落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
ワーグナー ニーベルングの指環 ラインの黄金
さて、今日も引き続き「行けなくても我慢するもん!  勝手に1人バイロイト音楽祭シリーズを敢行したいと思います。  バイロイト音楽祭では毎年必ず上演される演目があります。  その1つがワーグナーの最高傑作にして最大作品である「ニーベルングの指環」、そしてもう1つが「パルジファル」です。  ほとんどのワーグナー作品が好きな KiKi にとって、この2つのうちの「指環;リング」は特別思い入れの強い作品で、過去にこの「リング熱」に浮かされたときには、社会生活と両立するのが危ぶまれるほど(?)のめり込んでしまい、寝ても覚めても頭の中をめぐっているのは「リング」の音楽ばかり・・・・と言っても過言ではないような状態になってしまったことがあったんですよね~。  だからこのブログでもこの曲の取り扱いには充分に注意して、極力手を出さないようにしてきたのですが、「勝手に1人バイロイト音楽祭」というテーマをぶちあげてしまった以上、必ず上演されるこの作品をスルーするわけにはいきません ^^;  それにこのサイトを見る限りでは今年は「オランダ人」→「指環」→「トリスタン」→「パルジファル」の順番で上演が行われているようだから、これは後回し・・・・というわけにもいかないようです。  てなわけで今日の KiKi の1枚はこちらです。

ワーグナー ニーベルングの指環 ラインの黄金
DG POBG-1001 演奏:レヴァイン指揮 & メトロポリタン歌劇場管弦楽団 収録:1990年3月、4月

Levine_Rheingold_Ring.jpg


ヴォータン: ジェイムズ・モリス(Bs. Br)
ドンナー:  アラン・ヘルド(Bs)
フロー:   マーク・ベイカー(T)
ローゲ:   ジークフリート・イェルザレム(T)
アルベリヒ: エッケハルト・ヴラシハ(Br)
ミーメ:   ハインツ・ツェドニク(T)
ファゾルト: ヤン=ヘンドリック・ロータリンダ(Bs)
ファフナー: マッティ・サルミネン(Bs)
フリッカ:  クリスタ・ルートヴィヒ(Ms)
フライア:  マリ・アン・ヘッガンダー(S)
エルダ:   ビルギッタ・スヴェンデン(A)


音楽を耳で愉しむだけだったらこの超大作の KiKi の1番のお気に入りはベーム & バイロイト管 の演奏なのですが、とりあえず今回はこのブログでこの「ラインの黄金」を取り上げるのも1回目だし、オペラは総合芸術だからやっぱり映像付で愉しむ方が一般的には親しみやすいだろうと思うので、どなたにもある程度安心してオススメできるDVD盤をピックアップしました。  このDVDは舞台装置といい、役者の充実度といい、音楽性といいすべてが及第点の内容だと思います。  それに KiKi も久しぶりにこのDVDを観ておきたかったしね(笑)。  ちなみに KiKi のお気に入りのベーム盤もついでにご紹介しておくとこちらです。

PHILIPS 412 475-2 演奏:ベーム指揮 & バイロイト祝祭管弦楽団 録音:1967年 

Bohm_Rheingold_Ring.jpg



ワーグナーが構想から26年の歳月をかけて作り上げ、このオペラ(楽劇)を上演するためにパトロンのルートヴィヒ2世の助力を仰ぎながら彼仕様の劇場まで作り、今回のテーマでもある「バイロイト音楽祭」開催のきっかけを作ったこの作品。  上演に実に4夜も費やすという超大作で大量の資金と人材を要するこの作品が今でも上演され続け、KiKi のような「指環フリーク」の人間を生み出すのは、やっぱり作品の半端じゃない魅力のためだと思うんですよね~。

このオペラの台本を書いたのは御多聞にもれずワーグナー自身なんだけど、その題材は広くドイツ中世の叙事詩「ニーベルンゲンの歌」や北欧神話「エッダ」、「ヴェルズンガ・サーガ」などからとられています。  こうなってくると神話好きの方はがぜん興味が出てくるんじゃないかしら??  この物語の全貌をすご~く簡単に言っちゃうと、力(権力)の象徴としての指環が、ニーベルング族のアルベリヒ → 神々の長ヴォータン → 巨人族のファフナー → ジークフリート と所有権(?)移転していくんだけど、それに伴って起こる様々な争いのドラマと神々の世界の滅亡 っていう感じでしょうか。  なんとなく何かを思い起こしませんか??  そう、あの「ロード・オブ・ザ・リング」と何気に似ているところがあったりするんですよね~。  そんな面白そうな筋立てにワーグナーという超ド級の作曲家が素晴らしい音楽をつけているんだから面白くないわけがない!!  

今日鑑賞した「ラインの黄金」は物語の発端・・・・というか序章の部分にあたるんだけど、人間は1人も登場しません。  出てくるのは神々、ラインの水の精(妖精?)、ニーベルング族(ドワーフと何気にリンク)、巨人族・・・っていう感じです。  全1幕4場のあらすじをものすご~くざっと書くと以下のような感じでしょうか。

3人のラインの乙女が守っているラインの黄金からは、世界を支配する力を持つ指環をつくることができると言われていた。  但しその指環からその力を引き出すためには「愛を諦める」ことが必要だった。  当初はラインの乙女たちの愛を求めていたニーベルング族のアルベリヒはラインの乙女たちに面白半分にもてあそばれているうちに、ならば自分は愛を諦めると宣言し、その黄金を奪って姿を消した。  

同じ頃、神々の長ヴォータンは神々の住む居城を巨人族の兄弟に作らせていた。  その「建築請負契約(口頭)」においてヴォータンは春の女神フローラをその代償として引き渡すことを約束していた。  ヴァルハラ城の建築を終えた巨人族の兄弟は契約履行をヴォータンに迫るが、彼は彼女を引き渡したくない。  実は神々の中で彼女のみが神々に永遠の若さと力を授ける「黄金のりんご」を育てることができるのだ。  そこに奸智に長けた火の神ローゲが登場。  ローゲは双方の関心をフローラから引き離すためにラインの黄金がアルベリヒによって盗まれたこと、その黄金からは「力の指環」を作ることができることなどを話す。  ヴォータンも彼の妻フリッカも巨人族もそれぞれがその「黄金(指環)」に興味を持つ。  こうして巨人族兄弟はその黄金(指環)ならフライアの代償として受け入れることを約束する。  ヴォータンとローゲはアルベリヒからその「黄金(指環)」をかっぱらうために天上から地下のニーベルング族が住む国(ニーベルハイム)へ降りていく。  

ニーベルハイムではアルベリヒがすでに「指環」を作り上げその魔力によって権力を掌握していた。  又アルベリヒは自分の弟のミーメに「隠れ頭巾」を作らせていた。  ヴォータンとローゲはそんなアルベリヒを狡猾にだますと、彼を囚人として天上へ引き連れて帰っていく。

こうしてお縄状態となったアルベリヒは彼の財宝と引き換えに自由にしてもらうことになる。  貪欲なヴォータンは彼が「指環」の魔力によって得ていたすべての財宝のみならず、指環や隠れ頭巾に至るまですべて取り上げてしまう。  ようやく自由の身となったアルベリヒは立ち去り際に指環の持ち主に死の呪いをかけて立ち去る。  そこに巨人族が再登場。  2人の要求でまずはフライアの姿がすべて隠れるだけの黄金を要求される。  アルベリヒから得たすべての黄金を積んでも満足できない巨人族は「隠れ頭巾」と「指環」をさらに要求する。  ヴォータンは指環を惜しむが、智の女神エルダの警告に従ってようやく指環を手放す決心をする。  こうして巨人族の手に指環が渡るが、その直後、さっそくアルベリヒの呪いが効いて、巨人族は指環の所有権争いを演じ、ファフナーが兄弟のファゾルトを殺害。  何はともあれ、城は完成し支払いを済ませた・・・・ということで、神々はヴァルハラ城に入城していく。  ライン河からは黄金を奪われた乙女たちの嘆きの声が響いていたのだが・・・・。  <続く>
 

いや~、神様も巨人も小人も、どいつもこいつもダメな人間みたいですね~。  その最たる存在が神々の長ヴォータンなんですよね~。  一応「美」によって世の中を治めているらしいのですが、彼らの「美」の旗印は「暴力反対!」っていうことみたいです(笑)。  フライアを守るために現れた彼女の兄弟が「腕力」で彼女を取り戻そうとするのだけは押し留めるんだけど、それ以外はまるで子供並みのわがままの言い放題です。  「城」は欲しい、でも約束した「対価」は払いたくない。(「意思表示による契約」があるのに「心裡留保」を主張して支払い拒否。)  人身(神身?)売買の話をしている最中に「力の指環」に夢中になってフライアのことを忘れちゃう(フライア、かわいそ・・・)。  力の指環を手に入れるためにアルベリヒをだまして身包み剥いで全部かっぱらっちゃう。  「指環とフライアとどっちが大事?」という局面でもなかなか指環を手放そうとしない・・・・。  何だかどこかの金満政治家 or 既得権にしがみついているオヤジみたいだなぁ・・・(笑)。

まあ、冒頭からこんなんだから、神々の末路は知れたもの・・・・っていう感じはプンプンしているんですけどね(笑)。  それにしても・・・・、1番ダメなのは「ラインの乙女たち」なのかもしれません。  ラインの黄金を守らなくちゃいけない立場なのに、「黄金の秘密」を初対面(?)のアルベリヒにペラペラと喋り、「愛を諦めた者なら力の指環を作ることができる」ことを知っていながら、アルベリヒの求愛をもて遊んじゃダメでしょう・・・・ ^^;    

最後に音楽のお話を。  このDVDの演奏は悪くないとは思うのですが、正直なところちょっとあっさりしすぎている感もなきにしもあらずなんですよね~。  レヴァインの指揮なのでスケールは大きいんだけど、何かが足りない感じが・・・・。  メットの作品だから、ということではないと思うけれど「何となくアメリカン(コーヒー)」なんですよ。  ワーグナー特有の毒気を抜いてある・・・・って言うか。  ま、おかげで「寝ても覚めても~」っていう状態にはなりにくいっていう利点があっていいんですけどね。  冒頭のアルベリヒと3人官女 もとい ラインの乙女たちのやりとりはもっと官能的であって欲しいような・・・・。  だって愛欲だらけだったアルベリヒが「愛を諦める決心」をするぐらいなんだから・・・・。  それと、神々の長ヴォータンがねぇ・・・・。  まあ、情けない神様だからいいといえばいいんだけど、歌唱は見事だとは思うんだけどちょっとゲルマンの神々の長というには貫禄がないというか、軽っぽいというか、七五三風というか・・・・ ^^;  ま、これは見かけ・・・というか外見の作りのせいかもしれないんですけどね。  もっとも変な解釈による舞台の置き換え(現代に置き換えたり)がない分、他の映像作品よりはわかりやすいからいいとは思うのですが・・・・。

最後に、KiKi の蔵書(?)をご紹介しておきますね。  このオペラの元本とも言うべき伝説や神話の物語に興味のある方にこんな本がありまっせ・・・とご案内するために比較的コンパクトで読みやすい単行本を数冊選んでみました。  KiKi はこういうのに目がないんですよ~(笑)。   

              


追記:
このエントリーは2006年7月26日、yokochan さんのブログの関連記事に、2006年7月29日、yurikamome さんのブログの関連記事に、2006年8月15日、みー太さんのブログの関連記事に TB させていただきました。


スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
この記事に対するコメント
ベームの「リング」は長らく KiKi のスタンダードでした
こんにちは、mozart1889 さん。  コメントありがとうございます♪

ベーム/バイロイト祝祭管盤は KiKi にとって長らくの間この曲のスタンダードでした。  とにかくリングのコレクションには金がかかるので、色々なセットを購入することができなかった時代に(とにかく KiKi の場合、ピアノ曲のCDには金がかかっていたので・・・・ ^^;)、乏しい財布の中身&ワグネリアンの先輩諸氏のアドバイスとを見比べながら、選びに選んで購入した全曲盤がこれでしたからねぇ~。  それまではず~っと抜粋盤ばかりでしたから・・・・。

「行けなくても我慢するもん!」シリーズを書いていた頃には久しぶりにベームの全曲盤も怒涛の如く聴いていましたが、今はまた棚のちょっと奥に引っ込んでしまったこの全集。  mozart1889 さんのコメントを拝読していたら、また聴きたくなってきちゃったぞぉ~。  困った、困った・・・・v-407(← と言いつつ、ニンマリしている KiKi なのです。)  
【2006/11/19 10:47】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]

久しぶりに「ラインの黄金」を聴きました
KiKiさん、おはようございます。
久しぶりに「ラインの黄金」を聴きました。ベーム/バイロイト祝祭管盤です。僕はテオ・アダムが好きなので、彼のヴォータンが聴ける演奏を好みます。ローゲがヴィントガッセンというのも楽しいですね。
1960年代の名歌手が揃って、ベームの引き締まった指揮で聴く「リング」もエエですね。
【2006/11/19 05:49】 URL | mozart1889 #6YySSgy. [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/133-d4e020a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。