落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
ワーグナー ニーベルングの指環 神々の黄昏
さて、今日も引き続き「行けなくても我慢するもん!  勝手に1人バイロイト音楽祭シリーズ第5弾をお送りしたいと思います。  いや~、長かった!!  でも、終わって欲しくない!!!  でも、疲れたぁ~。  全編鑑賞するのに4日も要するって言うのも改めてすごいことだと思うし、さらには1つ1つが他のオペラと比べてもかなり長いんですよね~ ^^;  でもね、あまりにも雄大な一大叙事詩だし、このディスクの映像がとってもオーソドックスな演出なので物語の世界に入り込むのには充分で、神話世界を堪能させてもらいました。  やっぱり好きだなぁ、「ニーベルングの指環」。  ま、この「リング・シリーズ」の最初にも書いたように音楽そのものはどことなくアメリカンで、若干の不満が残らないじゃなかったけれど、KiKi はDVD鑑賞した後このブログエントリーを書いている間はベーム盤のCDをBGMで流していたので、2度楽しむことができたんですよね♪  (← おかげで生活リズムはメチャクチャです ^^;)  ま、何はともあれ、今日も張り切ってご紹介させていただきたいと思います。  今日の KiKi の1枚はこちらです。

ワーグナー ニーベルングの指環 神々の黄昏
DG POBG-1006/7 演奏:レヴァイン指揮 & メトロポリタン歌劇場管弦楽団・合唱団 収録:1990年4月、5月

Levine_Gotterdammerung.jpg


ジークフリート:  ジークフリート・イェルザレム(T)
グンター:     アンソニー・ラッフェル(Bs)
アルベリヒ:    エッケハルト・ヴラシハ(Br)
ハーゲン:     マッティ・サルミネン(Bs)
ブリュンヒルデ:  ヒルデガルト・ベーレンス(S)
グートルーネ:   ハンナ・リソフスカ(S)
ヴァルトラウテ:  クリスタ・ルートヴィヒ(Ms)


で、KiKi のお気に入りのベーム盤のCDはこちら。

PHILIPS 412 488-2 演奏:ベーム指揮 & バイロイト祝祭管弦楽団 録音:1967年

Bohm_Gotterdammerung_Ring.jpg



さて、起承転結の「結」にあたるこの「神々の黄昏」。  ここまででも登場人物の人数こそさほど多くはないものの、色々な種族が出てきてかなり入り乱れちゃっているわけだけど、最後のまとめであるこの第3夜にして又々新たなメンツがご登場でますますゴチャゴチャになっていきます ^^;  でね、ここまではずいぶん色々な種族が出てきたと言えども1幕1幕の登場人物の人数は案外限られていて、とっても広いメットの舞台にポツンポツンといる感じだったのが、ここではドドドッと群集が出てくるんですよね~。  その雰囲気はご紹介している DVD の画像で感じ取ってくださいね♪

では、今日はまずこの「神々の黄昏」のあらすじからいってみることにしましょう。

<序幕>  夜、3人の運命の女神ノルン(ワルキューレ同様智の女神エルダの娘)が運命を象徴する縄を編みながら、この世界の過去・現在・未来について語っている。  そして神々の終焉が近づいていることを予言したところでその縄が切れてしまう。  驚いた3人は「これで永遠の叡智は終わった!」と叫び、エルダの元に帰っていく。  夜が明けるとジークフリートとブリュンヒルデが登場。  彼女は夫を旅に出す決心をし、自分の愛馬グラーネを彼に与える。  ジークフリートはニーベルングの指環を新妻に与え、2人は永遠の愛を誓う。  ジークフリートはグラーネとともに新天地を求めて旅立つ。  (ここで「ジークフリートのラインへの旅」)

<第1幕>  ライン河畔にあるギービヒ家の館。  当主のグンター、アルベリヒの息子・ハーゲン(グンターとは異父兄弟)、グンターの妹のグートルーネの3人がギービヒ家の名声について話し合っている。  奸智に長けるハーゲンは指環を我が物にするために、グンターにはブリュンヒルデを、グートルーネにはジークフリートを結婚させようと2人をたきつける。  そこに角笛の音とともに舟でラインを下ってきたジークフリートが登場。  ジークフリートを客人としてグンターは館に迎え入れる。  ハーゲンはグートルーネに「忘れ薬」が入っている酒をジークフリートに勧めさせる。  その酒を飲んだジークフリートはブリュンヒルデのことを忘れ、美しいグートルーネに一目惚れ~  グンターはそんなジークフリートに自分のために火の岩山にいるブリュンヒルデを連れて来てくれたら妹を嫁にやろうともちかける。  喜び勇んだジークフリートはそれを承諾し、グンターと義兄弟の契り(血の盟約)を結び、2人でライン河をのぼっていく。  この血の盟約に参加しないハーゲンは2人を見送ると「お前たち純血の陽気な種族はニーベルングの血をひく自分に使われているに過ぎぬ。」と1人ほくそ笑む。

岩山でジークフリートに与えられた指環を手に幸福感に浸っているブリュンヒルデの所に妹のワルキューレの1人、ヴァルトラウテがやってくる。  彼女は神々の世界が危機に瀕していることを語り、アルベリヒの呪いから逃れるために指環をラインの乙女たちに返すことを懇願するが、ブリュンヒルデはジークフリートとの愛の証である指環を手放すことはできないとこれを拒否。  絶望したヴァルトラウテが立ち去ると炎が燃え上がり、ジークフリートの角笛が聞こえてくる。  喜んで彼を迎え入れるブリュンヒルデだが、彼女を忘れたジークフリートは隠れ頭巾でグンターの姿になっており、彼女にグンターの妻になるように迫る。  彼女は指環の力で我が身を守ろうとするが、本来は夫であるジークフリートには何の効果もなく、逆に指環を奪われてしまう。  ジークフリートはブリュンヒルデとの間にノートゥングを突き立て、グンターとの信義を誓って彼女の岩屋で一夜を過ごす。    

<第2幕>  ギービヒの館。  寝ているハーゲンの夢の中に彼の父親、アルベリヒが姿を現し、指環を必ず手に入れるようにと迫る。  夜が明け、元の姿に戻ったジークフリート(健忘症続行中)が帰ってくる。  事の次第をハーゲンとグートルーネに語ると、ハーゲンは角笛を吹いて家臣たちを集め、婚礼の準備を始めさせる。  そこにグンターと共に到着したブリュンヒルデは打ちひしがれている。  グンターが2組の結婚を高らかに宣言すると、驚いたブリュンヒルデは顔をあげ、グートルーネの手を取るジークフリートの姿を認め、さらに彼の指に自分が奪われたあの指環が輝いているのを見る。  怒ったブリュンヒルデは指環のいきさつを問いただすが、グンターには何の覚えもなく、ジークフリートは自分の潔白を抗弁し、ハーゲンの槍に潔白の誓いをする。  「あなたの花嫁は突然の環境の変化に戸惑っているだけ」とグンターを励ましたジークフリートはグートルーネと共に婚礼の準備のために姿を消す。  ハーゲンは絶望感にさいなまれているブリュンヒルデにうまく取り入り、彼女の口からジークフリートの弱点が彼の背中にあることを聞き出す。  ジークフリートとブリュンヒルデの関係に疑惑を抱くグンター、指環を狙うハーゲン、夫に裏切られたブリュンヒルデの3人はそれぞれ復讐のためにジークフリート殺害を誓い合う。

<第3幕>  ライン河畔。  ラインの乙女たちが失われた黄金を嘆いているところに、グンターたちと狩にきていたジークフリートが1人、獲物を追って登場。  乙女たちはジークフリートに指環を手放すことを要求する。  最初は指環を乙女たちにあげるつもりになっていたジークフリートだが、乙女たちが指環の呪いの話を始めるにおよび、彼女たちの脅しととって翻意する。  そこにハーゲンたちが登場、酒宴が催される。  その席で今度は「記憶を取り戻す薬」を飲まされたジークフリートはブリュンヒルデと永遠の愛を誓ったことを思い出し、それを皆の前で歌って聞かせる。  この言葉を聞いた途端、ハーゲンは彼の背中を槍で刺す。  そして「この男は私の槍に偽りの誓いをしたから刺した」と嘯く。  ジークフリートは最愛のブリュンヒルデへの別れを告げながら息絶える。  (ここで「ジークフリートの死と葬送行進曲」)

英雄の亡骸はギービヒ家の館に運ばれる。  グートルーネはジークフリートを殺害したのがハーゲンと知って兄を呪う。  ハーゲンとグンターはジークフリートの指にはめられた指環の所有権を巡って争い、グンターは殺害される。  ハーゲンが指環を取ろうとすると死んだはずのジークフリートの手が高々と上がり、思わずハーゲンはひるむ。  そこにブリュンヒルデが「彼の本当の妻が復讐にやってきた」と登場。  グートルーネは自分たち全員がハーゲンの奸計の犠牲者だったことを悟る。  ブリュンヒルデはジークフリートの指から指環を抜き取り自分の指にはめると、ラインの岸辺に薪を積み上げ、その上にジークフリートの亡骸を運ぶように家臣たちに命じる。  彼女は積み上げられた薪に火を放つと、ジークフリートへの愛を歌いながら自身も愛馬グラーネとともに燃え盛る炎の中に飛び込む。  するとライン河は増水し、ラインの乙女たちが指環に近づいてくる。  それを見たハーゲンは指環を横取りしようとするが、ラインの乙女たちによって深みに引きずりこまれてしまう。  指環が戻り喜ぶラインの乙女たち。  一方、炎はヴァルハラ城にも燃え移り、神々も炎の中に消えていく。


いや~、救いのないお話ですね~。  まずは指環の去就をもう1度まとめてみると・・・・

ラインの川底で「指環」の原材料が「ラインの黄金」として眠っていた
   ↓
愛を諦めたニーベルング族のアルベリヒがその黄金を強奪、「指環」を完成、所持
   ↓
神々の長ヴォータンがアルベリヒから謀略によってかっぱらう
   ↓
巨人族が神々の居城であるヴァルハラ城建築の対価として譲り受ける
   ↓
巨人族の兄弟喧嘩の末、ファフナーが生き残り宝を独占
   ↓
ジークフリートがファフナーを殺害、指環を入手する
   ↓
ジークフリートからブリュンヒルデが「愛の証」として指環を贈られる
   ↓
ブリュンヒルデからジークフリートが力づくで奪う
   ↓
ジークフリートの亡骸からブリュンヒルデが抜き取り、炎の中に共に飛び込む
   ↓
ラインが増水し、灰になったブリュンヒルデが水に沈み、指環はラインの乙女の手に戻る

4夜、14時間超をかけて指環(力)を巡って色々な種族が命がけで色々なことをするわけだけど、結局最後はぐるっと回ってもとの状態に戻るだけ・・・・・。  でも、その過程で巨人族は滅び、ニーベルング族の象徴たるアルベリヒやハーゲンも滅び、神々も滅び、人間の象徴たる(もっとも狼族でもあるから人間ではないのかな?)ヴェルズング族もみ~んな仲良く(?)滅びちゃう・・・・。  考えてみるとアルベリヒがラインの黄金の秘密を知らなければ、愛を諦めなければ、そして指環を作らなければ起こらなかったかもしれない「悲劇の環」なんですよね~。  うん、やっぱり1番ダメなのはラインの黄金をちゃんと守り抜けなかったラインの乙女たちに違いない!(笑)

「愛を諦めた者」の物語から始まり、「永遠の愛を誓うジークフリートとブリュンヒルデ」で終わるっていうのもなかなか象徴的だと思います。  ま、KiKi 自身は「愛の絶対性」みたいなものは本音の部分では「信じたいけれど信じきれない」人間なんだけど(何せ煩悩の塊なので ^^;)、色々考えさせられる物語であることは事実です。  又、「指環」が「権力の指環」であるのと同時に「ジークフリートとブリュンヒルデの愛の証」であるっていうのもなかなかシニカルな設定だな・・・と。  昔とあるドラマでとある人が「愛と憎しみは仲の良いお友達」な~んていうセリフを吐いていたことをちょっと思い出してしまいました。

「火」と「水」に覆われた世界から再生してくるのはやっぱり人間なんだと思うけれど、結局その人間も又ぐるぐると同じ事を繰り返すんでしょうね~。  「火」も「水」も滅びの象徴でもあれば再生の象徴でもある。  やっぱり環っかなのかな・・・・。

昨日、KiKi はこのエントリーでこの物語には「善と悪の対立軸」がないと書いたけれど、まあ、見方によればアルベリヒやハーゲンは悪に属するのかもしれません。  でもね、アルベリヒは「崇高な愛を諦める対価として力を欲した」弱いものにすぎないと思うんですよね。  陽気でも容姿に恵まれているわけでもなく、地底に這いつくばって労働しなくちゃいけない立場に生まれたくて生まれてきたわけじゃない。  でも、彼も少しでも「輝かしい」方にいきたくて頑張ったんだと思うんですよね。  で、真剣に愛を求めたりもしたんですよ。  でも、頑張っても頑張っても欲するものには手が届かなくて、結局愛を諦めざるを得なかったとも言えるわけで・・・・。  ハーゲンはそんな「闇」を受け継がざるを得なかった被害者にも思えるのです。 

KiKi はこの Review でヴォータンやジークフリートのことをかなりケチョンケチョンに書いているけれど、実はどちらも好きなんですよ。  ヴォータンは私たち人間と同じように「悩んで迷って何かを選択してその結果をあるがままに受容する」姿の体現者だし、ものすご~く深いものを感じさせる情愛にあふれた人だと思うし(若干溢れすぎかも・・・・ ^^;)、ジークフリートは能天気と言えば能天気だけど、彼はだからこそ「勇気の人」だし、「力の指環」なんてなくても「力」を得られる人なわけで・・・・。  そしてジークフリートとブリュンヒルデは2人で1つなわけだから、「力と勇気担当:ジークフリート」「智恵と別の種類の勇気担当:ブリュンヒルデ」っていうことだと思うし・・・・。  だいたい容姿端麗・頭脳明晰・人格完璧なんていうヒーローは嘘っぽくて鼻白んじゃう。  ま、彼が作り上げた刑事罰犯罪カタログはちょっとね~・・・・っていう感じもなきにしもあらずですが。  でも誤解を招いちゃうかもしれないけれど、「愛すべき可愛い無鉄砲なお馬鹿さん」っていう感じがするんですよね~。  ああいうジークフリートだからこそ元は神の一族のブリュンヒルデの母性本能をくすぐったともいえるような気がするし・・・・(笑)。

あとね、KiKi はこの物語の中に「血(血統)」の物語があるような気がします。  色々な種族が出てくるのもそうだし、ジークムントとジークリンデが近親相姦でなくちゃいけなかったのは「真性の血」に対する拘りだと思うし、ハーゲンが人間とニーベルングの「混血」であることにも意味がある。  さらには「血の盟約」があって、「血の償い」もある。  漠然となんだけど「血の歴史」・・・・みたいなものを感じます。

最後に音楽のお話を。  (ここまでだと物語の Review になっちゃうし・・・ ^^;)  「神々の黄昏」の聴きどころはやっぱり「ジークフリートの死から葬送行進曲」あたりと「ブリュンヒルデの自己犠牲」でしょうね~。  個人的にはノルンたちのレチタティーヴォも結構好きなんですけどね。  でもやっぱり上記2つに軍配をあげたいかなぁ・・・。  特に「ブリュンヒルデの自己犠牲」は第2夜の「ジークフリート」最後の2人の二重唱と並んでブリュンヒルデの最大の聴かせどころじゃないかしら。  これまで出てきたありとあらゆる示導動機が現れて物語を劇的に盛り上げてフィナーレに突入・・・・っていう感じ。  うわ~っと盛り上がっていたのがヴァルハラが炎に包まれるあたりでは浄化されていくような音楽になるのも素晴らしい!!  これが今時のハリウッド映画だったらCG使いまくりで盛り上げるんだろうけれど、人の心を揺さぶるのにそんなものは必要ないことをこの場面は教えてくれます。  

ワーグナーの楽劇というと「示導動機」というキーワードが必ず出てくるけれど、このオペラではその活用がとにかくすごい!!  全編のあちらこちらに「あれ?」と思う形で、時には歌として、時には管弦楽として、さらにはちょっと変奏曲風になったりとそれこそ縦横無尽に現れます。  だから初めてこのオペラを聴く人も同じモチーフ(示導動機=ライトモチーフ)を2度3度と聴かされているうちに否応なく覚えちゃう・・・・というより実感せずにはいられないと思うんですよね。  やれやれ、ワーグナーさんもすごいもんを作ったものです。  ま、これだけの超大作で、4日もかけて聴かされ続けて、色々な種族が入れ代わり立ち代りそれぞれの思惑で登場するのだから、全体の統一感を保ったり、ちょっと忘れかけていたエピソードを脳裏に蘇らせるための苦肉の策とも言えるんだろうけれど・・・・。

このオペラを観ると、「オペラは総合芸術」っていう言葉が本当にしっくりくると思います。  文学、演劇、音楽が見事に融合した一大叙事詩の世界、堪能してみませんか??  かなり疲れるけれど・・・・ ^^;  できれば変てこな「時代置き換え演出」をしていないものをオススメします。  ま、これは KiKi が頑固なだけかもしれないけれど、神だの大蛇だのドワーフだの聖剣だのっていう世界観の物語を変な解釈で見せられるのはちょっとね~。  神話世界だからこそ強調される普遍性みたいなものを大事にした演出の方が素直に楽しめるように思います。  

さて、本来なら明日は「トリスタン」に行かなくちゃいけないのですが、さすがにちょっと疲れたし、「リング熱」(≒ワーグナー中毒)を少しは冷まさなくちゃいけないので、明日はちょっと休憩してもっと軽い世界に行きたいな・・・・と。  ま、本音はもう暫くはリングの世界に浸っていたいだけなのかもしれないけれど・・・・ ^^;  と言うのも実は今、KiKi の目の前にこ~んなものがど~んと置いてあるんですよね~(笑)

EMI TOBW-3508~15 演奏:サヴァリッシュ指揮 & バイエルン国立歌劇場管弦楽団 収録:1989年

Sawallisch_Ring_Comp.jpg


ちょっと変てこな演出で、映像編集もイマイチなんだけど、演奏はけっこういいし、ルネ・コロのジークフリートが楽しめます♪  (← ・・・・って、すっかりその気だよ~ ^^;  困ったもんだ!  誰か止めて~!!! 爆)


追記:
このエントリーは2006年7月30日、yurikamome さんのブログのこちらの関連記事に、さらに2006年8月4日には同じ yurikamome さんのブログのこちらの関連記事に、さらに2006年8月7日、yokochan さんのブログの関連記事に TB させていただきました。


スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/136-0c1abeb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。