落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
シェーンベルク 浄められた夜 Op. 4 (弦楽六重奏版)
どうも体調が今ひとつすっきりとしない日々が続いています。  咳が止まらなくて、ちょっと微熱が出たり出なかったり・・・・。  か~っと高熱が出て汗かいて終わり・・・・とならないあたりがなかなか辛いものがあります。  ことに夜中に咳が止まらなくなるので毎晩毎晩ちゃんと睡眠をとることができません 輦  ただでさえ熱帯夜で寝苦しいところにもってきて咳に責めたてられるので二重苦状態です。  ああ、何と言う悲しい夜なんざんしょ!!!  てなわけで今日の KiKi の BGM は夜つながり(どんなつながりなんだ??>自分)でこちらです。

シェーンベルク 浄められた夜 Op. 4 (弦楽六重奏版)
DENON COCQ-83489 演奏:カルミナ四重奏団+ノーラ・チャスティン(2nd va) & トーマス・グロッセンバッハー(2nd vc) 録音:2000年5月

Wolf_Berg_Schonberg.jpg



この曲には今日聴いているこの弦楽六重奏版と弦楽合奏版があります。  KiKi は個人的にはこちらの弦楽六重奏版の方が好きで、ついついこちらに手が伸びてしまうのですが、まあついでに弦楽合奏版のCDもご紹介しておくことにしますね。

シェーンベルク 浄められた夜 Op. 4 (弦楽合奏版)
SONY Classical SRCR 2027 演奏:ブーレーズ指揮 & ニューヨーク・フィルハーモニック 録音:1973年9月

Schoenberg_Berg.jpg


実はね、KiKi はもともとシェーンベルクってどうも苦手意識があったんですよね~。  バイエルから始まり(実際は KiKi の場合、幼稚園入園前から始めたので、バイエルの前にメトードローズという教本も使っていたんだけど)、長年「調性音楽」を学んできた身にとって「無調主義」な~んていうのはその名前からしてさっぱり理解できそうもなかったし、まして十二音主義な~んていうのもビヨンド・マイ・アンダースタンディング(理解不能)な世界なわけで・・・・ ^^;  五度圏の輪っかや三和音を基準に様々な楽典を学んできた身にとって「なんじゃそりゃ」の世界なわけですよ。

でもそんな KiKi がシェーンベルクの音楽を理解不能ながらも辛抱強く聴いてみようと思ったのはひとえにとあるマンガのおかげなんです。  そのマンガのタイトルは「オルフェウスの窓」。  池田理代子さんの音楽学校及びロシア革命を舞台にした大河ロマン作品です。  メインの登場人物の1人、イザーク・ヴァイスハイト(ピアニスト)がウィーンで師事する先生の名前がシェーンベルク先生なんですよね~。  で、まあイザークに好感を持っていた KiKi としては彼が師事していた先生の音楽はやっぱり聴いておかなくちゃ・・・・などと健気に(と言うか現実とマンガを混同している愚か者なんですが)思っちゃったりなんかもしたわけで・・・・(笑)。

で、いくつか聴いてみたなかで比較的理解可能で、美しいと思えたのがこの「浄められた夜」なわけです。  もっともこの音楽は彼の作品の中ではかなり「後期ロマン派的」な音楽なわけで、やっぱり KiKi にとっては難解すぎる無調主義とか12音主義なんていう世界よりは、R・シュトラウス的な音楽だから受け入れることができたんだと思うんですけどね ^^;

ドイツの抒情詩人、リヒャルト・デーメルの「女の世界」という詩集の中から題材をとり、室内楽作品としては珍しくも標題音楽になっています。  曲は単一楽章からなり月夜の林の中を歩む2人の男女の「歩みのモチーフ」から始まり、2人の対話、そして愛の確認ののち再び歩み始めるというこの詩の物語にそって流れていきます。  最後の森のざわめきのようなアルペジオの結尾部分なんか本当に美しい!!!  対位法的な音楽で彼の作品の中ではわかりやすいという点も気に入っています。

因みに KiKi に彼の音楽を辛抱強く聴こうという気にさせてくれたマンガはこちらです。



スポンサーサイト
TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/109-98a9b9be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シェーンベルク 他 ~ 清められた夜 他

シェーンベルク 清められた夜 他 クリムトの『接吻』が印象的なジャケットの本作は、現代音楽の入門的一枚なのでしょうか。自分はあまり馴染みがないのですが、何となく気になる... 徒然【2007/10/22 16:18】
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。