落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
アバド、ポリーニ & ルツェルン管 演奏会レポート2
さて、案外退屈しなかったと仰ったお社長さまは放っておいて(?)、休憩時間っていうのは KiKi は結構忙しいんです!!  何せ、♀の化粧室の混み方は半端じゃないんですから!!!  しかも多くの女性は用を足すだけじゃなくて、幕間にわざわざお化粧直しな~んていうことをするんですよね。  それが♀のたしなみっていうものなのかもしれませんが、誰かと向かい合って話をするわけじゃなし、ステージの上のハンサム・ボーイ(もしもいたとすれば)からは客席側の個々人の顔が識別できるわけじゃなし、何かをホワイエで食した後ならいざ知らず、何でああいうことを皆さん真剣になさるんでしょうか????  ま、いいんですけど(苦笑)

そんなこんなで異様にごったがえしている化粧室から出ると、ほっと一息です。  でも落ち着いてよ~く考えてみると、この時間帯に社長を1人で放っておいちゃいけなかったような・・・・・。  ホワイエあたりで外人連中につかまっていたらどうしよう ^^; と大急ぎでお姿を探しました。  でもね、どこにも見当たらないんですよね~、これが・・・・・。  あれ??  案外退屈はしなかったけれど、さすがにさらに続く1時間は辛そうで、そそくさと帰っちゃったのかしら?????

と、思ったら喫煙所でお姿を発見。  くどいくらい何回も「退屈しなかった」を繰り返していらっしゃいました。  良かった、良かった♪  後半のプログラム、恐らく KiKi は仮に社長が居眠りを始めてしまったとしても気がつかないだろうから、できればこの後も自己責任でよろしくお願いいたします(笑)。

さて次のプログラムはブルックナーです。  ブルコンでこのオケの魅力にKOされたっぽい KiKi にとって、これはものすご~く期待しちゃいます♪  で、ちょっとウキウキしていたら、KiKi の右隣の席の取引先の役員さんが、遠慮がちに声をかけていらっしゃいました。

「ここ、何度か来た事あるんですか??」
「ええ、何度かは。  いらしたこと、ありますか?」
「いや、初めてなんです。  あのオルガンの音を聴いた事がありますか??」
「ええ、何度かは。  いい音ですよ。」
「そうですか?  何の演奏のときに???」

クラシック音楽を全く聴かないわけじゃないけれど、コンサート・デビューであることをそこはかとな~くにおわせながらその方は何かと話題を振ってきます。  どうやらその方のお気に入りは「サン=サーンスの交響曲第3番 オルガン付」であるらしいことが短い会話の中で判明しました。  で、ブルックナーやワーグナー、マーラーの音楽はその長さゆえに苦手なのだそうです。  

「今日の演奏会でブルックナーが気に入るといいですね?」

と心の中でその方に語りかけていると、ステージ上にドヤドヤと楽団員たちが登場しました。  それを見ていた、これまたコンサート・デビューの社長が KiKi の耳元で囁きます。

「何か、人の数が増えたんと違うか??」
「そうですね。  ピアノも姿を消しましたしね。」
「そういえばそうやな。  あのでっかいもの、片付けるトコ、見たかったわぁ~。」

そんなある意味しょうもない会話をしていたら客席からいっせいに拍手の音が鳴り響きました。  思わずつられて KiKi も2回ほど手を叩いたのですが、よ~く見たら、それこそお手洗いにでも行っていたのか、若干遅刻気味でステージに姿を現した第1ヴァイオリンのヴァイオリニストさん登場の場面でした。  それと気がついた楽団員も客席も思わずクスッ  肝心のそのヴァイオリニストさんも茶目っ気たっぷりに控えめにご挨拶です。 うんうん、なかなかいい雰囲気です。  弊社の社長もこのシーンには大喜びです。  ちょっと緊張気味だった左右のおじ様方がほぐれたところで、マエストロ登場♪

  
さて次のプログラムはブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」です。  それにしても今回の演奏会はすごいプログラムだよなぁ・・・・。  こんな超ヘビー級のコッテリ・ステーキなみの演奏会がコンサート・デビューとは KiKi の左右の席のおじ様方にしてみれば、ラッキーなのかアン・ラッキーなのか・・・・・。  この曲が終わったあとでも「案外退屈しなかった」と言って頂けるのかどうか、ちょっと興味津々です。  

第1楽章は夜明け & 目覚めの音楽です。  しっかりとこの音楽の世界をイメージしようと思わず KiKi は眼を瞑ります。  神秘的な弦のトレモロ。  さあ次はホルンだよ♪






えっ??  (コケッ)





いや、マジで。  眼を瞑っていただけにこのインパクトは結構大きかった(笑)みたい。  漫才なんかを聞いていてコケッとなるのと同じくらいで思わず体がちょっとつんのめってしまいました ^^;  で、せっかく閉じていた眼を見開くはめに・・・・。  でもね、そこはさすがこのオケ、そしてマエストロ。  あっという間にアンサンブルがこの「コケッ」があたかも顧客サービスであったとでも言わんばかりに、素晴らしい音楽でリカバーしてくれちゃって、再び KiKi の眼は瞑られました。  大いなる自然の美が生き生きと紡がれ、八百万の神様に思わず感謝の念を捧げたくなってしまうような感じ。  ええのぅ・・・・・。  燦然たるコーラルでは何だかよくわからない力に圧倒されて半ばぼ~っとしてきてしまいました。

白眉だったのは第2楽章。  美しくも怪しげな森の散策を楽しむのですが、とにかく弦も管も文句のつけようがないんですよ。  低音好きの KiKi にとって特に感動的だったのがヴィオラ・パートの美しさです。  こんな素晴らしい「ロマンティック」をこれまでに聴いた事があったかしら??と思ってしまったぐらい。

そして狩の音楽の第3楽章。  疾走するアバド & オケっていう感じ??  でも疾走しつつも半端じゃないデュナーミクで何だかマエストロとこの名手たちに KiKi の感性を手玉に取られてコロコロ弄繰り回されちゃっている感じ(笑)。  でもね、それが決して不快じゃないんですよ。  半ばマゾヒスティックに「もっともっと手玉に取っちゃって   もう降参しちゃってます。」っていう感じ。

そして、これまた感動的な第4楽章に突入。  第4楽章が始まるのと同時に KiKi が思ったのは「ああ、終わって欲しくない!!」それだけでした。  この空間に今いる自分をそのまま冷凍保存して宇宙カプセルか何かに詰め込んで永久保存しておきたい気分。  多くのテーマやモティーフが回想されるのを聴くたびに「ダメ、ダメ!!  まだ行かないで♪」と思わずにはいられませんでした。  心なしかオケの音までもがこの瞬間に名残惜しそうに聴こえたのは気のせいだったのかしら・・・・。  オケのメンバーを1人1人じっと見つめていると、彼らがいかにこの瞬間を全身全霊で迎えているのかが見て取れ、感動指数が急上昇していきます。  

CDなんかで聴くと時にちょっと強引な感じがしないでもないこの楽章の音楽なんだけど、今日は何かが違うんです。  とにかく KiKi の心・・・・というか感覚だけは自分から離れてオケのど真ん中に飛び込んでいってそこで一緒になってこの場のこの瞬間の空気を作り上げている、そんな不思議な感覚に囚われていました。  そしてコーダへ。  何だか熱いものが体の中を駆け巡って、心が再び「ダメ、ダメ!!  まだ行っちゃダメェ~!!」と叫び始めます。  涙こそは出てこなかったけれど、鼻の奥がちょっとジンジンしてきて、ちょっと感覚マヒ状態に・・・・・ ^^;  そして、エンディング。

終わって暫くの間は終わってしまったことがよくわからない感じでした。  いや、頭ではしっかりとわかっているんだけど、まだ終わっていないような感じがしたとでも言うべきか・・・・。  いや、頭はそんなに働いていなかったから、やっぱりわかっていなかったのか・・・・。  とにかく、ふと気がついたときにはあちらこちらの席でスタンディング・オベーション  

実はね、正直なところ、KiKi はなかなか立ち上がることさえできずに周囲の立っている人たちをぼ~っと見つめていました。  あれ??  KiKi は何してたんだっけ???  ここはどこだっけ???  さっきまでいた世界とここは同じ????  ってな感じでねぇ~。  で、じわ~っと広がってくる感動をようやく消化し始めた頃になって、ようやく立ち上がることができました。

コンサート終了後、溜息山王の駅までの道のりで、社長は再び

「最初の曲より長かったけれど、やっぱり退屈はせんかったよ。  それにしても、ヴァイオリンっていうのはあんなに激しく弾くこともあるんやねぇ~。  もっとゆったりと弾く楽器かと思ってたよ。」

などとちょっと興奮気味に1人で喋り捲っていらっしゃいました。

「どうでしたか??  嵌っちゃいそうな予感はありました??(笑)。」
「いや、嵌るまではいってないけれど、案外嫌いじゃないっていうことはわかったよ。」



そうでしょうとも!!  コンサート・デビューがアバド & ルツェルン管な~んていう超豪華版で「やっぱり嫌い」なんて仰ったら、KiKi は泣いちゃうよ!(笑)  あ、でも、嫌いだと思ってくれたほうが今後も「ご招待券」のおこぼれを頂戴できる機会が増えるのかしら????(爆)

コンサートの前後&中が若干お仕事モードだったことを除けば、本当に素晴らしい演奏会でした。  これで同好の士とお喋りの1つもできれば完璧だったんですけどねぇ~ ^^;    

以上、KiKi のコンサート・レポートでした♪



追記:
このエントリーは2006年10月22日、romani さんのブログの関連記事、及び yokochan さんのブログの関連記事に TB させていただきました。




     
スポンサーサイト
TOP
この記事に対するコメント
こっちもよかったけどバイロイトはもっと♪
こんにちは、オデュッセウスさん。  コメントありがとうございます♪

>皆様の興奮が伝わってくるようで、このコンビの演奏を聴いたことがないオデュッセウスはちょっと寂しくなってしまいました。

何をおっしゃいますやら!!  もちろんこの演奏会は素晴らしかったけれど、逆に4度目のバイロイト詣でなんてそれこそ垂涎ものじゃないですか!!(笑)  KiKi なんてただでさえ憧れているばかりで行く機会を得ていないので負け惜しみで「行けなくても我慢するもん!  1人で勝手にバイロイトe-420な~んていう企画をしちゃったぐらいなんですから!(爆)  

ああ、バイロイト音楽祭のチケットがどっかから回ってこないかなぁ・・・・・。
【2006/10/23 07:14】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]


いやぁ~、kiki様や皆様の興奮が伝わってくるようで、このコンビの演奏を聴いたことがないオデュッセウスはちょっと寂しくなってしまいました。
アバドの演奏は、ベルリン・フィルとの来日公演で4度体験しましたが、1994年(多分)のマーラーの交響曲第9番を聴いた際、kiki様や皆様のような感激を味わった記憶があります。
最近はなかなか4度目のバイロイト詣でのための節約生活で、演奏会で東京まで行くことができません。招待券回ってこないかなぁ~(笑)。
また回ってくるといいですね!!
【2006/10/22 22:47】 URL | オデュッセウス #- [ 編集]

お互い、相手の感想でほっとしていたんですね~ ^^;
こんにちは、romani さん。  こちらにもコメントありがとうございます♪

>kikiさんの感想を拝読させていただいて、ほとんど同じような感性で聴いていたことがわかり、なんだかほっと致しました。(笑)

KiKi もそちらのブログにコメントさせていただいたように、romani さんと KiKiがほとんど同じような戸惑い & 満足を感じていたことを知ったときは何だかとってもほっとしました(笑)。  特に KiKi は半年以上コンサートからは離れていたので、自分の耳が悪くなったのかと最初は訝しく思っちゃったぐらいですから・・・・。 

>アバドはライブの人だということ。そして、素晴らしい聴衆と共有できた時にとんでもない感動を与えてくれるということ。

ホント、同感です。  もっとも偉大な音楽家というのはみんなそうなのかもしれませんね。  それだけに、もちろんCD鑑賞もいいんだけど、やっぱり何とか時間とお金を捻出して、いい演奏会には足を運ぶ努力が必要なんだなぁと改めて思いました。 
【2006/10/22 16:52】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]

本当にすばらしい夜でした♪
こんにちは、yokochan さん。  コメントと TB をありがとうございます♪

KiKi も当日は「この会場のどこかに yokochan さんと romani さんがいらっしゃるんだなぁ。  でも、お二人ともお顔を存じ上げないので、すれ違っても気がつかないんだよなぁ・・・・。」などと考えていました。  ホント、何かの機会にはご挨拶 & 鑑賞後のおしゃべりなどができるといいですね♪

>ここでのアバド、疲れも見せず終始にこやかに手を挙げてくれました。

少し前にTVで復活後の指揮姿を見たときにはあまりのやつれように衝撃を受けたのですが、この日遠目に拝見したマエストロはお元気そうで本当にほっとしました。  最近は KiKi にとって宝物のような音楽家の方々の訃報が多いので、今回拝見したマエストロのお姿は逆に心にぽっと火が灯るような希望を感じさせてもらい、その点でも素晴らしい一夜でした。  

【2006/10/22 16:47】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]

素晴らしかったですね・・・
おはようございます。
kikiさんの感想を拝読させていただいて、ほとんど同じような感性で聴いていたことがわかり、なんだかほっと致しました。(笑)

この日、聴いているうちに、この曲は後の大作8番を先取りしている部分が相当あることに気付きました。
久しぶりに充実したブルックナーを聴いた感じで、今でも満足感に浸っています。

もうひとつ発見したことは、アバドはライブの人だということ。そして、素晴らしい聴衆と共有できた時にとんでもない感動を与えてくれるということ。
また、行きたいです。
【2006/10/22 10:42】 URL | romani #8DRVcpnw [ 編集]

素晴らしき音楽家たち
いやぁ、ホントに素晴らしい晩でしたね。
私もkikiさんとほぼ同じ印象を持って感動の渦に揉まれておりました。私も最後の場面では<まだ、行っちゃだめ~>を心で連発してましたよ。
別れたくない、日常に戻りたくない。そんな後ろ髪を後頭部ごと引かれるような気分。
 楽屋口で、アバドを見送ったときも同じ気分です。ここでのアバド、疲れも見せず終始にこやかに手を挙げてくれました。

今回、romaniさんと、kikiさんがどっかにいるんですね。と会話してました。またの機会にご挨拶できればと存じます。
それにしても、社長さま、気に入っていただいて何よりでしたね。素晴らしき音楽家たちの力とともに、最高だった聴衆の力をも感じます。

記事内でも拙ブログご紹介ありがとうございました。TBさせていただきました。
【2006/10/22 10:14】 URL | yokochan #- [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/185-88b52661
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アバド ルツェルン祝祭管弦楽団 演奏会?

10月19日「ルツェルン・フェスティバル」の最終日。     ブラームス    さまよえる歌人日記【2006/10/22 10:03】
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。