落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
パルムグレン 3つの夜想的情景 Op. 72
毎朝の通勤で Sigfried と音楽を楽しむ生活を始めた KiKi。  たまたま昨日の通勤時の音楽はシベリウスの交響曲でした。  で、最初は今日のブログエントリーはその時に聴いた曲にしようか・・・・と思っていたのですが、今日の気分は何となく「交響曲」っていう感じではありません。  で、ふと思い出したのは先日購入したきりまだちゃんと聴いていない「フィンランド ピアノ名曲コレクション」というCDのことでした。  このCDを購入することになったのは、このエントリーでコメントをいただいた方々といろいろお話している中で、シベリウスのピアノ曲の話題になったんだけど、「アマチュアとはいえ一応ピアニストであるはずの KiKi はシベリウスのピアノ曲を全く知らない!!」ということに気がついちゃったからなんですよね~ ^^;  こりゃいかん!!  1度は聴いてみなくちゃ!というわけで早速池袋メトロポリタンプラザ内の HMV に行って、皆さんからいただいた情報を元に色々探してみたんだけど、ご推挙いただいたCDはどれ1つとして置いてなかったんです(泣)。  で、とにかくあるものを購入して聴いてみようと入手したのがこのCDでした。  ところがね、せっかく購入したにもかかわらず実は KiKi はまだ1度もちゃんと聴いていなかったのですよ ^^;  ま、てなわけで今日はじっくりとこのCDを味わってみることにしたっていうわけです。  で、その中から KiKi が選りすぐった今日の1曲はこちらです。

パルムグレン 3つの夜想的情景 Op. 72
CANYON PCCL-00532 演奏:舘野泉(p) 録音:1988年1月

TatenoIzumi_PianoMusicCollection.jpg


「あれ?  シベリウスじゃないの??」って思われた貴方!  そうですよね、普通そう思いますよね~(笑)。  実は KiKi も当初はシベリウスのピアノ曲で今日のエントリーを書こうと思っていたのです。  でもね、このCDを聴いているうちに、KiKi にとってまったく馴染みのなかったこの「パルムグレン」という人の音楽が気になって気になって仕方なくなっちゃった ^^;  と言うことで今日はこの曲を選ばせていただきました。


さて、本日に至るまで「パルムグレン」という名前にまったく聞き覚えのなかった KiKi。  でもね、Disc 1 に収録されているこの「3つの夜想的情景 Op. 72」が流れ始めたら思わず引き込まれちゃって姿勢を正さずにはいられなくなっちゃいました。  そして初めて聴く音楽だったんだけど、「これ!  弾きたい!!!  絶対弾きたい!!!」という強烈な想いがふつふつと湧き上がってきちゃったのです。  KiKi の場合、特にピアノ曲に関しては「弾きたい!」と思うか思わないかっていうのは結構重要なポイントなんですよね~。  でね、最近は滅多なことでは「これ弾きたい!!」と思わなくなっている傾向があって、それをちょっぴり寂しく思っていたりもしたんですよ。  だから今日感じたこの強烈な想いは KiKi にとって、ちょっとしたショックでもありました。  

一聴して最初のこの曲の感想は「ショパンみたい・・・・。」というものでした。  2回目の視聴での感想は「ドビュッシーみたい・・・・・。」というもの ^^;  要はショパンとドビュッシーを足して2で割ったような作風のように感じます。  で、ライナー・ノーツを読んでみたらパルムグレンさんは「北欧のショパン」と呼ばれている人なのだそうです。  ふ~む、なるほど。  KiKi の大好きなショパン & ドビュッシーのミックス・バージョンのフィンランドの作曲家かぁ・・・・。  こうなってくると、パルムグレンさんのことを知りたくてたまらなくなっちゃいます。  そこで手持ちの音楽之友社発刊の「新音楽事典 - 人名編」などでちょっと調べてみました。

セリム・パルムグレン (1878 - 1951)
フィンランドの作曲家、ピアノ奏者、指揮者。  ヘルシンキ音楽院で学んだ後、ドイツとイタリアでブゾーニなどに師事。  帰国後フィンランド学生合唱協会などで指揮者として活躍する一方、ピアノ奏者として広く欧米を演奏旅行(ベートーヴェン弾きだったらしい。)  1923年アメリカ合衆国のイーストマン音楽学校でピアノと作曲を教える。  36-51年シベリウス音楽院教授。  彼の作品の特色は技法的に熟達したピアノ書法にあり、民族的色彩の性格小品や叙情的作品に優れたものが多い。


で、さらに色々調べていたら全音から楽譜も出版されていることが判明。  「これ、弾きたい!!」と思う曲に出会っても、時に輸入版の楽譜しかなくてそれがメチャ高くて涙を呑む・・・・な~んていう経験も数多してきているだけに、この楽譜が入手可能であることを発見したときは嬉しかったなぁ。



さて、その KiKi が感銘を受けちゃった音楽についてもちょっと書いておきましょうね。  タイトルが「3つの夜想的情景」となっていることからもお分かりいただけるようにこれは3つの小品による組曲です。
  
第1曲「星はまたたく」は澄み切った北の空(これは絶対に寒くなくちゃいけません!)にきらきらとまたたく星が浮かんでいるんです。  高音域でキラキラしているのが星のまたたきで、これに重なる左手が奏する歌が雄大で包容力に満ち溢れた大地の歌です。  第2曲の「夜の歌」は美しいばかりではいられない大自然の残酷さ、厳しさ、暗黒の世界の恐ろしさみたいなものが歌いこまれています。  イメージとしては夏の夜の海っていう感じかな。  昼間は水遊びの人で賑わい穏やかだった海が、夜になって人目のない世界で見せる荒々しい別の表情・・・・っていう感じ。  第3曲の「曙」は夜の帳が少しずつ開き、朝もやの中からちょっと遠慮がちの光が少しずつ差し込んでくる、そんな感じの音楽です。  そのどことなく遠慮がちの光が差し込んできて、それまでのもや~っとした風景がようやく1つの美しい絵として完成する・・・・みたいな雰囲気。  

星の輝き、白夜の薄明かり、そして淡い曙の光。  この色彩的なうつろいがどことなくドビュッシー風というか印象派風というか・・・・。  そしてその世界は基本的には無音なんですけど、その無音状態の印象を音で表現した音楽っていう感じです。

うんうん、素敵だぞ~。  これは早速楽譜調達に YAMAHA に走らねば!!(笑)

スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/177-8f740986
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。