落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
ストラヴィンスキー 春の祭典
春だと言うのに何だかうすら寒い日が続きますねぇ。  何日か前はちょっと汗ばむくらい暖かかったのに・・・・。  で、本格的な春の訪れを心待ちにしている気持ちを代弁してもらうために、今日の1曲はストラヴィンスキーの「春の祭典」です。

ストラヴィンスキー バレエ音楽「春の祭典」(1947年版) & 
ストラヴィンスキー バレエ音楽「ペトルーシュカ」(1947年版)
DECCA UCCD-3210 演奏:ドラティ指揮 & デトロイト交響楽団 録音:1981年5月、1980年6月

Stravinsky_Spring.jpg



この曲はね、生まれて初めて聴いたときには(小学生の頃)、「何じゃこりゃ?」っていう感じだったんですよね(笑)。  何せその頃の KiKi にとって音楽のスタンダードはハイドンとかモーツァルトとかベートーヴェンだったから、この曲の不規則で予測不可能なリズムと言い、不協和音の連続と言い、耳をつんざくような金管の響きと言い、ショック以外のなにものでもなかったわけです。  だから KiKi はず~っと長いこと「自分にはストラヴィンスキーは理解できないに違いない。」と思っていました。  

でもね、大人になったある時、お友達が所属しているアマオケの公演に行ったことがあって、そのときのプログラムの中にストラヴィンスキーの「火の鳥」が入っていたんです。  苦手意識を抱えたままちょっと不安を感じつつ「まあ、これも浮世の人付き合い」と、義務感だけでその場に居合わせた KiKi だったのですが、曲が始まるや否や・・・・何だかとっても乗せられちゃって、聴いている間心臓がバクバクいっちゃって、信じられないほどのめりこんじゃったんですよね。  で、そのことがあってからず~っと考えていたのは「ひょっとしたら小学生の頃に聴いたのは LP のしかもアナログ録音のものだったから、ストラヴィンスキーの良さが理解できなかったのかもしれない・・・・。  ストラヴィンスキーの音楽は生で聴かなくちゃいけない音楽なのかもしれない」ということ。  で、CD というものがこの世の中に出てきて音質が著しく改善されたことにより、いずれは CD で聴いてみようとず~っと思っていました。

でもね、当初は CD も高かったし、それまで持っていた LP を CD に買い換える必要もあったので、どうしても苦手意識を払拭しきれないストラヴィンスキーはず~っと後回しになっちゃったんですよね。  で、そうこうしているうちに10年ぐらい前からようやく CD も安くなってきて、過去の名演をリバイバル盤として廉価版販売してくれるようになって、KiKi の LP → CD 乗り換えプロジェクトも完結しそうな雰囲気になってきたので、ようやくその廉価盤の中から購入してみました。  その時に購入したのは D. グロモフォンのアバド・ロンドン響のものでした。

いや~、衝撃でした。  何て刺激的なスリルに満ちた音楽なんでしょう!!  CD になって音質が著しく改善されたことと、スピーカーの性能が上がったことにより格段に聴きやすくなった音楽だと思いました。  この曲から満ち溢れる生命力には本当に圧倒され、「ああ、春っていうのは必ずしも穏やかでのんびりとしていて、小鳥がピーチクパーチク囀るような雰囲気だけじゃなく、こういう生命力の鼓動に満ち溢れた季節でもあったんだ。」と妙に納得してしまったんですよね。

さて、今日はそんな KiKi の「ハルサイ」開眼の1枚ではなく、その後同じように廉価版が販売されたドラティ & デトロイト響のものです。  購入した時期がこちらの方が遅い分、実はこの CD はまだ2~3回しか聴いていないんですよね。  でもこの演奏は名演の誉れ高いものなのでとっても楽しみです。  それにカップリングがストラヴィンスキーにしてはかなり聴きやすい「ペトルーシュカ」だから、「ハルサイ」を聴いてドキドキしちゃった心臓を少し静めるのにもよさそうだし(笑)。
  
何て攻撃的な演奏なんざんしょ!  この曲特有の荒々しく土俗的なリズムと民謡調のメロディが冴え渡り、躍動感にあふれるブラスの音の洪水に浸っていると何とも不思議な高揚感がわきあがってきます。  う~ん、音楽っていうのは必ずしも安逸に浸るためだけにあるんじゃないっていうことを再認識しちゃいました♪


追記: この記事は 2006年4月8日、garjyu さんのブログの関連記事に TB させていただきました。  又、2006年5月31日に6月1日に開催されるクラシックブログ共同企画「勝手にストラヴィンスキーの日」に、6月5日にはダンベルドアさんのブログの関連記事にも TB させていただきました。


スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/17-f8954ab3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。