落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
シューベルト 最後の3つのソナタ D.958, D.959, D.960
先日もご紹介した torte(とるて)さんのサイトにお邪魔して、お仕事をしながらも大曲に積極的に取り組み、人前で演奏する機会に貪欲にチャレンジされていらっしゃる姿勢に大いに触発されてしまった KiKi。  今の自分を振り返ってみると、バッハの平均律、ショパンのエチュード、そして何か曲を1曲ということで、それなりに正統的(?)なレッスン(← と言っても月1回なんだけど ^^;)を受けてはいるものの、「曲を1曲」の曲を選ぶに当たってはどうしてもちょっと軽めのサロン音楽的な曲を選んでしまう傾向があるんですよね~ ^^;  で、ふと思い返してみると誰かしらの「ピアノ・ソナタ」に最後に取り組んだのはもう随分昔のことで、久しく弾いていないのですよ。  それを考えると、たまにはガチっとした構成感のある曲を弾く訓練もしておかないとなぁ・・・・などと思うわけです。  てなわけで、これから暫くは今取り組んでいるフォーレの「バルカローレ」が仕上がったら取り組む曲を選曲するための音楽鑑賞をしようかな・・・・などと思うに至りました。  この選曲という作業、楽しくもあり苦しくもあり・・・・なんですよね~。  で、まずはピアノ・ソナタからスタートです。

世の中に数多あるピアノ・ソナタの中で KiKi の「いつか弾きたい曲リスト」にノミネートされているのはベートーヴェン、ブラームス、ショパンのソナタがほとんどなんだけど、ベートーヴェンは今レッスンしていただいている先生が取り組んでいらっしゃる最中なので、ダブリを避けるためにもとりあえず却下。  ショパンはエチュードとダブリになるので却下。  で、そうなると残るのはブラームスなんだけど、久しく軽めの曲ばかり弾いていたのにいきなりブラームスはなぁ・・・・などと躊躇する気持ちが湧いてきちゃいました。  てなわけで「レッスン曲選抜音楽鑑賞第1弾」、今日の KiKi の1曲(って言うか3曲)はこちらです。

シューベルト ピアノ・ソナタ第19番 D.958
シューベルト ピアノ・ソナタ第20番 D.959
シューベルト ピアノ・ソナタ第21番 D.960

PHILIPS 438 703-2 演奏:ブレンデル(p) 録音:1971年11月 & 1972年2月

Schubert_Last3_PSonata.jpg



シューベルトのこれら最後の3つのピアノ・ソナタのCDは KiKi はこのブレンデル盤、シフ盤、アラウ盤、内田盤のどれかを聴くことが多いのですが、今日はこれらのCDの中で1番最初に購入したブレンデル盤(PHILIPS の DUO シリーズ)を選びました。  ま、初心に帰るつもりで・・・・(なんちゃって ^^;)

実はね、KiKi はシューベルトのソナタって1度も、1曲もちゃんと仕上げたことがないんですよね~。  子供時代に第13番(D.664) を全楽章ざっとおさらいしたことはあるのですが、仕上げる前に発表会シーズンが迫ってきて、「これはちょっと置いておいて・・・・。」みたいなことになって、数ヶ月を発表会で演奏する曲に費やしているうちに、本人も先生も棚上げしておいたそのソナタの存在を忘れちゃったの(苦笑)。  よくよくシューベルトのピアノ・ソナタは忘れられやすい体質みたい・・・・。 (← ものの本によれば、シューベルトは21曲のピアノ・ソナタを書いたとされているんだけど、そのうち完成されたのは11曲で、さらには彼の生前に出版されたのはわずか3曲だったのだそうです。)  で、KiKi がこれまでレッスンを受けてきた先生もあまりシューベルトのソナタを重視していらっしゃる先生はいらっしゃらなくて、ず~っと手付かずの分野なんですよね~。

そんな KiKi にシューベルトのピアノ・ソナタを見直すきっかけを与えてくれたのが、実はこのブレンデルの演奏だったんです。  このCDに収録されているシューベルトの最後の3つのソナタは、彼の死の3ヶ月前に一挙に作曲されました。  因みにシューベルトが亡くなったのが1828年、ベートーヴェンが亡くなったのが1827年。  この3曲はベートーヴェンへのオマージュ的な心理も多分に働いているようでそれ以前の作品と比べるとそこかしこにベートーヴェン的な響きが聴き取れます。

ことに第19番のソナタにその傾向が顕著で、ベートーヴェン風の劇的性格が強く、曲の密度もかなり濃厚です。  特に第1楽章のアレグロ(ハ短調)はベートーヴェン的な響きに満ちています。  もともとハ短調という調性はベートーヴェンにとってはとても大事な調性(「悲愴ソナタ」「月光ソナタ」「交響曲第5番」など)だったことを考えても、この楽章はかなりシューベルトがベートーヴェンを意識した曲作りをしたと考えてもいいんじゃないかしら・・・・。  でも、第2楽章のアダージョの深い情趣や終楽章アレグロのめまぐるしい転調などは、やっぱりシューベルトの音楽だなぁと思わせてくれます。  

第20番のソナタは、ベートーヴェンのダイナミクスを引き継ぎつつも、もっとずっと詩的・・・・と言うか歌謡的な感じのする音楽です。  とても技巧的な音楽にもなっていて、演奏会などでもよく取り上げられる曲です。  第1楽章アレグロの半音階的な動機がよく目立ちます。  第2楽章アンダンティーノの哀愁を帯びた旋律は、少しずつ姿を変えながら4回歌われます。  この間、少しずつ少しずつ内省的な気分を盛り上げ、心の奥底に沈めこんだ想い・・・・のようなものを感じさせます。  軽快なスケルツォ(第3楽章)に続く、第4楽章はまるでピアノによるリートのような音楽。  こういう曲はベートーヴェンには書けなかったなぁ・・・・。  

そして最高傑作の第21番のソナタ。  穏やかさのうちに湛えられた深遠なロマンが印象的な第1楽章。  8小節目に入る遠くから聞こえてくる雷鳴みたいなトリルがすご~く印象深いんですよね~。  広々とした主要主題(これからの明るい未来を展望するかのような音楽)をあたかも中断させるかのように挿入される、まだ目には見えない不吉な運命みたいな感じで・・・・。  第2楽章のアンダンテ・ソステヌートは涙が出そうになるほど美しい!!  ちょっと「冬の旅」で歌われるやるせなさに通じるものがあるように思います。  KiKi はね、この楽章はシューベルトの書いた音楽の中で1番と言ってもいいほど美しいと思うんですよね~。  ああ、この部分だけでも弾いてみたいなぁ・・・・。  シンコペーションの和音が面白い表情を作る第3楽章スケルツォを経て突入する最終楽章は軽快なフィナーレです。  曲の最後でいきなりプレストにテンポアップして、ベートーヴェン的に終わるのも何とも象徴的な感じがします。  

う~ん、確かにどの曲も素晴らしい作品だし、それなりに食指は動くんだけど、やっぱり「すご~く弾きたい曲」ではないなぁ・・・・・。  って言うか、こういうベートーヴェンを意識したソナタを弾くんだったら、KiKi のライフワークの1つ、ベートーヴェンのソナタそのものを弾いた方がいいような気がしてしまう・・・・。  ま、恐らく(まだ断定はできないけれど)フォーレの次にシューベルトになることはなさそうです ^^; 


追記:
このエントリーは2006年7月2日、garjyu さんのブログの関連記事に TB させていただきました。


スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

TOP
この記事に対するコメント
ペーター・レーゼルとゲルハルト・オピッツ
こんにちは、畑山さん。  何度もコメントをいただきありがとうございます。  どうやら畑山さんはペーター・レーゼルとゲルハルト・オピッツの大ファンでいらっしゃるのですね。  どちらのピアニストも KiKi はそれなりに知っているし、演奏を聴いてもいるのですが個人的にはやはりベートーヴェンのピアノソナタのスタンダードはアラウ、ブラームスはカッチェン、シューベルトの最後のソナタはブレンデルなのです ^^;  ま、それだけこれらの演奏をCDで何度も聴きこんできてちょっと頑固になっているだけかもしれませんが・・・・。

ペーター・レーゼルは室内楽の演奏で何度か聴いています。  オピッツは以前NHKでベートーヴェンのソナタのレッスンか何かの番組で彼の解釈に触れ、そこそこ興味は持ったものの、それっきりですねぇ・・・・。  機会があったら最近のオピッツの演奏も聴いてみたいものです。
【2007/12/31 13:46】 URL | KiKi #bMLlLu06 [ 編集]


さて、4月29日、ペーター・レーゼルのリサイタルを聴きに行きました。シューベルトのピアノソナタ第21番、D.960、変ロ長調は今でも強烈に印象に残っています。ヴィーンの名匠パウル・バドゥラ・スコダ、イェルク・デムスもここまで歌えるだろうかという名演でした。バドゥラ・スコダも10月31日のリサイタルを聴きに行き、第20番、D.959でしたが、名演でした。D.960だったらなあ、と思うとさてさて、というところでしょうか。
【2007/12/31 13:30】 URL | 畑山千恵子 #oRlEisjI [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://diarymusic.blog78.fc2.com/tb.php/105-59a02bba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。