマー・クラーヴィアなんかは今のうちに弾けるものなら弾いておかないことには、もっと歳をとったらしんどくて最後まで行き着く前にこっちが「さようなら~」となっちゃうんじゃないかと思われるのですが・・・・ ^^;

で、凡そ今までに発売されたベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集は1度は我が家の CD ラックに並んだことがあるんじゃないかしら・・・・と思うほど何セットも何セットも買い集めてきたわけですが、今でも手元に残してあるのはわずかに5セット。  EMI のハイドシェク(これを何故残してあるのか自分でもよくわからない)、DECCA のバックハウス、NAXOS のヤンドゥー、PHILIPS のアラウ、そして SONY Classical の横山幸雄です。  ところがこの中の SONY Classical 横山幸雄の演奏は実は1度も聴いたことがなかったりするんですよね~(笑)。  要は購入しただけでず~っとラックの飾り物と化していたのです。

横山幸雄さんは一時期「後援会」なるものに入って KiKi も応援していたのですが、実はこの CD の発売の契機となった(?)「ベートーヴェン12会」という演奏会のチケットを無理やり買わされそうになって「後援会」から足を洗ってしまったなんていう曰くのあるピアニストです。  (横山さん批判ではありません。  念のため ^^; )  でも、彼の弾くベートーヴェンには興味があったので、この CD が発売されるや否やとりあえず購入だけはしておいたものの、その出来事のトラウマが残っていた(?)ことと、ベートーヴェンのピアノ・ソナタの鑑賞にちょっと飽きていたということ、更には KiKi にとってベートーヴェンピアノ・ソナタのスタンダードがアラウで、たまにベートーヴェンのピアノ・ソナタが聴きたくなるとどうしても手が伸びるのが手近なところに置いてあるアラウのものになってしまうということが重なってず~っと機会を逸していました。

でも昨日のマーラー同様、せっかくこういう Blog を立ち上げたので手付かずだったこの CD を聴いてみようと思い立ちました。  で、KiKi にとってベートーヴェン ピアノ・ソナタ全集の最初の1曲は、はっきりと決まっていてこの第30番(Op. 109)なのです。

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第30番 Op. 109
SONY Classical 506134 2 演奏:横山幸雄(p) 録音:1998年か1999年(ちょっと不明)

CD5_2.jpg



感想は・・・・。  う~ん、何とも言えません。  悪くはないと思います。  でもね、何て言うかやっぱり「若弾き」っていう感じがするんですよね。  横山さん特有のピアニズムは健在でとっても美しい演奏だと思うんだけど、心にひっかかってくるものが少ないって言うか・・・・。  この曲の持つ叙情性はかなり鄙びたものだと思うんだけど、その鄙びた感じがちょっと違うと言うか・・・・。  言ってみれば年輪を重ねた人が日向ぼっこか何かをしながらまだ若くてキラキラしていた時期を淡々と思い出しているような風情がないと言うか・・・・。

賛否両論あると思うんだけど、そこへ行くとアラウ特有のルバートはそのあたりをすご~く品良く表していると思うんですよね。  KiKi はアラウのこの曲の演奏を聴いているとかすかな胸の痛みと共に、諦念にも似た感情がわきあがって来るんだけど、そういう「何か」に欠ける演奏のように感じました。

・・・・と言う事で結局、馴染みのアラウの CD を引っ張り出して聴いてしまいました。  やっぱりこっちの方が KiKi にとっては居心地がいいみたい(笑)  (ついでに言うと、KiKi がベートーヴェンのピアノソナタ全集を購入した場合、とりあえず聴いてみる曲の2番目は31番 Op. 110 で3番目は32番 Op. 111 なんだけど、このアラウの CD にはこれらの曲が続けて入っているのが Good! です。)

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第30番 Op. 109
PHILIPS 432 317-2 演奏:クラウディオ・アラウ(p) 録音:1965年11月

CD4_2.jpg


もっともこうやってここまでの自分の記事を見ていて感じるのは、どうも KiKi は80年代くらいまでの演奏が好きみたい。  つまりそれはある意味で自分の感性がもっと鋭かった頃に、初めて聴いて感動した音楽に偏っている傾向があるっていうことか、もしくはそれなりの年月をかけてコレクションしてきた CD たちであるうえに、レギュラー・プライスものを避けてきているので、必然的にそのあたりの録音のものが多いというだけのことなのかもしれません。  ひょっとしたら郷愁に近い感情が手伝っているということもあるのかもしれないなぁ。


追記: 管理人 KiKiの別Blog 「落ちこぼれ会計人の独り言」に「毎週モーツァルト」というカテゴリーがあります。  こちらは NHK の番組「毎日モーツァルト」でその週に紹介された音楽について KiKi の手持ちの CD を聴いて、雑文を書いています。  興味のある方は是非お立ち寄りください。漣


スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/19-905a3deb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。