落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
ブラームス ピアノ・ソナタ第3番 Op.5
さて、実は KiKi は明日・あさってとちょっと野暮用で東京を離れなくちゃいけません。  で、その分を今日中に埋めてしまおうかな・・・・などと思うわけです。  選曲作業もしなくちゃいけないことですし・・・・(笑)。  てなわけで、本当は今は6月26日なんだけど、こちらは6月27日分のエントリーということで・・・・。

シューベルトのソナタにあまり食指が動かなかった KiKi。  仕方ないのでブラームスを聴いてみることにしました。  実はこの曲は、KiKi が高校生の頃、当時師事していた先生にピアノ発表会用の曲として勧められていたんだけど、当時の KiKi はブラームスに対して苦手意識を持っていたので丁重にお断りさせていただいて、当時大好きだったショパンのスケルツォ第2番を弾かせていただいたという曰くつきの曲です。  この先生は KiKi にはやたらにブラームスを弾かせたがっていたんですよね~。  ま、先生にしてみればそれまでの発表会でモーツァルト、シューベルト、ショパン、ベートーヴェン、リストと弾いてきた KiKi だったので、新しい作曲家の曲に取り組ませたかったのかもしれません。  てなわけで今日の(明日の?)KiKi の1曲はこちらです。

ブラームス ピアノ・ソナタ第3番 Op. 5
DENON CO-75959 演奏:ゲルバー(p) 録音:1992年7月

Gelber_Brahms_PSonata3.jpg



[Read More...]
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

TOP
シューベルト 最後の3つのソナタ D.958, D.959, D.960
先日もご紹介した torte(とるて)さんのサイトにお邪魔して、お仕事をしながらも大曲に積極的に取り組み、人前で演奏する機会に貪欲にチャレンジされていらっしゃる姿勢に大いに触発されてしまった KiKi。  今の自分を振り返ってみると、バッハの平均律、ショパンのエチュード、そして何か曲を1曲ということで、それなりに正統的(?)なレッスン(← と言っても月1回なんだけど ^^;)を受けてはいるものの、「曲を1曲」の曲を選ぶに当たってはどうしてもちょっと軽めのサロン音楽的な曲を選んでしまう傾向があるんですよね~ ^^;  で、ふと思い返してみると誰かしらの「ピアノ・ソナタ」に最後に取り組んだのはもう随分昔のことで、久しく弾いていないのですよ。  それを考えると、たまにはガチっとした構成感のある曲を弾く訓練もしておかないとなぁ・・・・などと思うわけです。  てなわけで、これから暫くは今取り組んでいるフォーレの「バルカローレ」が仕上がったら取り組む曲を選曲するための音楽鑑賞をしようかな・・・・などと思うに至りました。  この選曲という作業、楽しくもあり苦しくもあり・・・・なんですよね~。  で、まずはピアノ・ソナタからスタートです。

世の中に数多あるピアノ・ソナタの中で KiKi の「いつか弾きたい曲リスト」にノミネートされているのはベートーヴェン、ブラームス、ショパンのソナタがほとんどなんだけど、ベートーヴェンは今レッスンしていただいている先生が取り組んでいらっしゃる最中なので、ダブリを避けるためにもとりあえず却下。  ショパンはエチュードとダブリになるので却下。  で、そうなると残るのはブラームスなんだけど、久しく軽めの曲ばかり弾いていたのにいきなりブラームスはなぁ・・・・などと躊躇する気持ちが湧いてきちゃいました。  てなわけで「レッスン曲選抜音楽鑑賞第1弾」、今日の KiKi の1曲(って言うか3曲)はこちらです。

シューベルト ピアノ・ソナタ第19番 D.958
シューベルト ピアノ・ソナタ第20番 D.959
シューベルト ピアノ・ソナタ第21番 D.960

PHILIPS 438 703-2 演奏:ブレンデル(p) 録音:1971年11月 & 1972年2月

Schubert_Last3_PSonata.jpg



[Read More...]

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

TOP
ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第13番 Op. 130
何だか咳が止まらなくなってしまい、昨晩はほとんど寝付けませんでした。  ちょっと朦朧とした頭で迎えた朝、こういう日にはあまり仰々しい音楽はチト荷が重い ^^;  ということでまずは交響曲、管弦楽曲、協奏曲は却下。  ピアノ曲もちょっと暫くはお休みしたい気分。  ・・・・ま、そんなわけで室内楽から何かを選ぶことにしました。  で、色々迷った挙句、ピックアップされた今日の KiKi の1曲はこちらです。

ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第13番 Op. 130
EMI 5 73606 2 演奏:アルバン・ベルク四重奏団 録音:1982年6月

Beethoven_SQ_Comp.jpg



[Read More...]
TOP
武満徹 そして、それが風であることを知った
今日はほんの少しお日様の日差しを感じられるお天気みたいで嬉しいです。  しかも今朝は結構心地よい風が吹いているんですよね~ ^o^  KiKi はね、低血圧の上にちょっと冷え性気味なので冷房に弱かったりするんですよ。  だから家にいるときは極力冷房のお世話にならないようにしているんです。  因みに防音室は気密性が高いので、夏場は冷房なしではいられないほど蒸し暑くなってしまうので、この一室は弱めの冷房を入れっぱなしです。  ピアノの練習のために最低1時間、長く時間が取れる日には4時間ぐらいはその部屋に篭りきりにならなくちゃいけないので、それ以外の部屋は極力自然風で冷気を取り込むようにしています。  

今、KiKi が住んでいるマンションは鉄筋コンクリート作りの5階建の中間階なのですが、角部屋のせいか案外風通しがいいんですよね~。  今も開けられるところはすべて開け放っているのですが、気持ちの良い風が部屋の中を吹き抜けていきます。  実はね、KiKi はここ数日風邪をひいて発熱したりもして寝たり起きたりの生活をしていたんですよ~ ^^;  自然の力を借りて一挙に回復するぞ~!!とばかりに布団を干したり、風通しをしたりと色々頑張って(?)いるところです。  てなわけで(?)、今日の KiKi の1曲はこちらです。

武満徹 そして、それが風であることを知った
NAXOS 8.55859J 演奏:ロバート・エイトケン(fl)、エリカ・グッドマン(hp)、スティーヴン・ダン(va) 録音:2001年

Takemitsu_RainTree.gif



[Read More...]

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
ハイドン 弦楽四重奏曲第63番 Hob III-63 「ひばり」
このブログを開設してから約3ヶ月、ここまでどんな音楽を聴いてきているのか「今日の1曲 Index」を眺めてみたら、未だにパパ・ハイドンの音楽を1つも聴いていないことに気がつきました。  本来であれば交響曲の父・ハイドンなので交響曲を聴きたいところなんだけど、実は今 KiKi の手元にはハイドンの交響曲のCDはほとんどなかったりするんですよね~ ^^;  ハイドンの音楽って子供時代とかLP時代には結構聴いたんだけど、大人になってから何となく縁遠くなってしまっているんですよ。  でもね、そんな中で弦楽四重奏曲のCDだけは結構揃っていたりするあたり、大人になってからの KiKi の嗜好をよく表しているような気がします。  (あ、あと、ピアノソナタのCDもね♪)  で、今日はそんな中から超有名なこの曲をピックアップしてみました。

ハイドン 弦楽四重奏曲第63番 Hob III-63 「ひばり」
PHILIPS PHCP-20476 演奏:イタリア弦楽四重奏団 録音:1965年8月

Haydn_Quartet.jpg


この曲は全6曲からなる「第2トスト四重奏曲」の中の1曲です。  このトストさん、ハイドンが楽長を務めていたエステルハージ候の宮廷楽団のヴァイオリニストだった方で、この6曲以外にも彼に献呈した作品をハイドンは数多く残しています。


[Read More...]

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
チャイコフスキー 四季 Op. 37a
シューベルトの即興曲のエントリーでコメントを頂戴したうるるさんとやり取りをしているうちに、たまたまこのチャイコフスキーの愛らしいピアノ小品集の話題になりました。  短いながらもチャイコフスキーのロマンチシズムに満ち溢れたこの曲集、KiKi は大好きでした。  「グリーグの叙情小曲集」とか「メンデルスゾーンの無言歌集」と同じようなカテゴリーに入ると思われるんだけど、それらに比べるとちょっと(と言うよりかなり)マイナーなこの曲集。  できればもっと多くの方々に聴いてみていただきたいなぁ・・・・。  そんなことを感じつつ、今日の KiKi の1枚はこちらです。

チャイコフスキー 四季 Op. 37a
Victor VDC-1185 演奏:プレトニョフ(p) 録音:1985年11月

CD31_2.jpg



[Read More...]

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

TOP
パヴァロッティ イタリア民謡集
今日もお天道様とは縁のない1日になりそうですね~。  今にも泣き出しそうな空を見ていると、抜けるような青空が無性に恋しくなります。  そんなことを考えながらCD棚を眺めていたらこのCDが「私を聴いて ♪」と KiKi に囁きかけてきました。  「こんな日には太陽が恋しいでしょ ♪」とさらに追い討ちをかけます(笑)。  てなわけで今日の KiKi の1枚はこちらです。

パヴァロッティ イタリア民謡集
LONDON POCL-5030 演奏・パヴァロッティ(T) 他いろいろ 録音:1977, 1979, 1984, 1985年

Pavarotti_Italian_Songs.jpg


輝ける「キング・オブ・ハイC」のパヴァロッティが折に触れて録音してきたイタリア民謡を集めた1枚です。  収録されている曲は以下のとおり。

オ・ソレ・ミオ
かわいい口もと
恋する兵士
マレキアーレ
帰れ、ソレントへ
太陽の土地
プジレコの漁夫
泣かないお前
マリア・マリ
フニクリ・フニクラ
情熱

はるかなるサンタ・ルチア
カタリ・カタリ(うすなさけ)
マンマ
忘れな草
ロリータ
禁じられた音楽



[Read More...]
TOP
シューベルト さすらい人幻想曲 D.760 (Op. 15)
本日のピアノレッスン。  昨日の追い込みの成果(?)もあってか、自分が予想していたよりはまとまったレッスンになり、ほっとして帰宅しました。  で、昨日聴いただけでアップしていない「昨日の1曲」のエントリーを書こうとこのブログを覗いてみたら新しいゲストの方(torteさん)がグリーグの叙情小曲集のエントリーにコメントを残してくださっていました。  で、その torte(とるて)さんのサイトにお邪魔してみたら、何でもついこの間開催された演奏会でシューベルトの「さすらい人幻想曲」を弾かれたとのこと。  

この曲、KiKi の憧れの1曲リストに入っている曲なんですよね~(笑)。  でも久しく聴いていないんですよぉ。  で、気がついていなければ聴かないでもいられるんだけど、こうやってブログでお近づきになった方が実際に弾かれた曲となると、それだけでこの曲が昨日までよりはぐっと身近(?)になったような気分になってきて(^^;)、どうしても聴きたくなってしまいました。  てなわけで今日の KiKi の1曲はこちらです。 (連日、シューベルトのピアノ曲だなぁ・・・ ^^;)

シューベルト  さすらい人幻想曲 Op. 15
DG POCG90113 演奏:ケンプ(p) 録音:1967年8月

Kempff_Schubert.jpg


実は KiKi が持っているCDはこれとはちょっとデザインが違うんだけど、Universal Japan のサイトで詳細情報を見る限りではこれが現在復刻している盤のようなので、この画像と商品番号で記載しておきます。  もっとも最近(と言ってもここ3年ぐらいは聴いていなかったんだけど・・・・ ^^;)は KiKi はこの曲はキーシンのLDで聴くことのほうが多いんですけどね♪


[Read More...]

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

TOP
シューベルト 即興曲 D.899 (Op. 90)
(このエントリーは2006年6月20日に書いています。)

明日は1ヶ月ぶりのピアノのレッスン日。  ところが課題のバッハの平均律はまとまってなくて4声のフーガが未だに3声しか聴こえてこないし、ショパンのエチュードはテンポアップしたら崩れてきちゃったし、フォーレの舟歌は内声部のメロディ・ラインが聴こえてこないしでメタメタ状態 蓮  と、言うことで今日は一流どころの演奏よりも自分の奏でる情けない音楽を必死に聴いて、修正を重ねなくちゃいけません。(決して一夜漬けではありませんが・・・・ ^^;)  てなわけで、今日の1曲は短めにこちらです。

シューベルト 即興曲 Op. 90
PHILIPS UCCP-9354 演奏:アラウ(p) 録音:1978年9月

Arrau_Schubert_1.jpg



[Read More...]

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

TOP
ラヴェル 道化師の朝の歌(管弦楽版)
先週と今週のスーパーピアノレッスンはピアノ曲集「鏡」の中の「道化師の朝の歌」でした。  この曲、KiKi はピアノ音楽として聴いたときにあんまり魅力を感じたことがなかったんですよね~。  もちろん超絶技巧の曲ではあるんだけど、音型といい和声といいピアノ向きの音楽にはどうしても感じられないような気がして・・・・・。  で、その放送の中で「管弦楽版」がほんの少しだけ流れたんだけど、それを聴いたときに「そうそう、これよ、これ♪  これだったらいいのよ、でも・・・・。」みたいな気分になっちゃったんです。  で、CD棚を漁ってみたらありました、管弦楽版の「道化師の朝の歌」。  てなわけで今日の KiKi の1曲はこちらです。

ラヴェル 道化師の朝の歌(管弦楽版)
DG F28G 22013 演奏:小沢征爾指揮 & ボストン交響楽団 録音:1974年~1975年

Ozawa_Ravel.jpg


ちなみにこのCD、ドイツグロモフォンの嘗ての廉価盤、ガレリアシリーズの中の1枚で、「ああ、この位のお値段になってくれればCDも手が出しやすい♪」などと思いつつ購入したような記憶があるんだけど、今回取り出して印刷されているお値段を見て「タケ~!!」と思ってしまった KiKi。  どうやら KiKi は当時1枚2,800円のCDを「安い」と思いながら買っていたようです ^^;  言い古されていることではあるけれど、ホント、いい時代になりました。


[Read More...]

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
メンデルスゾーン ピアノ三重奏曲第1番 Op. 49
昨日のワールドカップのアルゼンチン戦。  凄かったですね~。  かの国の強さを徹底的に見せつけられちゃったような感じです。  でもそれ以上に印象深かったのは観客席にいるマラドーナの狂喜乱舞ぶりだったりもしますが・・・・ ^^;  ま、それはさておき、今日の KiKi の1枚はこちらです。

メンデルスゾーン ピアノ三重奏曲第1番 Op. 49
SONY SRCR 1602 演奏:スターン(vn)、ローズ(vc) & イストミン(p) 録音:1979年7月

Stern_Mendelssohn_PTrio.jpg


この曲はね~、KiKi の室内楽作品の中の夢の1曲なんですよね~。  1度でいいから演奏してみたい・・・・そう思い続けて早10年ぐらい・・・・。  一応スコアは買ってあって何度か譜読みにチャレンジしたんだけど、その都度「ふ~、ムチュカチイデチュー ^^;」(← 漢字やひらがなじゃなく、カタカナになっちゃうような感じ、分かっていただけるでしょうか??)と打ちのめされてしまう1曲でもあります。


[Read More...]

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
ブラームス ヴァイオリン協奏曲 Op. 77
昨日のエントリーでご紹介したヌヴーのCDのカップリング曲はブラームスのヴァイオリン協奏曲でした。  彼女のVコンはやはり名盤と名高いハンブルク・ライブ(イッセルシュテット指揮)で聴きたいところなんだけど、生憎今、KiKi の手元にそのCDはありません。  (現在ショップで探し中 ^^;)  で、その代わりにだいぶ前に入手してまだ1度しか聴いていないこのCDを今日は聴いてみることにしました。

ブラームス ヴァイオリン協奏曲 Op.77
PHILIPS 438 998-2 演奏:ムローヴァ(vn)、アバド指揮 & BPO 録音:1992年1月(サントリーホール・ライブ)

Mullova_Brahms_VCon.jpg


このCDはこの演奏を生で聴いた記念に購入したものです。  まだお元気だった頃のアバドと女性ながらとっても中性的な(と KiKi は感じている)ヴァイオリンを聴かせてくれるムローヴァのコンビに胸を熱くしたものでした。


[Read More...]

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
シベリウス ヴァイオリン協奏曲 Op.47
何ともはっきりしないお天気が続いていますね~。  梅雨空と言えばそうなんでしょうけれど、こういうお天気が続くと本当にお天道様が懐かしく感じられます。  KiKi は北欧には行ったことがないのですが、ひょっとしたら北欧の空っていうのはいつもこんな感じなんだろうか??  そんなことを考えていたら、とっても北欧の音楽が聴きたくなってしまいました。  てなわけで今日の KiKi の1曲はこちらです。

シベリウス ヴァイオリン協奏曲 Op.47
EMI 0777 7 61011 25 演奏:ヌヴー(vn)、ジュスキント指揮 & フィルハーモニア管 録音:1945年11月

Neveu_Concerto_1.jpg



[Read More...]

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
マーラー 亡き子をしのぶ歌
秋田で発生した小学生殺害遺棄事件。  報道されている内容を見れば見るほどやるせない気分になります。  もちろん今回殺害された男の子のことも考えれば考えるほど哀しくて、辛くて、やるせないんだけど、KiKi がどうしても考えてしまうのは4月に事故(?)により亡くなってしまった彩香ちゃんのこと。  あんまり無責任な発言はしたくないのですが、報道されている内容を見る限りでは「彼女の短い一生はいったい何だったのか?」という想いにつままれ、本当にやりきれない気持ちでいっぱいになります。  そんなことを考えているうちに思いついた今日の KiKi の1曲はこちらです。

マーラー 亡き子をしのぶ歌
DG POCG-1375 演奏:フィッシャー=ディースカウ (Br)、ベーム指揮 & BPO 録音:1963年

CD27_2.jpg



[Read More...]

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
バッハ 平均律クラヴィーア曲集 第1巻
先日、KiKi のお気に入りの「NHK 週間ブックレビュー」で加藤廣さんの特集をやっていて、彼の著作「信長の棺」、「秀吉の枷」が紹介されていました。  ちょっと興味を持ったので図書館に探しに行ったんだけど「予約待ち」状態とのこと(因みに KiKi は20番目ぐらい ^^;)。  じゃあ・・・・と自宅近くのブックオフを覗いてみたんだけど残念ながら見つけることができませんでした。  (← こういうベストセラー系は絶対に定価では買いたくない KiKi ^^;)

でも、腐っても「文学部出身」の肩書き(?)を持つ KiKi のこと。  1度火がついちゃった読書欲はそうそう簡単にはオサマリがつかなくなちゃうんですよね~。  で、今回火がついちゃったのは「時代小説熱」(笑)  で、仕方なくブックオフの中をウロウロしていたら、ふと思ったんです。  そう言えばもうずいぶん長いこと「時代小説」を読んでいないなぁ・・・・と。  中学生~大学生までは司馬遼太郎さんの大ファンだったんだよなぁ・・・・。  そう言えば、あんなにたくさん持っていた司馬さんの本も今は手元に残っていないなぁ・・・・。  てなわけで、結局ブックオフで懐かしい司馬さんの単行本を何冊も調達してしまいました。

で、KiKi の場合、読書時の BGM っていうのは昔から決まっているんですよね~。  ということで、今日の KiKi の BGM はこちらです。

バッハ 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 
LONDON POCL-4353/4 演奏:シフ(p) 録音:1984年9月

Schiff_Bach_1R.jpg



[Read More...]

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

TOP
ベートーヴェン ピアノ三重奏曲第7番 Op. 97 「大公」
5月半ばにダンベルドアさんのこのエントリーを拝読して以来、「できるだけ早い時期に、もう1度聴こう、聴こう。」と思っていた1枚を今日は取り出しました。  同じカザルス・トリオ(ティボー(vn)、カザルス(vc)、コルトー(p))の演奏で、Naxos Historical から出ている1枚です。

ベートーヴェン ピアノ三重奏曲第7番 Op. 97 「大公」
NAXOS 8.110195 演奏:ティボー(vn)、カザルス(vc) & コルトー(p)  録音:1928年11月

Beethoven_PTrio_97.gif


お世辞にも録音状態がいいとは言えないCDですし(だって1928年だし・・・ ^^;)、昨今のデジタル処理されたクリアで硬質な音に慣らされちゃった耳には、いかにかつてこの演奏で深い感銘を受けた記憶があるとは言えども、けっこうちゃんと耳を澄ませて真剣に「音楽を聴くぞ!!」という体制にならないといけないんだけど(^^;)、でもそうやってこの演奏に接するともう「う~ん、ええのぉ~ という言葉しか浮かんできません(笑)。


[Read More...]

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
チャイコフスキー ピアノ三重奏曲 Op. 50
今日も雨・・・・。  雨降りの日はどうしても沈鬱な音楽を聴きたくなってしまう KiKi は結構「その場の雰囲気に惑わされやすい人間」です ^^;  因みに今日はチェロ・レッスンの日でもあります。  と、なると管弦楽曲やピアノ曲、声楽曲よりはやっぱり弦楽曲かなぁ・・・・などと思いつつCD棚を漁っていたら、棚の奥の方からこんなCDが出てきました。  てなわけで、今日の KiKi の1曲はこちらです。

チャイコフスキー ピアノ三重奏曲 Op. 50
 「ある偉大な芸術家の思い出のために」

BMG BVCC-35095 演奏:ルービンシュタイン(p)、ハイフェッツ(vn)、ピアティゴルスキー(vc) 録音:1950年8月

Rubinstein_Heifetz_Piatigorsky.jpg



[Read More...]

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
マーラー 交響曲第1番 「巨人」
昨日はちょっと時間がなくて短めの音楽を聴いたので、今日はその反動(?)でちょっと長めの音楽を聴こうと思います。  で、やっぱりクラシック音楽の王道は「交響曲」だし、まだまだこのブログでとりあげていない曲はい~っぱいあるので、今日の選曲は「長めの交響曲」ということに・・・・(笑)。  長めの交響曲といってすぐに KiKi の頭に浮かぶのはマーラーかブルックナーです。  で、これまでのエントリーを振り返ってみたところブルックナーは2曲エントリーがあるけれど、マーラーは1曲のみということが判明しました。  で、「マーラーの交響曲」にしたのはいいんだけど、さてどの曲にするべきか・・・・。  「長め」に徹底的に拘るなら第3番だと思うんだけど、マーラーはどっちにしろ全部聴くことになるんだしなぁ・・・・。

で、色々考えた末、先月開催された「勝手にジュリーニの日」目指して購入し、まだ1回しか聴いていないCDのことを思い出しました。  てなわけで今日の KiKi の1曲はこちらです。

マーラー 交響曲第1番 「巨人」
EMI 7243 5 85974 2 4 演奏:ジュリーニ指揮 & シカゴ響 録音:1971年3月

Giulini_Omni.jpg



[Read More...]

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
サン=サーンス 序奏とロンド・カプリチオーソ Op. 28
今日はちょっとバタバタしていてあんまりじっくりと音楽を聴く時間が取れそうにありません ^^;  そこで今日の選曲は演奏時間ベース(つまり短めで充実した音楽)で決めようと思いました。  で、CD棚で物色を始めて最初に手に取ったのがこのCDでした。  てなわけで、今日の KiKi の BGM はこちらです。

サン=サーンス 序奏とロンド・カプリチオーソ Op. 28
SONY SRCR 9206 演奏:前橋汀子(vn)、小泉和裕指揮 & 東京都交響楽団 録音:1982年12月

Maebashi_Teiko.jpg


実際に KiKi が持っている CD はこれとはちょっとパッケージが異なるんだけど、今はこの形でアマゾンで売られているみたいです。  


[Read More...]

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
ラフマニノフ パガニーニの主題による狂詩曲 Op. 43
先日このエントリーでもちょっとお話したように、今、KiKi は次にさらうショパンのエチュードの選曲をしなくちゃいけないんだけど、なかなか決めかねて迷っていたりします。  いえね、ほとんど気分は Op. 25-11 の「木枯らし」になりかけているんだけど、まあもう暫くは「どれにしよう・・・」と悩んでみようかな・・・・と。  で、悩みついでに「この曲を初めて聴いたのはいつだっけ??」なんていうことを思い出したりしていました。  つらつらと考えてみるに KiKi が「木枯らし」を初めて聴いたのはこのCD ↓(もっとも当時はLP)だったはずなんですよね~。

Cliburn_Chopin.jpg


でね、本来ならばこれを聴いてみたいところなんだけど、生憎このCDは持っていないし、ついでにLPは田舎の実家に置きっぱなしで今、手元にありません。  (まあ、仮にあったとしても再生機がないから聴けないんだけど・・・ ^^;)  それじゃあ・・・・ということで今日ピックアップしてみたのが、演奏者つながりでクライバーンの1枚です。  てなわけで今日の KiKi の BGM はこちらです。

ラフマニノフ パガニーニの主題による狂詩曲
RCA 09026-62695-2 演奏:クライバーン(p)、コンドラシン指揮 & モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団 録音:1972年

Cliburn_Moscow.jpg



[Read More...]
TOP
モーツァルト ヴァイオリン・ソナタ第28番 K.304
このエントリーは6月8日に6月7日の分として書いています。 ^^:  いえね、昨日はちょっと色々と忙しくて、ちゃんと音楽鑑賞はしていたんだけどそれを Blog に記録する前に疲れきってしまって、早々にお布団にもぐりこんでしまいました。  てなわけで今日(?)の KiKi の BGM はこちらです。

モーツァルト ヴァイオリン・ソナタ第28番 K.304
PHILIPS PHCP-9261 演奏:ボベスコ(vn) & ジャンティ(p) 録音:1981年9月

CD26_2.jpg


ルーマニア出身のこの可愛らしい(失礼!)女流ヴァイオリニストは日本ではちょっとした人気者だったんですよね~。  実際この CD が収録されたのも埼玉県の新座市民会館だし・・・・。  KiKi は生憎、新座市民会館というところに行ったことはないんだけど、時代も時代だし必ずしも理想的な収録場所だったとは想像しにくいんだけど、その割にはすご~くいい録音だと思います。



[Read More...]

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
ブラームス ピアノ三重奏曲第1番 Op. 8
ふと気がつくと、ブログ村に作成した「何てったって室内楽」をすっかり放置しっぱなしの KiKi。  自分で作っておいてその存在を忘れちゃあいけませんよね♪  てなわけで今日は何か室内楽を聴いてみようと思い、CD棚の物色を始めました。  で、ふと目に留まったのがこのCDでした。  てなわけで、今日の KiKi の BGM はこちらです。

ブラームス ピアノ三重奏曲第1番 Op. 8
EMI 0777 7 54725 2 3 演奏:アシュケナージ(p)、パールマン(vn) & ハレル(vc) 録音:1991年4月

CD25_2.jpg


このCDは KiKi がアシュケナージのピアノをこよなく愛していた頃に購入したものです。  それにしてもすごいメンバーだよなぁ・・・・。


[Read More...]

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
ドビュッシー 牧神の午後への前奏曲
この間の日曜日に放映されたスーパーピアノレッスンを録画してあったものをようやく観ることができました。  今回も前回に引き続き「子供の領分」が扱われ、今回のレッスン曲は「小さな羊飼い」と「ゴリウォーグのケーク・ウォーク」でした。  で、その番組を観ていたら無性に聴きたくなってしまった音楽がありました。  てなわけで今日の KiKi の1曲はこちらです。

ドビュッシー 牧神の午後への前奏曲
DECCA UCCD-7058 演奏:アンセルメ指揮 & スイス・ロマンド管弦楽団 録音:1957年

Debussy_LaMer.jpg



[Read More...]

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
R.シュトラウス アルプス交響曲
新緑を堪能する旅から帰京したばかりの KiKi。  今回はちょっと自然を満喫する・・・・というよりは足元に気を取られる旅になってしまったのがかえすがえすも残念でした。  もちろん森林浴を存分に愉しみ、マイナス・イオンにはしっかりと浸ってきたんですけどね♪  てなわけで、今日の KiKi の気分はまだまだ都会には馴染みきれずにどことな~く心を山に置き去りにしてきてしまったような、そんな感じなのです。  山はいいよね~ 鍊  で、そんな KiKi が選んだ今日の BGM はこちらです。

R.シュトラウス アルプス交響曲
LONDON KICC 8291 演奏:メータ指揮 & ロスアンジェルス・フィルハーモニック 録音:1975年5月

CD24_2.jpg


本当はね、KiKi は今日はハイティンク & コンセルトヘボウ盤を聴きたかったのですよ~。  でも、何故かなかなか見つからないんです、そのCD・・・・^^;  最近ではCDが1箇所に収まり切らなくて、かなりあちこちに雑然と収納されているので、時々こういうことが起こるんですよね~。  で、記憶に寄れば KiKi が今手元に残してあるこの曲のCDはあとはこれしかなかったように思うので、比較的手近なところに置いてあったこのメータ盤を聴いてみることにしました。


[Read More...]

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
ショパン エチュード集 Op. 10 & Op. 25
1泊2日の旅行から帰ってきました。  (旅行のお話はこちら。)  で、今日は旅行疲れと捻挫した右足を庇い続けたことにより満身創痍(?)状態の左足の痛みがひどくて集中力が持続しません ^^;  てなわけで、まともな音楽鑑賞はあんまりできそうにないので、次のレッスンでさらうエチュードをどれにするか決めるために今日の KiKi が選んだ BGM はこちらです。

ショパン エチュード Op. 10 & Op. 25
DG POCG-50071 演奏:ポリーニ(p) 録音:1972年1月 & 5月

Polini_Chopin_Etude.jpg


今、KiKi がレッスンしていただいている先生はこの先生に比べるととっても優しい先生で「曲は曲の全集を通して演奏して初めて形になるのです。」な~んていう無体なことは仰いません ^^;  なので、ショパンのエチュードをさらうにあたっては、KiKi が好きなように好きな曲を適当に選ぶことができます。  練習する分にはとっても有難いんだけど、逆に言うと「次にどれをやるか」は一々ぜ~んぶ自分で決めなくちゃいけないので、面倒くさい・・・・とも言えるんだけど ^^; (← 我侭なやっちゃ!)


[Read More...]

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

TOP

Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。