落ちこぼれ会計人の Music Diary
今日の KiKi の BGM はこんな感じ・・・・
初めてのお客様へ

この Blog について

ランキング他

この Blog は以下の3種類のランキングに参加しています。  もしよろしければポチっと押してやってくださいませ♪  ランキングで一喜一憂することはありませんが、声援をいただけると励みになるのは否定できません。 

にほんブログ村 クラシックブログへ

音楽ブログランキング

banner_blogrank.gif


KiKi が参加しているブログ村のトラックバックテーマです。  関連する記事を書いたらここに TB を送っています。  皆さんも参加してみませんか

にほんブログ村 トラックバックテーマ 何てったって室内楽へ
何てったって室内楽

にほんブログ村 トラックバックテーマ 勝手に**の日へ
勝手に**の日

にほんブログ村 トラコミュ リヒャルト・ワーグナーへ
リヒャルト・ワーグナー

最近の記事

今週ご紹介した CD

今週ご紹介したソフト



















月別アーカイブ

10  01  12  07  06  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

カテゴリー

Amazon

Amazon 室内楽のオススメ CD




ニーベルングの指環



リンク

タグリスト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
レスピーギ 交響詩「ローマの噴水」
さて、レスピーギのローマ三部作の最終曲をエントリーする日がやってまいりました。  最後を飾るのは「ローマの噴水」です。  てなわけで今日の KiKi の1曲です。

レスピーギ 交響詩「ローマの噴水」
DG POCG-9269 演奏:小沢征爾指揮 & ボストン交響楽団 録音:1977年10月

Respighi_3Roma.jpg


この曲はね、水を扱っているから・・・・というわけでもないのだろうけれど、どことなくフランスものに近い香りがするような気がするんですよね~。  印象派的とでも言いましょうか・・・・。  水、光、運動。  印象派音楽のキーワードだと思うんですよね。  作曲者自身も言っています。

ローマの4つの噴水を、その特徴と周囲の風景とが最も調和する時間、あるいはその美しさが最も印象的に見える時間に心に受けた感情と幻想を表現しようとした。


と・・・・。


それはさておき、レスピーギのローマ三部作のすごいところって、KiKi はそれぞれの音楽の紡ぎ方にもあるような気がするんですよね。  「ローマの松」に関しては KiKi はそれをエントリーの中で文章化してご紹介したつもりなんだけど、例えば昨日の「ローマの祭り」に関して言えば、時代順に並んでいて「ローマのキリスト教史」っていう感じがしないでもない。  で、今日の「ローマの噴水」は、夜明け → 朝 → 昼 → 黄昏 と一日の時間を追っているわけですよ。  でね、KiKi が深読みするに、なぜ「噴水」なのかを考えてみると、レスピーギはそこにさらに追加で謎かけをしているような気がするんですよね~。

ローマといえば「街道建設」と同時に「水道建設」でも有名な古代国家でした。  恐らくレスピーギはここでローマ文化の1つの象徴として水道をイメージしていたんじゃないかと思うんですよね。  その根拠は以下のご紹介記事の中で明らかにしていきたいと思います。

因みにレスピーギが生きた時代がいつなのかを調べてみると1879年~1936年。  世界史の年表と比べてみると帝国主義の真っ只中で生を受けます。  さらには第一次世界大戦、ヴェルサイユ条約を経て、イタリア・ファシスト党が成立してムッソリーニが台頭してきた時代を生き抜きました。  かつての偉大なるローマ帝国の末裔たる自分たちイタリア人が政治的にも経済的にも弱体してしまっている現状を憂い、その想いが民族主義的な国威発揚とリンクしてしまった、そんな時代。  栄光のイタリア復活を願う想いが、同じく「古代ローマ帝国の復権」を訴えた独裁者、ムッソリーニの立ち位置に共感を覚えても不思議ではありません。  (そうやって考えてみるとローマ三部作が作を追うごとにどんどん巨大にそして派手(?)になっていくのもわかるような気がします。)


[Read More...]
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
レスピーギ 交響詩「ローマの祭り」
さて、昨日ちょっとしたはずみで「ローマの松」を聴くことにした KiKi。  で、そうなるとローマ三部作を無視して別の音楽に進むわけにはいきません! (← って別に誰に強制されたわけでも強迫観念にかられる必然性もないのですが・・・・・ ^^;)  ま、いずれにしろ、クラシック音楽ブログを運営している以上、いつかどこかでご紹介しなくちゃいけない音楽であることには変わりないわけですから、せっかくCDも棚から出てきたことですし、CDの画像も手近なところに保存されていることですし(← これが一番大きな理由だったりする ^^;)、とにかくこのローマ三部作のエントリーを終わらせてしまいたいと思います。

ま、てなわけで今日の KiKi の1曲はこちらです。

レスピーギ 交響詩「ローマの祭り」
DG POCG-9269 演奏:小沢征爾指揮 & ボストン交響楽団 録音:1977年10月

Respighi_3Roma.jpg



[Read More...]

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
レスピーギ 交響詩 「ローマの松」
昨晩、とあるTV局で「ローマ1000年史」という番組をやっていました。  番組の内容はかなり稚拙だった(・・・と思う)んだけど、現在塩野七生さんの「ローマ人の物語」を読み進めている真っ最中の KiKi にとって、ローマって言う単語自体がなかなかキャッチーなので、4時間弱の番組をブチブチと文句を言いつつも観ていました。  で、そしたら番組の途中(ハンニバルがアルプス越えをするあたり)で、何だかよくわからないけれど急に頭の中で、「カタコンブ付近の松」の音楽がガンガン鳴り響き始めちゃったんですよね~。  で、そうなるとやっぱりちゃんと音楽鑑賞せずにはいられなくなってしまう KiKi。  ま、てなわけで今日の KiKi の1曲はこちらです。

レスピーギ  交響詩 「ローマの松」
DG POCG-9269 演奏:小沢征爾指揮 & ボストン交響楽団 録音:1977年10月

Respighi_3Roma.jpg


えっとですね、よくあることではあるけれど、KiKi が持っているCDのデザインは↑とは異なるけれど、内容を見る限りでは現在発売されている同じ内容のCDがこちらのようなので、この画像を使わせていただきました。


[Read More...]

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
チャイコフスキー 幻想序曲「ロメオとジュリエット」 
久々の更新です。  皆様お元気でしたでしょうか??  こんなにも長い間更新できなかったのは、仕事が忙しくて休日出勤があったりとか、ノルンを病院やら美容院やらへ連れて行かなくてはならなかったりとか、様々な理由があるのですが1番の理由はコレだったりします。

P1010013b.jpg


何故かCDラジカセが苦手なノルン。  KiKi がこの床置きCDラジカセで音楽を聴き始めるや否や挙動不審に陥り、CDラジカセ相手に凶暴性を発揮し、「ノルンパンチ」を繰り出すものの、何の反撃も返してこない相手に一人勝手に怯えのようなもの(?)を感じ、挙句の果てに KiKi にすがりついて来る有様なのです(苦笑)  ま、そんなこんなで長い音楽をじっくりと聴ける日はまだまだ遠そうです。

てなわけで今日の KiKi の1曲は比較的短めな音楽を・・・・ということでこちらを選んでみました。  はぁ・・・・、CD1枚をじっくりと聴く事ができる日がいずれは来るんだろうか????

チャイコフスキー 幻想序曲「ロミオとジュリエット」 
DECCA ELOQUENCE 466 6842 演奏:メータ指揮 & ロスアンジェルス・フィルハーモニー 録音:1970年

CD37_2.jpg



[Read More...]

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
ワーグナー リング管弦楽曲集(マゼール & BPO)
今週の KiKi はとにかく忙しかった!!  唯一それでもほんの少しだけ余裕があったのが月曜日で、翌火曜日は丸一日会議漬けでそれが終わると9時少し前の新幹線に飛び乗って神戸入り(ホテルに着いたのが11時近かった ^^;)。  水曜日は神戸で丸一日会議(しかもトピックも会議で会う人の数も多し)でその日の最終の「のぞみ」で帰京(家に着いたのが1時近かった)。  木曜日もほぼ1日、東京で会議漬け。  で、最終日の金曜日はオフィス引越しのための箱詰めあ~んど大掃除・・・・。  極めつけはその夜の歯医者さん ^^;  超多忙だった時期に治療途中で放り出してあった箇所がズキズキ・ウズウズするようになって通い始めたんだけど、放置のツケは確実に KiKi を蝕み、今では治療のたびに辛い思いをするようになっちゃっています。  ま、自業自得っていうのはこういうのを言うんでしょうけれどね   ま、そんなこんなで今日はあまりの疲労のために2度寝ならぬ3度寝をしてしまったりしてウダウダ・ゴロゴロ過ごしているうちに、こんな時間となってしまいました。  
  
そんな自分にか~つ(喝)!を入れるためにも(?)今週末は久々にワーグナーの世界にど~っぷりと浸かってみたいと思います。  と言うのも、10月後半にようやく発売になったバレンボイム指揮、バイロイトのリング(クプファー演出)の最終章、「神々の黄昏」のDVDを購入したきりまだちゃんと鑑賞していないんですよね~。  神々の黄昏で誰がどんなシーンでどんな風にゴロゴロするのか(← このコメントの詳細はこちらとかこちらとかこちらをお読みくださいませ♪)と~っても楽しみです(爆)。

ま、その前段ということもあり、さらにはいつもお世話になっている Niklaus Vogel さんのサイトのこのエントリーに触発された・・・・ということもあり、今日は久々のリングの予習でもしてみようかな・・・・と。  てなわけで今日の KiKi の1枚はこちらです。

ワーグナー リング管弦楽曲集(マゼール & BPO)
TELAARC CD-80154 演奏:マゼール指揮 & BPO 録音:1987年12月

WagnerRing_Orchestra.jpg



[Read More...]

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
チャイコフスキー バレエ「くるみ割り人形」 Op. 71
3連休。  皆様はどのようにお過ごしでしょうか??  KiKi の3連休はこれといった特別な予定もないので、愛機 Sigfried (iPod) への音楽転送作業に勤しんでいます。  30GB 容量の iPod、まだまだ余裕があると思っていたのですが、調子に乗って所有 CD の音楽データーをあれもこれもと転送していたらふと気がつくと残り容量が 3GB になってしまいました ^^;  これはやっぱりあの時に2万円弱をケチったのは大きな間違いだったかもしれません。  まあもっとも「現在持ち歩いている全ての音楽データーを持って歩く必要が本当にあるのかどうか?」という根源的な問題を検証していないんですけどね(笑)

ま、そんなじみ~な作業の傍ら、今日は何を聴こうか?といろいろ考えている真っ最中に、携帯が鳴りました。  でね、今 KiKi の携帯の着メロは「金平糖の踊り」になっているんですよね~。  で、な~んとなく久しぶりに聴いてみたくなっちゃったのですよ、この楽しいバレエ音楽を!!  てなわけで今日の KiKi の1曲はこちらです。

チャイコフスキー バレエ「くるみ割り人形」 Op. 71
PHILIPS 462 114-2 演奏:ゲルギエフ指揮 & キーロフ歌劇場管弦楽団  録音:1998年8月

Tchaikovsky_Nutcracker.jpg



[Read More...]
TOP
R. シュトラウス 交響詩「英雄の生涯」 Op. 40
KiKi は子供の頃から大河ドラマの大ファンでした。  基本的に我が家では「テレビは1日1時間以内(日曜日のみ2時間)」という家庭内ルールがあり、(とは言っても父は休日には何時間も観ていましたが・・・・ ^^;)もともとテレビ番組にはあまり執着心のなかった KiKi はそんなルールにめげることも、苦々しく思うこともなく「そんなもの」と割り切っていました。  まあ、このテレビに対する執着心のなさには当時の電波受信状況の悪さ・・・・というのも手伝っていたように思います。  何せ、KiKi の子供時代、実家のテレビに映るのは「NHK」と「NHK教育」と「TBS系列」の3つの放送だけだったのですから!!  そんな電波受信状況の中、Weekday の KiKi の定番は相撲中継とそれに続く(だったと思う)「新・里美八犬伝」だけ。  そして2時間の枠を与えられていた日曜日は「連想ゲーム」と「大河ドラマ」が定番でした。

「大河ドラマ」と言えば日本史に登場するいわゆる「英雄」の皆さん(源頼朝とか足利尊氏とか織田信長とか豊臣秀吉とか徳川家康とか・・・・)の生涯を1年かけて丹念に描くドラマなわけですが、時に史実と創作が入り乱れちゃうし、同時に役者さんのイメージが頭にこびりついちゃうこともしばしばで、KiKi は長らく「織田信長 = 高橋英樹」だったし「平清盛 = 仲代達也」だったし「豊臣秀吉 = 緒方拳」でそのイメージを払拭するのが大変でした(爆)。  さて、今年の「功名が辻」の主役は山内一豊 否 その妻の千代さんです。  う~ん、なんとなく小粒感が漂っちゃうなぁ・・・・・。  KiKi も一応♀のハシクレなので女性が主役でもいいんですけど、何かが足りない気がする・・・・・。  やっぱり大河ではもっと豪快な大物を扱ってもらいたいような気がするんですよね~。  まあ、長寿番組枠であるだけに、もうそろそろ品切れというのもわからないじゃないんだけど・・・・。  演技がどうとか役者がどうとかシナリオがどうとか・・・・ということでもないのですが、「旦那さまぁ~!!」な~んていうのを毎週毎週観ていても、ちょっとねぇ・・・・。  どうしても猿と狸の化かし合いに目が向いてしまいます(笑)。  (それにしてもやっぱり西田敏行さんは上手いなぁ!!)  ま、そんなこんなで今日の KiKi の1曲は「カム・バ~ック、英雄!!」という想いをこめてこちらです。  (因みに大河ドラマに毒された KiKi はその流れで司馬遼太郎ワールドに没頭していくことになったのでした ^^;)

R.シュトラウス 交響詩「英雄の生涯」 Op. 40
DG 415 508-2 演奏:カラヤン(指揮) & BPO 録音:1985年2月

RStrauss_EinHeldenLeben.jpg



[Read More...]

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
R.シュトラウス ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら
今日はお仕事3日目。  今日も仕事らしい仕事もせず結構早めに帰宅することができちゃいました。  今日は先週お仕事開始前に渡されていた監査法人の報告書の説明会があったんだけど、あの書類を自力で読んだ以上の収穫はなし。  書類を作成した会計事務所の監査人さん相手に質問をしても良かったんだけど、過去の経験からああいうレポートの作成方法などをある程度知り尽くしている KiKi としては、仮に質問したとしても KiKi が知りたいようなことまで調査して作成されている代物じゃないことは判りきっていたし、まして今回の報告会における KiKi の立場はオブザーバーに過ぎないので、ひたすら黙っていた・・・・っていうのもあるんですけどね。  まあほぼ1年ぶりの社会復帰の身にとって、このの~んびりとしたペースは Welcome! です。

さて、そうは言っても、やっぱり満員電車にはまだ消耗しちゃう KiKi のこと。  どうしても重苦しいなが~い曲を聴く気力は残っていません。  それにまだ週半ばにも達していないから前半から飛ばしていたら、身体が持ちません。  ま、てなわけで、今日も軽めの曲を探して鑑賞してみることにしました。  そんな KiKi が選んだ今日の1曲はこちらです。

R.シュトラウス 交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」 Op. 28
DENON COCO-70760 演奏:インバル指揮 & スイス・ロマンド管弦楽団 録音:1995年2月

RStrauss_Macbeth.jpg



[Read More...]

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
ヘンデル 水上の音楽
それにしてもあっついですね~  お仕事を再開するにあたり KiKi の1番の懸念はこの暑さです。  なんせ元々が夏バテする体質で、夏場になると体力・食欲がガックンと落ちちゃって、下手をするとそうめんしか喉を通らなくなっちゃうような傾向のある KiKi。  そこへもってきて今年は梅雨時から家に引き篭りがちな生活をしていて、炎天下の中汗をかく、な~んていうことが極めて稀になっちゃっているし・・・・。  こんなんで、いきなりあの殺人的な満員電車に乗って耐えられるんだろうか??  いや、それより何よりこの炎天下、日本全国58箇所もある営業所行脚の旅を無事にこなせるんだろうか???  いや、それ以前に熱帯夜で寝つけない夜を過ごした後目覚まし時計を止めて寝過ごしちゃうリスクは????  う~ん、心配だよぉ~。  早く秋風が吹いて欲しいなぁ・・・・。

今朝もゴミ出しでちょっとだけ外へ出たんだけど、マンションのドアを開けるなりもわ~っと襲ってくる熱気に辟易としてしまいました。  ああ、高原の風が私を呼んでいる。  気持ちのよい海風が私を呼んでいる。  田舎の川べりの堤防を吹き抜ける風が私を呼んでいる・・・・。  てなわけで(?)、今日の KiKi の1曲はこちらです。

ヘンデル 水上の音楽
Brilliant 99986 演奏:マリナー指揮 & アカデミー室内管弦楽団 録音:1993年10月

Handel_WaterMusic.jpg



[Read More...]

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP
バーバー 弦楽のためのアダージョ Op.11
小泉首相の8月15日の靖国参拝以来、あっちでもこっちでも大騒ぎ。  KiKi はこのブログではこの参拝の是非だとか、靖国問題だとか、国際関係について云々する気はまったくないのですが、1つだけ言えることはこんな大騒ぎになる参拝じゃ、とてもじゃないけれど皆さん安らかに眠っていられるような気分じゃないだろうなぁ・・・・と。  で、そんな方々にゆっくり眠っていただくために敵国(? 今や同盟国だけど・・・)の音楽じゃ、ますます目が冴えちゃうのかもしれないけれど(苦笑)音楽って言うものはそういうものではないと信じたい KiKi は思いきって今日はこんな曲を選んでみました。  てなわけで今日の KiKi の1曲はこちらです。

バーバー 弦楽のためのアダージョ Op.11
EMI 7243 5 74287 2 9 演奏:スラットキン指揮 & セントルイス交響楽団 録音:1988年5月

Barber_Slatkin.jpg



[Read More...]

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

TOP

Index

今日の1曲 Index

今日の2曲目 Index

ブログ検索

プロフィール

KiKi

Author:KiKi
名前:KiKi (Brunnhilde)
年齢:秘密♪
誕生日:April 17
性別:♀
職業:落ちこぼれ会計人

姉妹ブログ:
落ちこぼれ会計人の裏ブログ
落ちこぼれ会計人の本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

TB ありがとう♪

Blog People



この Blog を登録してもらえますか? by BlogPeople



TB People

クラシック・ピープルの Trackback People Site


チェロ ラヴァーズの Trackback People Site

Piano~ぴあの Trackback People Site

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。