落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
シューマン 交響曲第3番 Op.97 「ライン」
相変わらず「リング」の罠から逃れられずにいる KiKi は、今日久しぶりにず~っと昔ドイツを旅した時の古いアルバムを眺めていました。  確か社会人になって3年目のゴールデン・ウィーク。  何だか無性にヨーロッパの風を味わいたくなって貯金をはたいてスイス、オーストリア、ドイツ、フランスの4ヶ国を旅したのです。  おお!!  若いのぉ、○年前のわ・た・し♪  自分で言うのも何だけど、何だか初々しくて可愛いぞぉ!(違 ^^;)  でね、その時にノイシュヴァンシュタイン城に行って、いわゆる「ロマンチック街道」ってやつを下って、さらにはライン下りな~んていうのも楽しんだのですよ。  川岸のとある岩場に白字の日本語で「ローレライ」なんて書いてあったのはさすがに興ざめだったけれど、一応記念に写真を撮ってきたし・・・・ ^^;

ライン川はスイス、ドイツ、オランダを悠々と流れる全長 1,320km の国際河川です。  で、そのうちの約 700km がドイツ国内を流れ、特に中部ラインは「黄金のライン」と呼ばれています。


写真とともにアルバムに貼られた当時のパンフレットの切り抜きを眺めているうちにその「黄金のライン」を「ラインの黄金」と読み替えている KiKi ^^;  その中部ラインで舟遊び を楽しんだのだから、あの時通った船底のどこかに「ニーベルングの指環」否、「ラインの黄金」が封印されていたんだろうなぁ・・・・・などなどと妄想に耽っていたら、無性にライン川を感じたくなってきてしまいました。  てなわけで、今日の KiKi の1曲はこちらです。

シューマン 交響曲第3番 Op.97 「ライン」
EMI 7243 5 67771 2 5 演奏:サヴァリッシュ指揮 & シュターツカペレ・ドレスデン 録音:1972年9月

Schumann_Symp-comp_Sawalish.jpg



このCDは以前このエントリーをアップしたときに、いつもお世話になっている yurikamome さんからご紹介いただきました。  で、根がケチな KiKi はとりあえず図書館で借りてみようとチャレンジしてみたものの、KiKi の住んでいる区の図書館では見つけられなかったんですよね~。  そしたら、たまたま7月末の HMV のセールでメチャンコお安くなっていたので「エイヤッ!」とばかりに買っちゃいました。  ご推薦いただいていた「春」(交響曲第1番)の入っている1枚目だけは既に聴いていたんだけど、今日は2枚目(「ライン」と交響曲第2番が収録されている)にチャレンジです。

通商の要路でもあったラインの雄大さ、活気をそのまま音にしたかのような音楽。  ラインの黄金なんていうやばそうなものを隠し持っているとは思えないような明るさ。  ライン下りの写真を見たばかり・・・・というのもあるだろうけれど、あの対岸に広がっていた景色の雄大さと、そこに暮らす人々の活気がビシビシと感じられます。  あれ??  でもこの「ライン」って言う標題はシューマンさんがつけたわけじゃなかったような気がするのは気のせい???

この曲を聴いていたら、ラインの乙女たちが危機感のかけらもなかったのは当然のような気がしてきてしまいました。  だってこんなに明るいんだもの!!  こんなにみんな、素朴なんだもの!!  こんなにみんな、生き生きしているんだもの!!!  ま、第4楽章の荘厳さが唯一厳しさ・・・・のようなものを感じさせますが。

う~ん、何だか久しぶりにヨーロッパに旅行に行きたくなってきちゃったなぁ。  今、ほぼ決まりかかっているお仕事の始動日、変更してもらえないかなぁ。  交渉してみる価値はあるかもしれない・・・・。

スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/150-f201ffbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。