落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
ワーグナー ニーベルングの指環 ジークフリート
さて、もはや「リング熱」の罠にはまりつつある KiKi ですが、本日も引き続き「行けなくても我慢するもん!  勝手に1人バイロイト音楽祭シリーズ第4弾を敢行したいと思います。  今日は「ジークフリート」です。  一応英雄・・・・らしいんだけど、そこはかとなくお笑いボケ芸人(相棒:ミーメがいると時に突っ込み担当になるけれど)の雰囲気を醸し出しているジークフリートが主人公です。  彼はあの近親相姦カップル、ジークムントとジークリンデの間にできた子供です。  でもねぇ、蛙の子は蛙とでも言うべきか、彼もなかなかぶっ飛んだ行動を取ってくれちゃうので KiKi のお目々は真ん丸くなったり広がっちゃったり瞑っちゃったりとなかなか忙しい・・・・(笑)。  ま、てなわけで本日も張り切ってご紹介、今日の KiKi の1枚はこちらです。

ワーグナー ニーベルングの指環 ジークフリート
DG POBG-1004/5 演奏:レヴァイン指揮 & メトロポリタン歌劇場管弦楽団 収録:1990年4月 & 5月

Levine_Siegfried_Ring.jpg


ジークフリート:      ジークフリート・イェルザレム(T)
ミーメ:          ハインツ・ツェドニク(T)
さすらい人(ヴォータン): ジェイムズ・モリス(Bs.Br)
アルベリヒ:        エッケハルト・ヴラシハ(Br)
ファフナー:        マッティ・サルミネン(Bs)
エルダ:          ビルギッダ・スヴェンデン(A)
ブリュンヒルデ:      ヒルデガルト・ベーレンス(S)
森の小鳥の声:       ドーン・アップショー(S)


で、恒例の KiKi のお気に入りのベーム盤のご紹介はこちらです。

PHILIPS 412 483-2 演奏:ベーム指揮 & バイロイト祝祭管弦楽団 録音:1967年

Bohm_Siegfried_Ring.jpg



さて、起承転結の「転」にあたるこの「ジークフリート」。  ここまでくるとようやく物語の全貌が見えてきます。  ワルキューレのヴォータンの苦悩のモノローグからも何となくうっすらと何がどうしてどうなっているのか伺えないこともないんだけど、やっぱりファフナー(巨人族)、アルベリヒ(ニーベルング族)、ヴォータン(神)の役者が揃わなくちゃ、オペラタイトルにもなっている「ニーベルングの指環」がどうなっちゃったのかはわかりにくい・・・・ ^^;

で、そのお話に行く前に、ここでの主役は一応「ジークフリート」なので彼についてもちょっとだけ触れておきたいと思います。  ↑で KiKi は「蛙の子は蛙とでも言うべきか、彼もなかなかぶっ飛んだ行動を取ってくれちゃう」って書いたんだけどそのお話をしておきますね。  実はコイツ、英雄の仮面をかぶっていますが実はお笑い芸人不道徳なワルなんですよね~。  だって養父(ミーメ)殺しの殺人犯だし、その死体遺棄犯だし、ついでに親の真似して近親相姦までするし・・・・ ^^;  ある種の人権擁護団体がそれだけ聞いたら、真っ赤になって文句を言いそうな罪状ばっかりでしょ。  ま、少なくとも法治国家である現代日本でこんなことしていたら、どんな事情があろうともさすがに「英雄」とは呼んでもらえないでしょう。  最後の近親相姦は彼1人じゃできないから、ブリュンヒルデも同罪だけどね(笑)。  でもそういう部分には比較的寛容なのが「神話」や「伝承」の世界なんですよね~。  おかげでジークフリートはタイトル・ロールとしてどで~んとデカイ顔をしていられるのです。  ま、詳細は後述するあらすじで読んでやってくださいまし~(笑)

(注)「近親相姦」だけはあらすじには書かないのでちょっと補足。  ジークフリートは火に包まれて岩山で眠るブリュンヒルデを目覚めさせて妻にするんだけど彼らの家系をたどってみると・・・・・。  ジークフリートはヴォータンと人間のヴェルズング族の女性との間にできた不義の子である、ジークムントとジークリンデの忘れ形見(つまりヴォータンの孫)。  対するブリュンヒルデはヴォータンと智の女神エルダの間に産まれた娘。  つまりこの2人の関係は甥と伯母さんっていうわけ。


さて、では指環がどうなっちゃっているのかをここで整理しておきましょうね。  まず「ワルキューレ」ではヴォータンの独白の中にしか出てこなかったこの諸悪の根源とも言える「力の指環」が「ラインの黄金」でどうなっていたのかと言うと・・・・。

ラインの川底で「指環」の原材料が「ラインの黄金」として眠っていた
   ↓
愛を諦めたニーベルング族のアルベリヒがその黄金を強奪、「指環」を完成、所持
   ↓
神々の長ヴォータンがアルベリヒから謀略によってかっぱらう
   ↓
巨人族が神々の居城であるヴァルハラ城建築の対価として譲り受ける
   ↓
巨人族の兄弟喧嘩の末、ファフナーが生き残り宝を独占

つまり、このジークフリートが始まる時点では巨人族のファフナーが持っているわけです。  で、その後ジークムントとジークリンデの不倫の恋があったり、ワルキューレであるブリュンヒルデが父親の命令に背いて罰を受けたりということがあったわけだけど、その間アルベリヒやヴォータンが指環のことを忘れちゃっていたのかと言えばさにあらず・・・・。  だって「権力の指環」だもん。  愛を諦めたアルベリヒは再びそれを手にすれば世界征服できちゃうわけだし、ヴォータンはそんなことが起これば自分たち「神々」の覇権が覆されて滅ぼされちゃうわけだし、巨人族のファフナーは労働に対する正当な対価だから手放したくないわけだし・・・・。

で、どうなっているかというとね、

ファフナー:  契約に守られた正当な対価(権利)として得た全ての宝を守るために大蛇(竜とも言われる)に変身!  宝の上にどっかと乗っかり泥棒が近づいたら一口で食べちゃったり、絞め殺したりしている。  
← そこまでしないと権利が守れないほど混沌とした世界だったっていうことですよね。

アルベリヒ:  何とか自分の手で取り戻す機会を狙いつつ、「愛」ではなく「金」の力で女性をたぶらかし、自分の無念をはらす次世代の育成にも励んでいる。
← ニーベルング族の威信にかけても何世代かけてでも絶対に取り戻すという気迫が感じられます。

ヴォータン:  「ヴァルハラ城建築請負契約」による対価として巨人族への支払いを指環でしたヴォータンは自身は指環には手を出せない。  (混沌とした世界だけど契約の力はヴォータンを縛るのには有効らしい ^^;) で、考え抜いた賢い神様は自分の代わりに指環を奪還してくれる「愛を諦めないもの」育成に夢を託すことにした。  要は神々の意思や保護・援助とは無関係に、自分自身の意思でヴォータンの希望を叶えてくれる種族を育てれば、少なくともアルベリヒに渡す必要はなくなるので、そうなったらその先のことはまたその時考えよう・・・・っていう感じかな?  で、自らヴェルズング族の女性と関係をもってジークムントを産んでもらって彼に夢を託そうとしたのだけど、フリッカの怒りによってジークムントには死の運命を与えなければいけなくなっちゃったし、挙句に最愛の娘ブリュンヒルデまで失わなければならなかったという間抜けぶり・・・ ^^;  だからこの時点では「絶望感」を心の友としながらも、孫にあたるジークフリートに一抹の望みを託している状態。
← かなりまどろっこしいやり方だけど、自分が手を出せない以上仕方ない・・・・っていうところでしょうか?

で、「指環争奪戦」の役者がこの3人だけだったらまだシンプルでいいんだけど、ここに伏兵が1人いるんですよ。  それがアルベリヒの弟のミーメ。  兄貴にこき使われていたこのニーベルング族は運命のいたずらで、ジークフリートを身篭った逃亡中のジークリンデと行き会い彼女を助け、出産と同時に息を引き取った彼女からジークフリートとノートゥングの破片を引き継いでいたんですよね~。  で、当然彼は「指環」の威力を知っているわけで、ついでに未だに独り者(愛を諦めた?)状態だから指環が欲しくて仕方ない・・・・ ^^;  で、ジークフリートを利用して指環強奪を画策中。

KiKi はこの「ニーベルングの指環」が大好きなんだけど、この物語って下手な歴史書よりずっと面白いと思うんですよね~。  まだ若かりし頃にこのオペラに夢中になったとき、KiKi がこのオペラから学んだ真理(? 教訓?)はね、

「正義というのは立場が変われば変わるもの」

ということ。  この物語に登場する人(?)たちは決して誰しも「絶対の善」を体現した存在ではないけれど、それぞれがそれぞれなりの「理由」があって指環が欲しいんですよね~。  太古の時代から現代に至るまで人間が演じ続けている様々な紛争とこの「指環争奪戦」は「理由」や「利権」こそ違えども全部一緒なわけですよ。

「絶対的な正義」なんてどこにもない・・・・。  

子供時代に読んだ「御伽噺」の世界や、為政者の立場で書かれた「歴史書」には必ずと言っていいほどある「善と悪の対立軸」がこのオペラにはないんですよね~。  そこが素晴らしいと思うのです。  さすがワルのワーグナーが書いただけのことはある!!(爆)  しかもそこに付された音楽の何と心を揺さぶることか!!  「綺麗ごとではない音楽」の魅力みたいなものにも満ち溢れた作品だと思うんですよね~。      

ま、そんな「指環争奪戦、関が原前夜」状態で幕を開ける「ジークフリート」のあらすじはこんな感じです。

<第1幕>  森の中。  ここでミーメとジークフリートは一緒に暮らしているが、ミーメが鍛えたいくつもの剣をジークフリートはすぐにへし折ってしまい、ミーメは苛立っている。  一方、自我に目覚め始めたジークフリートは自身の出自をしつこく尋ねるが、ミーメはなかなか答えてくれない。  そんなミーメからようやく聞き出した話でジークフリートは母親の名前と父の遺品ノートゥングのことを知る。  ミーメはジークフリートを利用してファフナー退治を目論でいるが、そんなこととは露知らないジークフリートは広い世界に羽ばたく為にそのノートゥングを鍛えるように要求。  外に飛び出していったジークフリートと入れ違いに片目のさすらい人(実はヴォータン)がミーメ宅を訪問。  2人はそれぞれが首をかけた謎かけ問答をする。(まるでビルボとゴクリの謎かけ問答みたいだ 笑)  ヴォータンは最後に「ノートゥングを鍛えなおすことができるのは恐れを知らぬ者だけ。  その者にお前の首を託そう。」と言って去っていく。  又々、入れ違いにジークフリートが帰宅。  ミーメは不安になりジークフリートに恐れを教えようとするがまったくの徒労に終わる。  苛立つジークフリートは自身が鍛冶仕事に取りかかり、ついに名剣ノートゥングを鍛えなおしてしまう。

<第2幕>  森の奥深く、「欲望の洞窟」前。  アルベリヒがファフナーから指環を奪還する機会を伺っているとそこにさすらい人(ヴォータン)が現れる。  アルベリヒはヴォータンを警戒するが彼は弟のミーメに気をつけろと言い、大蛇となって「欲望の洞窟」に住んでいるファフナーにも警告を与えてその場を立ち去る。  そこにミーメ & ジークフリートのお笑いコンビが登場。  ミーメはジークフリートに「ここでお前に恐れを教えてやる」と言って彼を連れてきたのだが、実際には2人の相討ち(もしくはジークフリート勝利後、彼を騙し討ち)ののち宝を強奪することを狙っている。  何かとうるさいミーメを追い払ったジークフリートはそこで小鳥の囀りに耳を傾ける。  何とか小鳥とコミュニケーションを図りたいと思ったジークフリートは葦笛を作って真似して見るがうまくいかない。  葦笛を諦めたジークフリートは得意の角笛を試してみることにする。  するとその音色に反応して姿を現したのは小鳥にあらず、大蛇のファフナー。  恐れを知らないジークフリートは襲ってくる大蛇と戦い勝利する。  大蛇は今際の際に「お前を唆した者に気をつけろ」と言い残す。  大蛇の返り血を浴びたジークフリートが指についた血をなめると、小鳥の言葉が理解できるようになる。  小鳥の忠告に従って洞窟の中から「隠れ頭巾」と「指環」を入手するジークフリート。  そこにミーメが登場。  大蛇と小鳥の忠告を受けていたジークフリートはとうとうミーメのたくらみを暴き、その場でミーメを殺してしまう。  家宅侵入、傷害致死(対ファフナー)、窃盗、義父殺し、死体遺棄と刑事犯罪カタログを一挙に作り上げた(?)ジークフリートはさすがに疲労し小鳥のさえずりを聞きながらちょっと休憩。  すると小鳥たちは火に囲まれた岩山で眠るブリュンヒルデのことを教える。  唯一の仲間(?)だったミーメを失ったジークフリートは新たな仲間を求め、ブリュンヒルデ探しの旅に出る。

<第3幕>  ブリュンヒルデの岩山の麓の荒野。  さすらい人(ヴォータン)は智の女神エルダを呼び出し今後の展開がどうなるのか智恵を借りようとするが、回り始めてしまった車を止めることはもはやできないことを悟る。  そこにジークフリートが登場。  彼をここまで導いてきた小鳥の姿を見失ったジークフリートはブリュンヒルデの岩山への道順を尋ねる。  ヴォータンは彼の進行を阻止しようとするが、ノートゥングによりヴォータンの槍が砕かれてしまう。  ヴォータンはもはや「すべてがなるようになる」とジークフリートに道を譲る。  ジークフリートは炎をかいくぐりブリュンヒルデが眠る岩山に到着。  そこには1人の戦士が眠っている。  楯を取り去り、鎧兜を断ち切って武者装束を脱がせてみると、それは女性だったのでジークフリートは初めて「恐れ」を知る。  気を取り直したジークフリートは口づけによってブリュンヒルデを目覚めさせる。  彼女が目覚め互いの身の上を語り合う中で、ジークフリートも人間の愛に目覚め、2人は永遠の愛を誓い合う。

  
「ワルキューレ」と異なりこちらは「泣ける物語」ではありません。  ミーメとジークフリートのやり取りはお笑い漫才みたいなところがあるし、自然児ジークフリートの立ち居振る舞いはどこか滑稽だったりします。  物語の進行が面白いのは第1幕と第2幕、音楽的な聴きどころは第3幕に集中しているんじゃないかしら。  (あ、第2幕の「森のささやき」は忘れちゃいけませんね ^^;)  ヴォータンとエルダの二重唱はいかにも神話世界っていう厳かさがあり、宿命的なものを感じさせて素晴らしい。  でもね、絶品なのはブリュンヒルデの目覚め以降最後までの音楽なんですよね~。  ブリュンヒルデが目覚めるところの音楽は荘厳にして清らかっていう感じだし、それに続く「太陽に祝福を」は神々しい。  その後の会話の中でちょこっと「ジークフリート牧歌」のメロディが出てきたりして思わず引き込まれるし、さらには2人が愛を誓い合う二重唱の高らかで美しいことといったらもう!!  どこか能天気(?)なジークフリートと神から普通の女性に変わっていくブリュンヒルデの対比がまたいいんですよね~。

そうそう、どうでもいいことではあるんだけど、第1幕でジークフリートがノートゥングを鍛えるところでジークフリートが「♪ホーハーイ♪」と歌うところがあるんだけど、KiKi は初めて聴いたときこれを「♪ポ~パ~イ♪」かと思ったんですよね~。  まさか関係ないよね~。  でもね、オリーブがポパイを呼ぶときの「♪ポ~パ~イ♪」と何となくシンクロしちゃうんですよ。  (← って、最近の人はポパイなんて知らないか?)      

あと個人的に好きなのは、第2幕「森のささやき」の美しい音楽に続く、ジークフリートの間抜けな「葦笛の音楽」。  ここは結構笑えます。  いかにも自然児。  いかにもいたづら小僧っていう感じ。

それからこの映像の中で特記しておきたいのが大蛇ファフナーの姿。  一応このディスクでは「蛇」ということになっていて、別のレコードの解説では「竜」ということになっている「欲望の洞窟の化物」なんだけど、この映像の姿はどこからどう見ても(ってちょっと暗いから見えにくいんだけど)あれは「蜘蛛」だろう!!っていう感じ。  KiKi は映画「ロード・オブ・ザ・リング」の「王の帰還」でシェロブを観た時にデ・ジャヴ感があったんだけど、そっくりですよ、この2つ(笑)。

さて、明日はいよいよ「神々の黄昏」です。


追記:
このエントリーは2006年7月29日、yurikamome さんのブログの関連記事(こちら と こちら)に、又2006年8月2日、yokochan さんのブログの関連記事に TB させていただきました。


スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/135-079f29e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。