落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
ショパン 舟歌 Op. 60
今朝はすごいお天気でしたね~。  KiKi の家の周りでは雷がピカピカ・ゴロゴロ、バリバリと何だかものすご~いことになっていたのですが、皆さんのお宅の近辺はいかがでしたか??  実はね~、KiKi は雷が大の苦手 なのです。  ちっちゃな子供の頃は全然平気だったんですよ。  でもね、KiKi がまだ中学生だった頃、授業中(何の授業だったか記憶は定かじゃないんだけど、とにかく退屈な授業でした)にね、あまりのつまらなさに KiKi は窓の外をぼ~っと見ていたんです。  で、その学校は山っぺりにあったんだけど、その山のふもとにある1本の大木が KiKi の興味を捉えて、KiKi はその木をじ~っと見つめていた(凝視していたと言ってもいいかもしれない)んですよね。  そしたらその木に突然、雷が直撃!!!!  あ、もちろんかなり近くでゴロゴロ鳴ってはいたんですよ。  で、その木が裂けるんですよ、燃えるんですよ!!  その木が叫ぶんです。  「助けて~!!」って。  まるでスローモーションみたいにね。  それ以来、KiKi は雷が大の苦手となっちゃいました。  リアルなフラッシュバックこそないけれど、あの時に感じた我が身を引き裂かれるような木の叫びと痛みが襲ってくるような感じがして、背筋がゾワゾワするんです。  ひどいときは冷や汗? いや、脂汗みたいなのが噴き出してくるし・・・・・ ^^;

てなわけで、そんな雷さんにプルプルと震えていた気持ちを落ち着かせるために選んだ(?)今日の KiKi の1曲はこちらです。

ショパン 舟歌 Op.60
LONDON POCL-2749 演奏:アシュケナージ(p) 録音:1976年

Chopin_Ashkenazy_Comp.jpg


えっとですね、KiKi が持っているもの(↑の製品番号のもの)は実はこれとは見てくれが違うんですが、内容的にはこれと同じものだったので画像はこちらを借用しました。  KiKi が持っている全集はショパンの作曲年代順にピアノ曲全曲(+歌曲)が網羅されている全集だったんですけれど、それはもう廃盤みたいだし、それを組み直した↑も限定盤で今は中古市場にしかないみたいですけど・・・・ ^^;


アシュケナージは一時期の KiKi にとってアイドルともいえるピアニストでした。  でも、彼のピアノに興味がなくなっちゃったのはいつ頃からだろう???  でも昔は本当に彼のピアノが好きで「ああ、こんな音色でこんな情緒で私もピアノが弾きたい!!」と切に願っていたものでした。  だからLP時代と初期のCD時代は KiKi のピアノ曲ライブラリーにはアシュケナージの演奏がずら~っと並んでいました。  でも、少しずつ少しずつ彼のCDを手放すようになって、今ではもう数えるほどしか残っていません。  そんな中でそれでも持ち続けているのがこの(というかこの前の)ピアノ曲全集です。  箱を見るとな、な、なんと ¥33,000 だったのだそうな!!!  このCDを買った当時の KiKi の経済状況を考えると、これは清水の舞台から飛び降りるよりももっとすごい決意、たとえばナイアガラの滝に飛び込むとか、炎上しているヴァルハラ城に飛び込むとか、それぐらいの決意・覚悟がないととてもじゃないけれど手が出せるような代物ではなかったはずです。  

ま、そんな決死の覚悟で購入したから・・・・というだけではなく、KiKi はアシュケナージのショパン演奏(特に70年代~80年代)はやはり素晴らしかったと思っているからこそ、このCDが手元に残っているんですけどね♪  最近は棒振りばっかりで、ピアノ弾きとしてのアシュケナージにはほとんど(というか全然と言ってもいいかもしれない)接することができないのは本当に残念です。

さて、この舟歌。  KiKi がある年代以降、ショパンの音楽の中で1番愛している曲であります。  昔は「英雄ポロネーズ」とか「4つのスケルツォ」とか「4つのバラード」とか「3つのソナタ」の方がカッコイイ!と思っていたんだけど、人の好みは年齢によって変わるようで・・・・(笑)  又、同時に世の中に「舟歌」(バルカローレ)の名の音楽が数多あれど、そんな中のトップがこの曲だ!とさえ思っております。  

この揺らぎ、この煌き、この虚ろさ、この盛り上がり。  これぞ舟歌です。  舟歌はただ単に揺れているだけじゃダメです。  常に変化しなくては!!  そしてこのリズム!!  舟歌はただキラキラしているだけじゃダメです。  でも、そこかしこにキラキラが散りばめられていることも必要です。  この音楽を聴いていると船(ゴンドラ)の上で、船頭さんと2人っきり、波に揺れながら水面にきらめく光をぼんやりと眺めながら、考えるともなく考え、夢か現かの世界の中で生命を感じている・・・・・そんな自分が思い浮かぶのです。


追記:
この曲はワグネリアン仲間の yokochan さんのこちらのエントリーに触発されて、聴きたくなってしまいました。  てなわけで、TB させていただきました。  又、2006年12月3日、クラシック音楽ブログ共同企画「勝手にショパンの日」にも TB させていただきました。


スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/148-e9c2e6d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。