落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
バーバー 弦楽のためのアダージョ Op.11
小泉首相の8月15日の靖国参拝以来、あっちでもこっちでも大騒ぎ。  KiKi はこのブログではこの参拝の是非だとか、靖国問題だとか、国際関係について云々する気はまったくないのですが、1つだけ言えることはこんな大騒ぎになる参拝じゃ、とてもじゃないけれど皆さん安らかに眠っていられるような気分じゃないだろうなぁ・・・・と。  で、そんな方々にゆっくり眠っていただくために敵国(? 今や同盟国だけど・・・)の音楽じゃ、ますます目が冴えちゃうのかもしれないけれど(苦笑)音楽って言うものはそういうものではないと信じたい KiKi は思いきって今日はこんな曲を選んでみました。  てなわけで今日の KiKi の1曲はこちらです。

バーバー 弦楽のためのアダージョ Op.11
EMI 7243 5 74287 2 9 演奏:スラットキン指揮 & セントルイス交響楽団 録音:1988年5月

Barber_Slatkin.jpg



あのオリバー・ストーン監督の「プラトーン」の BGM として使われて以来、日本でも市民権を得たようなこの美しくも哀しいメロディは、その後日本でもお葬式などでよく使われるようになりました。  あの韓流ブームのきっかけともなった「冬のソナタ」でヨン様扮する高校生のチュンサンが亡くなった時、ヒロインを含む仲間たちが内輪のお葬式を行った際の BGM もこちらでした。  又、作曲者の故国アメリカでは大統領をはじめ有名人の訃報が放送される際には必ずと言っていいほどこの曲が使われるようです。  中国は??  不勉強にしてよく知りません ^^;  イラクは??  アフガニスタンは???  イスラエルは?????  ごめんなさい、よく知りません ^^;  でもね、何が言いたいかっていうとね、不思議なものだと思うのですよ。  国益と言う名前の誰のための利益なのかよくわからない概念で戦争をして殺しあったり、外交という名前のイデオロギー合戦でああじゃこうじゃとやりあっている国同士であっても、人が亡くなった際の哀惜の念を同じ曲で表すなんて・・・・。  それを「洗脳」と呼ぶ人がいるかもしれないけれど、これは「洗脳」なんかじゃなくて文化や風習やイデオロギーが違えども、人の心の奥底にある感情には大差がない証左なんだと信じたい KiKi です。

この曲、実は元はと言えば彼の弦楽四重奏曲第1番の第2楽章なんですよね。  それを管弦楽版にして初演したのがあのトスカニーニ。  じゃあ本来は哀歌じゃないんじゃないか?と思わないでもないけれど、この曲にラテン語の典礼文を載せた「アニュス・ディ」まであるらしいから(聴いたことはないんだけど)、この曲の持つ静穏さは半端なものじゃないんだよなぁ。

この国の礎を作るために命を散らした方々に思いを馳せる「心の問題の日」であるならばなおさらのこと、静かに彼らを哀悼してあげたい・・・・。  私たちが過去をしっかりと学び、反省すべき点は反省し、主張すべきことは主張する(できる)日、季節は他にもいっぱい(300日以上)あるのだから・・・・・。  こういう書き方をすると、「お前は首相の8月15日の靖国参拝には反対なのか??」な~んていうお叱りの声やら逆の立場の方の賛同の声やらが飛んできそうな気がしないでもないけれど、KiKi はそんなことを問題にしたいわけじゃありません。  (逃げているわけじゃないけれど・・・・ ^^;)  日本人が本来持っている死者を弔い、その御霊を敬う心というのはことほどさように静かで、慎み深いものであったはず・・・・ということが言いたいだけです。  国際関係も歴史認識も大切な逃げてはいけない問題だということも重々承知のうえ、「もう少し静かにできないもんかしら??」と思わずにはいられない KiKi なのです。 

スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/153-27959482
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。