落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
マーラー 交響曲第6番 「悲劇的」
さて、アバド & ルツェルン管演奏会の興奮未だ冷めやらず・・・・の KiKi ですが、こうなってくると残念なことに聴くことができなかったマーラーの演奏会やら室内楽の演奏会やらの音楽をあれやこれやと想像(というよりは妄想?)せずにはいられません。  で、結果としてどうなるかと言えば自宅に持っているCDでそれらの曲を聴きまくるという何とも情けない行動に走ってしまうんですよね~ ^^;  自宅にあるCDと彼らの奏でる音楽世界は別物であること、手持ちのCDを聴けばその演奏にある面では振り回されちゃって妄想の妨げになることは百も承知の上です(笑)。  ま、そんなこんなで今日の KiKi の1曲はこちらです。

マーラー 交響曲第6番 「悲劇的」
Sony CSCR 8401~4 演奏:バーンスタイン指揮 & ニューヨーク・フィルハーモニック 録音:1967年5月

(ごめんなさい。  今日のエントリーには画像ナシです。)

このCDはね、バーンスタイン追悼特別限定盤として発売されたもので、発売当時に購入したくてたまらなかったんだけど、24,000円という値段にびびっちゃって買えずにいて、それから何年も経ったある日、自宅近くのブックオフで偶然見つけちゃって、思わず衝動買いしちゃったというなかなか思い出深い CD Boxなのですよ。  個人的にはバーンスタインのマーラーには若い頃はメチャクチャ感銘を受け(というより圧倒され)たものの、歳を経るにつれて少しずつ遠ざかり気味の KiKi だったんだけど、これはやはり記念盤として持っておく価値があるかな・・・・・と。  ま、てなわけで現在では我が家のとってもちっちゃなCD棚でどど~んと存在感を主張しているCD Boxの1つとなっております。

    
思い起こせば KiKi がマーラーの音楽と最初に触れることになったのは偏にバーンスタイン様のおかげでした。  ピアノ曲から入った KiKi の音楽遍歴の中で、交響曲 & 管弦楽曲メインの(というかピアノレッスンのカリキュラムに出てこない)作曲家の作品に出会ったのはかなり遅めで、たまたま KiKi がマーラーに興味を持ったころにはマーラーと言えばバーンスタインみたいな雰囲気があってねぇ・・・・。  マーラーの何たるかを知らなかった(今も知っているとは言い難い部分もなきにしもあらずだけど)当時の KiKi は人に薦められるままにマーラーの交響曲はバーンスタインが指揮するものを意識的に選んで聴いていました。  

この曲を生まれて初めて聴いたときの KiKi の感想は「打楽器のやたら目立つ曲だなぁ」というものでした。  もちろん当時はDVDなんていうものはなかったし、音楽ビデオな~んていうものも今ほどは充実していなかったから耳からだけの情報でいろいろなことを判断するわけだけど、バッハ - ハイドン - モーツァルト - ベートーヴェン - シューベルトといういわゆる王道中の王道を歩んできた KiKi にとってティンパニーやらシンバルやらグロッケンやら太鼓やらドラ(?)やらハンマーやらカウベルやらの音がドンガラドンドンと鳴り響き入り混じっているマーラーのこの音楽は異色も異色、びっくり仰天させてくれるのに充分でした。

ただでさえ打楽器の音で派手さは炸裂しているところへもってきて、今ならわかるバーンスタイン独特の芝居っ気というか、スペシャル・思い入れ注入型の演奏に慣らされてしまって、これがスタンダードになってしまった関係で、ほんの数年前まではバーンスタイン以外のマーラーはどうにもこうにも「ながら聴き」しかできない体質になっちゃってねぇ・・・ ^^;  でも、そんな KiKi のマーラー感を覆してくれたのが、都響の定期演奏会でベルティーニ指揮のマーラーの実演に接したことが大きかったように思います。  もっともあの演奏も最初に接したのがCDだったら今ほど開眼できたかどうか不明なんですけどね。

ま、それはともかくとして、今日は本当に久しぶりのバーンスタイン - NYP の演奏です。  第1楽章と第2楽章は相変わらずドドド~ンとこちらの状況にはお構いなしにグイグイ押し込んでくるような(だからといって決して不快ではないんだけど)、かなり押しの強い音楽です。  でも第3楽章のアンダンテ・モデラートは夢見るような牧歌で美しい♪  もっとも、今の KiKi の好みとしてはバーンスタイン様のこの歌い方は理解はできるんだけど、何かがちょっと違うように感じちゃうんですよね~・・・・・ ^^;  要は自分がハミングするとバーンスタイン様のこの歌とは絶対に合わない・・・・っていう感じ。  (KiKi はピアノ曲の曲想をつける際にまずハミングで歌ってみる習慣があるので、その自分のハミングと合う、合わないは結構大事な要素だったりするんです。)  

フィナーレ冒頭のちょっと神秘的・・・・というか内省的な雰囲気はあっという間に闘争本能むき出しみたいな音楽にとって変わられちゃって、時々は序奏部を回想しても、その回想を終えるとそれを明日へのエネルギーに転化でもしちゃったかのようにどんどん劇性が増していくあたり、何ともユダヤ的というか、米国的というか・・・・。  う~ん、やっぱり NYP の演奏だよね~って思わずにはいられません(笑)。

以前このエントリーにも書いたことだけど、KiKi はマーラーの音楽って、ものすご~く高貴な精神とど~しようもない俗っぽさが常に隣り合わせの不思議な音楽だと思っているわけですが、その性格ってある意味ではとってもアメリカ的な特質だと思うんですよね。  

う~ん、やっぱりアバド & ルツェルン管のマーラーを聴いておきたかったなぁ。  近日中にどこかのTVで放映してくれないものかしら???

    
スポンサーサイト
TOP
この記事に対するコメント
本当に素晴らしい音楽体験だったのですね?!
こんにちは、yokochan さん。  コメントありがとうございます♪

本当に今回の演奏会のマーラーは素晴らしい(言葉にするとあまりにも陳腐ですが・・・・ ^^;)ものだったのですね。  ホント、行けなかった身としては羨ましい限りです(笑)。

今回聴いた演奏は KiKi としてはかなり馴染んだもので、若かりし頃にはものすご~く感銘を受けたものですが、今の年齢の KiKi にはちょっとコッテリしすぎの感もなきにしもあらず・・・・。  あ、だからといってダメということではないんですけどね。  このCDを聴くと何となく「マーラーって若者のための音楽だなぁ。」と思ってしまうのです。  
【2006/10/25 07:00】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]


こんばんは。先だってのアバドの演奏を聴いて以来、マーラーの6番はあの時の演奏しか受付ない気がしてます。こんなこと言うと、その場にい合せなかった方に自慢たらたらになってしまい申し訳ありませんが、それほどすごい演奏だったのですよ。
 実は私のマーラー6番も、バーンスタインとNYPOでして、FM放送をエアチェックして繰り返し聴きました。その後同曲で、始めて買ったレコードはアバドとシカゴのもので、エアチェックと本格レコードとのあまりの音の違いのみで、アバドが最高になりました。
 今の自分としては?成熟した耳からすると、バーンスタインの同曲は、そののめり方からしては、旧録音が素晴らしく、その対極として、アバドのアプローチは、マーラーのしがらみを一切廃した純音楽的な客観的なもの、との認識でした。

今回のコンサートにおけるアバドとルツェルンのものは、そんな次元とはまた異なるアナザー・ステージにありました。言葉にするのが極めて難しいのですが、音楽を喜びを持って受容しつつ、演奏する側、聴く側も一緒くたにその喜びに巻き込んでしまう。というものでした。
マーラーの音楽は、その一媒体に過ぎないのではないか!という感じでした。

なんだか、すいません。つい感極まって書いてしまいました。稀有の出来事だったものですから。
【2006/10/23 23:11】 URL | yokochan #- [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/186-893ceeb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。