落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
デュカス 交響詩「魔法使いの弟子」
ようやく咳もおさまりつつある今日、KiKi は久しぶりに池袋までお出かけしました。  と言うのも今日が KiKi の加入している健康保険組合の今月分の保険料納付期限日で、雨が降ろうが槍が降ろうが熱が出ようがテポドンが飛んでこようが、とにかく這ってでも銀行に行かなくちゃいけなかったから・・・・なんですけどね。(健康保険の任意延長は納付期限を1日でも過ぎたら資格を喪失しちゃうんだそうな。)  最近では小銭がないときに仕方なく1万円札を取り出すことはあっても3,000円以上のお金は滅多にお財布から出さない生活をしている KiKi なのに、今日は件の健康保険料のみならず固定資産税やら自動車税やら住民税やら国民年金の保険料やらの「租税公課」勘定で一挙に大枚放出!!  銀行残高のあまりの目減りの仕方にショックを受け、そのショックとともに理性がどこかへ飛んでいってしまったようで、その足は当たり前のようにHMVに向かいました。  するとそこには SALE の文字が躍っているじゃありませんか!!!  で、「2枚以上購入の場合1枚につき20%オフ」の棚にフラフラと引き寄せられ、ふと気がついたときには6枚のCDを手にレジに並んでいました ^^;  てなわけで今日の KiKi の1曲はそのCDの中からこちらです。

デュカス 交響詩「魔法使いの弟子」
PHILIPS UCCP-7048 演奏:マリナー指揮 & アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ 録音:1983年

SBest_Persian20Market.jpg


このCD、「PHILIPS Super Best 100」の中の1枚でタイトルが「ペルシャの市場にて/オーケストラ名曲集」というもので、1枚正価で1,000円。  20%オフで購入したので800円のCDです。  この値段じゃなければ絶対に買わなかっただろうなぁ・・・・ ^^;  で、内容としては以下のような曲が収録されています。


1. ペルシャの市場にて (ケテルビー)
2. 交響詩「魔法使いの弟子」 (デュカス)
3. タイプライター (アンダーソン)
4. 森の水車 (アイレンベルク)
5. 口笛吹きと犬 (プライヤー)
6. 森の鍛冶屋 (ミヒャエリス)
7. ドナウ河の漣 (イヴァノヴィチ)
8. 時の踊り (ポンキエッリ)
9. 歌劇「ウィリアムテル」序曲 (ロッシーニ)
10. 喜歌劇「天国と地獄」序曲 (オッフェンバック)


いえね、実は先日 miwaplan さんのこのエントリーを拝読して以来、何となく「ペルシャの市場にて」を久しぶりに聴いてみたいなぁ・・・・という潜在意識が働いていたんですよね~。  小学校の音楽の時間 もしくはお昼の放送の時間以来、聴いていないんですよね~、この音楽。  で、KiKi の場合、子供時代から家で聴くのはメンコンとかモーツァルトの交響曲、さもなければピアノ曲ばかりだったから、こういう「ホーム・ミュージック」系の音楽はあんまり聴きこんでいない訳で・・・・ ^^;  で、今日このCDを見つけちゃったときには1枚800円だし、1枚ぐらいはこういうCDを持っていてもいいかな・・・・と思っちゃったわけです。

で、今日のレビューはまあ「ペルシャの市場にて」について何か書いてもいいんだけど、こういう描写音楽について何かを書くのって何だか音楽の教科書みたいでイヤだなぁ・・・・と。  そこへ行くと比較的何かを書きやすいのはやっぱり「魔法使いの弟子」になっちゃうんですよね~。  因みにこのCDで初めて聴いた音楽に「タイプライター」(3曲目)というのがあるんだけど、何とも面白い曲で KiKi はすっかり気に入ってしまいました。  メチャクチャポップなんですよね~。  だって中心にすえられているのがタイプライターのキーを叩く音と改行の際に鳴る「チーン」という音、そして紙を巻き上げる音なんですよ。  KiKi は社会人になって最初についた仕事でこういう昔ながらのタイプライターで Invoice なんかを作っていたから懐かしいっていう気持ちもあって、妙に受けちゃいました。  オフィスもののコメディ映画なんかでも使えそうなコケティッシュな音楽だと思います。  (もっともイマドキの若い人たちはこういうタイプライターを見たことも、その音を聞いたこともないのだろうから、これをコケティッシュと感じられるかどうか・・・・ ^^;)

さて、「魔法使いの弟子」です。  この音楽を聴くと KiKi はどうしても映画「ファンタジア」のミッキーの魔法使いの姿が鮮明に浮かんでくるんですよね~。  魔法使いの先生が出かけた隙に、その弟子が覚えたての魔法を唱え、箒が働き出すんだけどその弟子は魔法を解く呪文を覚えていなくて、箒が働きすぎてあたり一面水浸し(というより大洪水)・・・・。  金管のファンファーレとともに先生のご帰還でよかったよかった・・・・というあのアニメ。  楽しかったなぁ。  

実は KiKi は映画の「ファンタジア」は大人になってから初めて観たので、この曲もバッハの「トッカータとフーガ」もチャイコフスキーの「くるみ割り人形」も、ストラヴィンスキーの「春の祭典」も、ベートーヴェンの「田園」も、ポンキエリの「時の踊り」も、ムソルグスキーの「禿山の一夜」も、シューベルトの「アヴェ・マリア」も、曲との出会いの方が早かったんだけど、良くも悪くもこの映画でバッチリと記憶されたのはこの「魔法使いの弟子」だったんですよね~。  基本的にはディズニー映画ってさほど好きじゃない(嫌いという事ではありません、念のため) KiKi だけど、この映画と「わんわん物語」だけは格別だなぁ・・・・。  KiKi に子供がいたら絶対に何度も見せちゃうだろう映画です。  てなわけで一応映画の DVD もご紹介しておきますね♪

   

何だか今日は選んだCDのせいか、ちょっと「お子様に是非♪」のノリになってきてしまいました ^^;  そこで最後にちょっと大人の話題(?)を♪  このCDに収録されているもう1曲、イヴァノヴィチの「ドナウ河のさざ波」。  この曲もとある映画で使われていたんですけど、ご存知でしょうか??  それはマレーネ・ディートリッヒが出ていた「間諜X27」(28だったかも・・・ ^^;)という映画なんですよね~。  モノクロですよ~。  KiKi も子供の頃にTVか何かで1回観ただけなので記憶は不鮮明なんだけど、ディートリッヒが間諜(=スパイ)の役で、何かの暗号が隠されているのがこの曲(?)だったんですよね~。  で、この曲を彼女がピアノで弾きまくっているシーンがあって幼かりし KiKi は「か~っこいい!!」とその姿に漣、で、この曲のピアノピースを入手して一所懸命練習した・・・・・という大バカ者でした 蓮  でも田舎の小学生の女の子の割には趣味が良かったと思いません令


追記:
このエントリーは2006年7月13日、yurikamome さんのブログの関連記事に TB させていただきました。


スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/117-60247c3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。