落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
オブレヒト ミサ・カプト他
先週末の金曜日は日帰りで神戸出張でした。  当初の予定では午前10時から夕方まで会議詰めの1日ということでした。  でもまあ日程的には日帰り出張の範疇だったのでその心積もりでいたら木曜日に急遽予定が変更になり、午前9時から会議を始めるとの連絡が・・・・。  上司からは「前泊したら?」とのお言葉を頂戴したのですが、我が家にはモモちゃん(愛犬)という甘えん坊がおり、泊りがけとなるとそれなりに事前の準備が必要なんですよね~。  で、無理やり日帰りスケジュールにしたのですが、お陰で朝は4時半起きになるわ、帰京は最終新幹線になるわでなが~い1日となってしまいました。  ま、そんなこんなで昨日は久々にど~んよりとした倦怠感を抱え、非常に非生産的な1日を送ることになってしまいました。

で、一夜明けた今日もまだどことなくど~んよりとした気分を引きづり気味の KiKi。  こんな日は心鎮めるエボンの賜物ピュアな音楽が無性に聴きたくなります。  そんなことを思いつつ、CD棚を漁っていたらこのCDがふと目に留まりました。  一時期ははまりにはまって毎日のように聴いていた音楽だけど、ここ4~5年ほどはすっかりご無沙汰だったこの曲。  てなわけで KiKi が選んだ今日の1曲はこちらです。

オブレヒト ミサ・カプト 他
NAXOS 8.553210 演奏:ジェレミー・サマリー指揮 & オックスフォード・カメラータ 録音:1995年1月

Obrecht_MissaCaput.gif



このCDはね、KiKi がグレゴリアン・チャントにはまっていた時期に購入したものです。  購入の決め手になったのは帯に書かれていた以下の文言でした。

グレゴリアン・チャントの世界は好きになったし、もう少し深く古い音楽も聴いてみたいという貴方なら、この一枚はいかがでしょう。  難しい理屈は全く知らなくても、アカペラの声楽曲だけが持つピュアな美の世界に浸れます。  ところで作曲者のオブレヒトはフランドル地方で15世紀後半に活躍、当時は「一晩で一つのミサ曲を作れる」と評判になるほど音楽が湧き出る人でした。  現在では同時代で有名なオケゲムらの影になりがちで録音も多くなく、オックスフォード・カメラータの素晴らしい演奏で聴けるとは何とも嬉しい新録音です。


当時はものすご~く素直(?)だった KiKi はこの「グレゴリアン・チャント~という貴方」はまさに自分のことだ!!と思っちゃったんですよね~ ^^;  で、せっかく「いかがでしょう?」と聞いてくれているので「はい、では・・・・。」とばかりに衝動買いしちゃったっていうわけです。  でもね、この衝動買いは正解でした。  それまでアカペラ音楽とはあまり縁がなく、CDで聴く音楽というよりは映画やドキュメンタリー番組の中で耳にする音楽・・・・という感じだった KiKi がアカペラ音楽に目覚めたのはグレゴリアン・チャントとこのCDのおかげ・・・・と言ってもいいように思います。  それを証拠にこの後、一時期はせっせと NAXOS の「音楽史シリーズ」を買い集めていたし(笑)。

でね、このCDを聴くようになるまでは「アカペラ」という言葉の意味が楽器伴奏のない合唱だけの音楽を指すことを知識としては知っていたんだけど、その言葉の由来についての記述を何度読んでも記憶の片隅にも残らなかったのが、「グレゴリアン・チャント」と「このCD」にはまったことによってしっかりと KiKi の脳みそにインプットされたんですよね~。  つまり「アカペラ」は「ア・カペラ (A Cappela もしくは Alla Cappela)」であり、カペラ=寺院 であるということがスンナリと理解できちゃったんです。  

そして、この4声のポリフォニーの世界に魅せられ、そこに安心感・充足感・幸福感を感じるという経験をもつに至り、ようやく KiKi はそれまでかなり根強い苦手意識のあったバッハの音楽に親しみを感じるようになった・・・・というのも貴重な思い出です。  KiKi はピアノ音楽を軸にクラシック音楽に親しんできたので、どうもベートーヴェン以降の音楽に偏りがちな傾向があったんですよね~。

数々の宗教音楽(「レクイエム」とか「スターバト・マーテル」とか)に比べると劇的なところは皆無で、たゆたうような音の重なりと流れだけの音楽だけど、崇高で美しくて神秘的なんです。  この歌の世界に身を任せていると、風のそよぎや日の光や水の音、そして植物の静かな生命力のようなものを感じます。  動的というよりは静的な音楽。  そしてこの音楽の世界は「人間の感情」とは一線を画しているように思うんです。  混じりっけがない分ほっとする・・・・そんな気がするんですよね~。  

今回とりあげた「ミサ・カプト」は「キリエ」「グローリア」「クレド」「サンクトゥス」「アニュス・デイ」からなる音楽で、そういう意味ではこれまでに聴いてきた「レクイエム」や「スターバト・マーテル」なんかと似たような構造(要するにミサ曲)なのにこの雰囲気の違いは何なんだろうか??  やっぱり人間の「自己主張」の欲求の大きさの違いなのかな???  KiKi は現代人だし、外資系畑の長い人間だから「自己主張」をどちらかというと肯定的に捉えるタイプだと思うんだけど、こういう音楽を「いいな~」と感じる気持ちもあって、時々自分が志向しているものが何なのかわからなくなることがあるんですよね~。  でもまあ、そういう難しいことはさておき、今日はこの音楽にどっぷりと浸っていたい・・・・そんな気分です。

スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
この記事に対するコメント
個人的には大好きな1枚です♪
こんにちは、ダンベルドアさん。  コメントありがとうございます♪

>NAXOSのオックスフォードカメラータはひところずいぶん買っていた

ダンベルドアさんもそうでしたか。  KiKi もです(笑)。  いわゆる「音楽史シリーズ」ですよね。  おかげで「アカペラ音楽」にはまっちゃってねぇ~ ^^;  個人的には大好きな1枚なんですよね♪
【2006/10/21 06:49】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]

興味あります
NAXOSのオックスフォードカメラータはひところずいぶん買っていたのですが、このオブレヒトは聞いていませんでした。
 ルネッサンス音楽の中心地フランドルの作曲家でオケゲムと同時代だったらこれは聞いて見たいです。
【2006/10/18 23:18】 URL | ダンベルドア #- [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/180-014c41f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。